遅延損害金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

返済が遅れたら返済額が増えてしまいます。

 一般的にはカードローンを利用していると、毎月決められた日に返済を行う必要があります。
しかし、その返済を忘れてしまった場合や引き落としの際に口座残高が不足していた場合は返済されず遅延損害金が発生してしまいます。

遅延損害金は消費者金融が期日内に返済されなかったときの不利益に対する対価ですのでその金利は20%近くに設定されています。
レンタルビデオショップの延滞料金も通常料金に比べて割高になっていますが、同じようなものだと思ってください。
万が一返済に遅延が発生してしまった時のために各金融機関の遅延損害金の利率や、遅延損害金の計算方法を解説いたします。
 

遅延損害金

カードローンキャッシングの契約時に「返済期日」を定めますが、その返済期日を守らずに延滞をした場合は利用者が返済の義務を果たせなかったということになり、損害賠償を追うことになります。その損害賠償金として遅延損害金が発生します。
利息制限法では、遅延損害金は通常金利の1.46倍までという制限を設けており、それを越える利率分の遅延損害金の支払い請求は無効となります。
つまり、利息制限法で定められた遅延損害金の上限は以下の3種類となります。
 
・借り入れ金額が10万円未満の場合
年率20%×1.46 = 29.2%
 
・借り入れ金額が10万円以上100万円未満の場合
年率18%×1.46 = 26.28%
 
・借り入れ金額が100万円以上の場合
年率15%×1.46 = 21.9%
 
多くの人が利用しているであろう10万円未満の借り入れの場合、上限年率29.2%と非常に高額な遅延損害金を支払う必要が出てくるため、万が一遅延をしてしまった場合はなるべく早めに返済をしたほうが良いでしょう。
 

遅延損害金の計算方法

遅延損害金は日割り計算となるため、返済期日から遅れた日数分だけの利息がかかってしまいます。
 
計算方法
遅延損害金 = 元金(借入額) × 遅延損害金年率 × 遅延日数 ÷ 365
 
例えば、借入額が10万円で、遅延損害金年率が20%、遅延日数が10日の場合、遅延損害金は
10万円 × 20% × 10日 ÷ 365 = 548
となります。
 
各金融機関の遅延損害金年率
金融機関 通常年率 遅延損害金年率
アコム 4.7%~18.0% 20.00%
アイフル 4.5%~18.0% 20.00%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 19.94%
オリックス銀行カードローン 3.0%~17.8% 5.1%~19.9%
(借り入れ利率+2.1%)
 
 
以上の用に消費者金融系カードローンも銀行系カードローンも遅延損害年率は20%近くまで引き上げられており、非常に高い利率が課されております。
 

遅延損害金を払わないために

遅延損害金では非常に高い年利を返済額に上乗せして払わなければならないため非常に大きい負担となってしまいます。
遅延損害金を支払わないようにするには返済日に遅延することなく毎回返済することが重要となります。

また、消費者金融にとっても返済に遅延が生じることはリスクであるため様々な返済サポート体制をとっております。
返済期日を事前にメールで知らせてくれるサービスや、ネットバンクからの振込みで24時間返済が可能なインターネット返済などを行っている消費者金融が多いため、それらを有効に使うことで返済に遅延が発生してしまうことを避けましょう。

また、どうしても遅れてしまうときには前もって消費者金融機関に問い合わせをしておきましょう。
今までの履歴を確認し、信用情報の点数が高い場合は数日間であれば融通してくれるということもあるようです。
 

遅延損害金を支払う必要がないケース

非常に重い利率が課せられてしまう遅延損害金ですが、最初の契約時に契約書に明記されていない場合は遅延損害金を請求する予定がなかったということになり、遅延損害金を支払う必要がなくなります。
また、上でも触れましたが、通常の金利の1.46倍以上の遅延損害金利であった場合はその超過分に関しては損害金の請求に応じる必要はありません。
 

カードローンは計画的に利用しましょう

遅延損害金は消費者金融から利用者に対する損害賠償の制度であるため年利は非常に重く設定されています。
遅延損害金を発生させないためにも各消費者金融が提供する返済サポートサービスを利用して確実に返済日に返済が出来るようにしましょう。

カードローンキャッシングの返済期日にきちんと返済をしないでおきてしまうリスクは損害地遠近の発生だけではありません。
返済が滞ってしまうと、信用情報に返済の滞納が事故情報として信用情報に記載されてしまい、他の消費者金融だけでなく、クレジットカードや保険なども審査に通らなくなってしまう可能性があります。

カードローンキャッシングを利用する際には期日に返済ができるように計画を立てて生活をする必要があります。
また、返済額の負担が多いようでしたら金利の低い金融機関への借り換えや複数の金融機関からの借り入れがある場合はおまとめローンを利用するなど、返済額を抑えることを検討してみてはいかがでしょうか。

カードローンの返済は早めに行うことを心がけ、遅延損害金を払わないで完済ができるように心がけましょう。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

  • アコム

    アコム

    スピード審査で初めての方にも安心の最大手キャッシング!

    金利 3.0% ~ 18.0%
    限度額 1万円~800万円
    借入時間 最短1時間
  • みずほ銀行カードローン

    みずほ銀行カードローン

    利用限度額200万円以下なら収入証明書不要!

    金利 3.0% ~ 14.0%
    限度額 10万円~1000万円
    借入時間 最短即日
  • SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

    SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

    消費者金融系ならではのスピード対応に定評があります!

    実質年率 4.5% ~ 17.8%
    限度額 1万円~500万円
    借入時間 即日融資も可能

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る