個人信用情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの信用情報は大丈夫?

信用情報とは、クレジットカードや各種ローンの契約内容や支払い状況、利用残高を表す情報のことです。
クレジットカードを利用した買い物やローンを利用して家を買うなど、現金を利用せずに支払いを行う機会が増えています。

現金を利用せずに「個人の信用」にもとづく取引を「信用取引」といいます。
信用取引の利用者が本当に信用できるかどうかを各金融機関が判断する際に過去の信用取引の情報を参照するために個人信用情報は存在しています。

では、個人信用情報とは具体的にはどのような情報なのでしょうか。
また、カードローンの申込み時に、金融機関はどのようなポイントに着目して審査を行うのでしょうか。
 

個人信用情報の内容

信用情報は上記で書いたように、各種信用取引の利用状況を表したものです。
では具体的にはどのような情報が登録されているのでしょうか。
ローンに関係する登録情報をご紹介いたします。
 
本人を特定するための情報
内容 登録期間
氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号等 契約内容に関する情報等が登録されている期間
 
契約内容に関する情報
内容 登録期間
登録会員名、契約の種類、契約日、貸付日、契約金額、貸付金額、保証額等 契約継続中及び完済日から5年を超えない期間
 
返済内容に関する情報
内容 登録期間
入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞等 契約継続中及び完済日から5年を超えない期間
(ただし、延滞情報については延滞継続中、延滞解消の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)

取引事実に関する情報
内容 登録期間
債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡等 当該事実の発生日から5年を超えない期間
(ただし、債権譲渡の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)
 
申込みに関する情報
内容 登録期間
本人を特定する情報(氏名、生年月日、電話番号及び運転免許証等の記号番号等)、並びに申込日及び申込商品種別等 申込日から6ヵ月を超えない期間
 
(引用元:登録内容と登録期間|日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関)
 
このようにカードローンや、クレジットカードを利用した履歴は、一定期間保存されています。
これらの情報を各金融機関内で信用情報機関を通じて共有することで、適正な審査が行えるようになっています。
ではどのようなカードローンの審査では個人信用情報の中でもどの部分に着目して審査が行われているのでしょうか。
 

カードローン審査で着目されるポイント

申込み内容
カードローンの申込みをしたという履歴は6ヶ月間記録しています。
その6ヶ月の間に複数の会社に対してカードローンの申込みを行うと、審査担当者から、「他者で落とされている」または、「1社からの借入れでは足りない不安定な経済状況」などと推測され印象が悪くなってしまいます。
審査担当者からの印象が悪くなってしまうと審査には通りにくくなってしまうため注意が必要です。

一般的には、カードローンへの申込みは1ヶ月に2社程度にとどめておくことが推奨されています。
もし、その2社とも落ちてしまった場合は6ヵ月後、信用情報から申込み内容の記述が消えた後で再度申込みをすることをお勧めいたします。
 
返済内容に関する内容
当然ながら審査では「申込者に返済能力があるか」ということ判断しています。
すでにカードローンやクレジットカードを利用している場合、毎回きちんと期日にお金を払えているのかということが非常に重要となります。
何ヶ月も返済期日に遅れてしまった場合は返済能力がないとみなされてしまいカードローンの審査に通らなくなってしまう可能性が高いです。

また、返済ができなくなり自己破産をした場合でも同じように返済能力が低いとみなされてしまいます。
このような事故情報は5年間残ってしまうためその期間はいわゆるブラックリストに載っている状態となってしまいます。

しかし、一方で、返済を予定額よりも多く払うことや、返済期日よりも早めに完済するなど、返済能力に余裕があると判断された場合には審査に通りやすくなるばかりでなく、借入れの限度額も高めに算出されるということも予想されます。
カードローンやクレジットカードは必ず期日内に返済を行い、信用情報を汚さないようにしましょう。
 

最後に

個人信用情報は各金融機関が審査を正しく判断するために利用されている情報であり、利用者の「信用」を測るために必要な情報です。
返済の延滞や、自己破産などの事故情報が残ってしまうと「信用」に足らない人物であると判断されてしまい、新たにカードローンの申込みをしても審査には通らなくなってしまいます。

カードローンやクレジットカードは計画的に利用し、返済期日に遅れてしまうことや事故情報とみなされてしまうような行動をとらずに追加返済を行うなど好印象につながるような行動をとるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

  • アコム

    アコム

    スピード審査で初めての方にも安心の最大手キャッシング!

    金利 3.0% ~ 18.0%
    限度額 1万円~800万円
    借入時間 最短1時間
  • みずほ銀行カードローン

    みずほ銀行カードローン

    利用限度額200万円以下なら収入証明書不要!

    金利 3.0% ~ 14.0%
    限度額 10万円~1000万円
    借入時間 最短即日
  • SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

    SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

    消費者金融系ならではのスピード対応に定評があります!

    実質年率 4.5% ~ 17.8%
    限度額 1万円~500万円
    借入時間 即日融資も可能

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る