保証会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

保証会社はとは何か

銀行系カードローンの申込みの差異の注意には、「保証会社の保証を受けられるお客様がお申込みいただけます。」という注意書きがあります。
また、保証会社の多くがいわゆる消費者金融会社の名前が記載されています。

例えば三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」では

「お申し込みに際して当行および保証会社(アコム(株))の所定の審査をさせていただきます。
審査結果によっては、ご要望にそいかねる場合があります。
なお、審査の内容については、お答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。」

という注意書きがあります。
上記から保証会社は審査を行うということがわかりますが、銀行と保証会社の関係とはいったいどのようなものなのでしょうか。
 

保証会社の成り立ち

2006年6月以前はいわゆるグレーゾーン金利によって利益を上げていた消費者金融会社ですが、グレーゾーン金利が撤廃され利息制限法で定められた金利に抑えなければならず、利益が減少してしまいました。
さらに、2010年以降、利用者が支払い済みの金利のうち、利息制限法で定められた金利を越えた支払い分に関しては過払い金として消費者金融会社に返還を求めることができるようになりました。

過払い請求の打撃は大きく武富士のように経営破綻してしまう会社もありました。
アコムSMBCコンシューマーファイナンスプロミスアイフルの大手3社に関しては、経営破綻を免れたものの返還総額が2800億円となり、経営に大きな打撃を受けてしまったため大手銀行グループの傘下に入ることとなりました。

一方で、銀行は主に企業に対する融資を主な収入としてきましたが、長年続く不景気の影響から企業が設備投資や新規事業の拡大などをしないようになったため銀行からの融資需要が下がってしまいました。
そこで銀行は新たに個人向け融資を始めることで、収入を増やして、経営の建て直しを行いはじめました。そこで銀行は個人向け融資の審査に関するノウハウを持つ大手消費者金融を傘下に迎えることにしました。

消費者金融と銀行は以上のような経緯で経営統合することとなり、消費者金融会社は銀行カードローンの保証会社となりました。
大手銀行カードローンは保証会社の個人融資のノウハウを得ることによって審査スピードを上げることができ、サービスの向上を成功させることができました。
また、銀行系カードローンは消費者金融系カードローンに比べ、審査に通りにくく、審査時間がかかるいといわれています。
それは銀行カードローンの審査には銀行からの審査と保証会社となる消費者金融の双方から審査を受けるためです。

また、保証会社には消費者金融会社だけではなく、クレジットカードを扱う信販会社がなることもあります。
信販会社にもクレジットカード発行時の個人顧客向けの審査ノウハウがあるうえに、クレジットカードのブランドは消費者金融に比べて身近に感じる人が多く安心して利用ができるといったメリットがあります。

主なカードローンと保証会社の一覧
銀行 カードローンの商品名 保証会社
みずほ銀行 みずほ銀行カードローン 株式会社オリエントコーポレーション
三井住友銀行 三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
オリックス銀行 オリックス銀行カードローン オリックス・クレジット株式会社
りそな銀行 りそなプレミアムローン オリックス・クレジット株式会社
楽天銀行 楽天銀行カードローン 株式会社セディナ
三菱東京UFJ銀行 バンクイック アコム株式会社
住信SBIネット銀行 ネットローン オリックス・クレジット株式会社
じぶん銀行 じぶんローン アコム株式会社
イオン銀行 イオン銀行カードローン イオンクレジットサ-ビス株式会社
 
 

銀行が保証会社と提携することのメリット

保証会社の主な役割は審査にあると記載いたしましたが、他にも保証会社が担う役割があります。
それは代位弁済です。

銀行カードローンの利用者が返済を滞納した場合、保証会社が銀行に滞納分の返済を行い、その分の債権が消費者金融に委譲されます。
これが代位返済です。
つまり銀行はデメリット無しにカードローンの運用をすることができるのです。
つまり保証会社の役割は、審査から顧客情報の管理、返済まで全ての業務を請け負っていることとなります。
 

最後に

保証会社とは、法改正による金利の低下や過払い金の請求によって大きな打撃を受けた大手消費者金融が個人向け融資事業を始めようとしていた大手銀行グループの傘下に加わることで始まりました。
保証会社は銀行の個人向け融資の業務において審査、顧客情報の管理、返済までを請け負った会社のことです。

保証会社には個人向け融資の審査ノウハウを持つ消費者金融会社か、クレジットカードの審査ノウハウを持つ信販会社がなります。
保証会社の審査ノウハウを吸収することで銀行カードローンの審査スピードはより速くなり、より利便性の高いものになりました。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

  • アコム

    アコム

    スピード審査で初めての方にも安心の最大手キャッシング!

    金利 3.0% ~ 18.0%
    限度額 1万円~800万円
    借入時間 最短1時間
  • みずほ銀行カードローン

    みずほ銀行カードローン

    利用限度額200万円以下なら収入証明書不要!

    金利 3.0% ~ 14.0%
    限度額 10万円~1000万円
    借入時間 最短即日
  • SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

    SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

    消費者金融系ならではのスピード対応に定評があります!

    実質年率 4.5% ~ 17.8%
    限度額 1万円~500万円
    借入時間 即日融資も可能

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る