独自審査キャッシング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独自審査キャッシングについて

「ブラックでも借り入れ可能」や「どなたでもOK」といったキャッチフレーズを表にだしている金融業者は独自審査での貸し付けを行っていることが多いのですが、独自審査とは無審査という意味ではありません。

消費者金融から無審査で借り入れを行うことはありえませんし、仮にヤミ金融など法外な利率で貸し付けを行っている場合でも無審査ということはないのです。
 

独自審査とは何か

大手の消費者金融などでは与信を行うためにスコアリングシステムというものを導入しています。

このスコアリングシステムとは、申込者の年齢、年収、家族構成、勤務状況、居住状況などの属性によって、過去の顧客情報の取引実績などから、どのくらいの貸し倒れが発生する危険性があるかなどを判断し、融資の可否と融資が可能な場合はその額を出す審査をすることです。

この審査を自動化し導入していることで審査にかかる人件費などのコストを削減し、時間を短縮できますし、決裁担当者の主観による偏った審査でなく一貫性を保つことが可能となっています。
ただこの与信方法は申込者の詳細な状況や事情を考慮することは難しく、事務的で機械的な審査になりがちです。

仮に属性は整っていないけれども申し込み時点で返済能力が高い申込者が申し込みを行ったとしてもスコアリングシステムによる与信に通過しなければ借り入れを行うことはできません。

独自審査とは、そういった部分で審査を通過できない申込者と向き合いきめ細やかな審査を実行するという方法です。
 

独自審査の特徴

大手ではなく中小の消費者金融に、この独自審査を設けているところが多いですが、金融会社ごとに審査基準が違うため、属性云々で他社に申し込んで審査に通過できなかった場合でも通過が可能な場合があります。

特に数社の消費者金融に既に申し込みを行っており、申し込みブラックと呼ばれる状況になっている場合は、同じ基準の金融会社にばかり申し込みを行い断られていることが多いのです。

独自審査を設けているところは、同じグループ会社でもない限りは他社の審査に落ちたかどうかは関係なく審査を行います。
また、非常に審査には通りにくい例ですが債務整理や自己破産をした人でも審査の対象として扱いを行う金融会社もあります。

貸し付けをする方としてはリスクが高い層なのに審査を受け付ける理由として考えられることは、今は総量規制があり年収の3分の1までの借り入れしかできなくなっているため申込者の負債が増加しにくいと考えられる点、また、債務整理や自己破産を行っていることで持っていた負債がリセットされていればこの先そういった状況に陥りそうな申込者よりは貸し倒れるリスクが少ないと考えられる点、そして大手の消費者金融はそういった申込者は審査対象として外しているため競合する金融会社が少ないと考えられる点などがあげられます。

債務整理中の場合は和解が成立し支払いを行っている場合や過払い返還請求を行った人が審査対象となり、自己破産の場合は免責がおりていることが条件のようです。
しかしそのような状況の申込者で審査に実際通過する人は10%に満たない状況ではあります。
 

独自審査でもキャッシングすることができない場合の考えられる理由とは

審査が柔軟だと思われる独自審査ですがそれでも通らない場合、何が原因かを考えてみることが必要です。
独自審査なので金融会社によって重きを置いている部分は異なりますが、いくら独自審査とはいえある一定の基準はどこも同じだと言えます。

例えば理由として考えられるのは、仕事をしていない無職の状態であるということ、他社からの借り入れ分の返済が遅れていること、健康保険に未加入の状態であること、未成年者や66歳以上であること、所得証明等年収を証明する書類の提出ができないことなどがあげられます。

特に信用情報機関に登録されている借り入れを延滞してしまった時に付く延滞情報というものは、延滞が解消されても1年間は「延滞解消」という名目で延滞日数とともに登録されてしまいます。

いくら柔軟な独自審査を設けているところでもある程度の安定性がなければ審査には通過できません。

他にも考えられる理由としては勤続年数や居住年数が1年に満たない場合などは審査の通過が困難になることが予想されます。
 

独自審査をクリアしてキャッシングするには二重に申し込みをしないようにする

一度申し込みをして審査に通過できなかったのに、期間をあけずにすぐにまた申し込みを行ったとしても審査の結果が変わるということはまずありえません。
逆に何度も申し込みを行うことで信用を失っていくことになります。

もし申し込みをして審査に通過できず、また同じ金融会社に申し込みを行いたいと考える場合は、最低でも3カ月という期間をあけてから申し込みを行うようにしましょう。

3カ月以内に申し込みを行ったとしても、状況に変化はないと判断されて再審査をせずにそのまま融資不可という結果を出す場合があります。

いずれにせよ、独自審査を設けている金融機関でキャッシングを申し込みする場合には、完済するまで遅れることなく支払える計画をたてておくことが必要です。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

  • アコム

    アコム

    スピード審査で初めての方にも安心の最大手キャッシング!

    金利 3.0% ~ 18.0%
    限度額 1万円~800万円
    借入時間 最短1時間
  • みずほ銀行カードローン

    みずほ銀行カードローン

    利用限度額200万円以下なら収入証明書不要!

    金利 3.0% ~ 14.0%
    限度額 10万円~1000万円
    借入時間 最短即日
  • SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

    SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

    消費者金融系ならではのスピード対応に定評があります!

    実質年率 4.5% ~ 17.8%
    限度額 1万円~500万円
    借入時間 即日融資も可能

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る