収入証明書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

キャッシングには収入証明資料が必要?

カードローンキャッシングを申し込む時、用意しなければならない書類が2つあります。
本人確認資料と、収入証明資料です。

本人確認資料については運転免許証やパスポートなど、普段自分が持っている資料をコピーして提出すれば良いので煩わしさはそれほどないのですが、収入証明資料の場合は源泉徴収票や所得証明書など、持ち合わせがなければわざわざ取り寄せなければならないケースもあり、申し込みのハードルを高くしている印象です。

そもそもなぜこのような収入証明資料が必要なのでしょうか?
そして、この資料の提出を省略できる場合はあるのでしょうか?
 

収入証明資料を求められる理由

カードローンの申し込みを行うと、必ず審査という手続きが必要になります。
これはカードローンを提供している企業や保証会社によって行われるもので、申込者に貸し出しを行ってもきちんと返済してもらえるかどうかを判断するものです。
企業にとっても金銭を貸出す分、その申込者がどういう方なのかをきちんと把握する必要があります。

そのような時に使用されるのが収入証明資料です。
申込者は申し込みの段階で年収を申告する必要がありますが、それはあくまで自己申告。
本当にその年収に間違いがないかを確認するために収入証明資料が必要となります。
 

貸出業法で定められている

この収入証明資料の提出はただ企業が審査を行いやすいように設定されているのではなく、法律でも定められています。
総量規制」ということばはカードローンについて調べているとよく目にするものかと思います。
こちらは個人が収入に見合わない借入を行うことを防ぐための法律であり、これにより年収の1/3を超える借入は行えなくなりました。
そのため、下記の条件のいずれかに該当する場合は、申し込みの際に必ず収入証明資料を提出することが必須とされているのです。
 
・1社からの借入金額が50万円を超える借入を行う場合
・複数の貸金業者からの借入金額の合計が100万円を超える場合
 
このことからも、収入証明資料がカードローン利用にあたり非常に重要であるということが理解頂けるかと思います。
 

収入証明の提出が不要な場合もある

上記のように、申し込み金額が1社50万、複数借入合計100万円を超える場合には、法律により収入証明資料の提出が義務付けられているカードローンですが、一部例外となる企業もあります。
 
それは銀行です。
銀行系カードローンは総量規制の対象外となるので、この限りではありません。
もしあなたが収入証明資料の調達が困難な場合、もしくは書類の準備をすることなく借入を行いたい場合は、銀行系カードローンを申し込むことをおすすめします。
 
以下に主力銀行が収入証明資料の提出を求める基準を各社ごとにまとめました。
 
銀行系カードローン
商品 収入証明提出基準
三井住友銀行カードローン 300万円以内不要
じぶん銀行カードローン 300万円以内不要
みずほ銀行カードローン 200万円以内不要
オリックス銀行カードローン 300万円以内不要
楽天銀行スーパーローン 200万円以内不要
大和ネクスト銀行フリーローン 200万円以内不要
住信SBIネット銀行ネットローンプレミアムコース 100万円以内不要
新生銀行「レイク」 100万円以内不要
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 100万円以内不要
りそなプレミアムカードローン 50万円以内不要
 
このように比較して見ると、銀行系カードローンの場合は銀行によって収入証明資料提出の基準が様々だと言えます。
特に優秀なのが三井住友銀行とじぶん銀行。
300万円の限度額以内であれば収入証明資料を用意することなく審査に取りかかってもらえるという利便性の高さは大変魅力的です。
 
ただ注意して頂きたいのが、上記に挙げている条件に当てはまる方であっても、収入証明資料の提出が「原則不要」となっているだけであることです。
審査の段階で申し込み者についてもっと詳しく知る必要がある場合など、追加書類として収入証明資料の提出を求められることも稀にあります。

その場合申込者は勿論その指示に従わなければならず、収入証明資料の提出が出来なかったり拒んだりした場合には審査に通ることはありません。
申し込みの時点で収入証明資料の提出が必要ないからと言っても、絶対に用意をしなくて良いというわけではないということを念頭に置いておく必要があります。
 

自分の優先順位を把握することが大切

また、収入証明資料の提出基準が緩いからといって、銀行系カードローンが消費者金融系信販系カードローンよりも優れているという証明にはなりません。
銀行系カードローンの方が一般的に審査に時間がかかると言われており、収入証明資料を準備するというひと手間をかけられる方であれば、消費者金融系カードローンの方がスピードにおいては優れている可能性も十分にあります。

一つの観点から企業を比較するのではなく、自分が一番重視しているポイントは何かをきちんと把握した上で、自身の意向と一番合ったカードローン商品を選んで頂きたいと思います。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

  • アコム

    アコム

    スピード審査で初めての方にも安心の最大手キャッシング!

    金利 3.0% ~ 18.0%
    限度額 1万円~800万円
    借入時間 最短1時間
  • SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

    SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

    消費者金融系ならではのスピード対応に定評があります!

    実質年率 4.5% ~ 17.8%
    限度額 1万円~500万円
    借入時間 即日融資も可能
  • みずほ銀行カードローン

    みずほ銀行カードローン

    金利 3.0% ~ 14.0%
    限度額 10万円~1000万円
    借入時間 -

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る