リボ払い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リボ払いとは?

リボ払いは正式名称を「リボルビング払い」といい、カードで利用した金額や利用した回数にかかわらず、毎月一定の金額を返済するサービスのことです。
毎月の支払い額が一定となるため、家計管理が容易になることがメリットとしてあげられます。
しかし、支払い残高が管理しづらく、どの商品の返済が終わったのかがわかりづらいため、利用しすぎると支払い残高が増えすぎてしまい返済が困難になってしまう場合があります。
 

リボ払いの利用方法

リボ払いを利用するには4つの方法があります。
それぞれの特徴を理解してシチュエーションに合った利用方法を選びましょう。
 
「事前登録型リボ払い」
事前に毎月の支払い金額を決定し、設定した金額を超えた分に関しては翌月以降にリボ払いで支払うことのできるサービスです。
追加返済なども利用ができるので計画的に利用することができます。
毎月のクレジットカードの利用用途がはっきりしている方で、たまに買い物であれを利用する方にオススメです。
 
「利用後変更型リボ払い(後からリボ払い)」
買い物でカードを利用した後、カード会社に申請をすることで支払い方法を一括払いや分割払いからリボ払いに変更することができるサービスです。
希望した金額分をリボ払いに変更することができるため、カードを使いすぎてしまったときや、つい衝動買いをしてしまった時に利用すると便利です。
 
「店頭リボ払い」
「リボ払い」取扱加盟店でお買い物をする際、カード使用時に店頭で支払い方法をリボ払いに指定することが可能です。
会計ごとにリボ払いを使うかどうかを選べるので、どうしても欲しいものがあっても予算がないときに利用することをおすすめします。
 
「リボ専用カード」
クレジットカードの申込みの際、または後から追加で申込みいただくことができるリボ払いの専門カードのことです。
このカードでの支払い方法は全て自動でリボ払いとなります。
買い物ごとに申請や設定をしないでもリボ払いが利用できます。
 

リボ払いの支払い方法

リボ払いの支払い方法は大きく分けて以下の3つに分類されます。
 
定額リボルビング払い
返済残高にかかわらず、一定額を毎月返済する支払い方式です。
この支払い方式は、元金定額リボルビング方式と元利定額リボルビング方式の2種類があります。

元金定額リボルビング方式は定めた元金返済額に利息分を加えて毎月の返済額を確定させる方式です。
毎月の支払い額が高くなりますが、その分返済も早く、利息も小額で抑えることができます。
しかし、利息分の返済額が一定ではないため、返済計画が立てづらくなってしまいます。
 
元利定額リボルビング方式は一定の返済額を毎月支払う方式で、返済額の中に元金と利息分が含まれています。
そのため元金の支払額は一定ではなくなります。
毎月の支払い額が低いですが返済期間が長くなってしまい利息の返済がその分増えてしまいます。
ただし、毎月の返済額が一定なので返済計画は立てやすくなっております。
 
定率リボルビング払い
返済残高に対する返済率を定め、毎月の返済額を決定する方式です。
こちらの支払い方法にも、元金定率リボルビング方式と、元利定額リボルビング方式があります。

元金定率リボルビング方式は返済残高に対して指定した定率で返済額を定め、その金額に利息を追加した金額をその月の返済額として決める方式です。
元利定額リボルビング方式は利息を含めた返済残高全体に定めた定率をかけて月の返済額を決める方式です。
 
定率リボルビング方式は返済残高が減ると同時に返済額も減少していきます。
そのため元金が減らなくなってしまい、月の返済額のうちほとんどが利息分となってしまうケースがあります。
それを防ぐには、途中で一括払いに切り替える必要があります。
 
残高スライドリボルビング払い
返済残高に応じて、返済の定額・定率がスライドする方式です。
残高スライドリボルビング方式には元利定率方式、元金定額方式、元利定額方式があります。

元利定率スライドリボルビング方式は借入残高に応じて返済の定率がスライドする方式です。
こちらの方式では、残高が減るに応じて定率も下がっていくため返済回数が長くなってしまい、返済金額が高くなってしまいます。

元金定額スライドリボルビング方式は借入残高に応じて返済定額がスライドする方式です。
返済定額の中に利息が含まれないため、毎月の支払いは「定額+利息」となります。
毎月の支払い金額が多くなる一方で、早期に返済が可能なため返済金額は小額になります。

元利定額スライドリボルビング方式は元金定額スライドリボルビング方式とは違い利息を含めた定額が返済残高に応じてスライドしていきます。
元金定額スライドリボルビング方式に比べ、元金の完済までに時間がかかりますが、毎月決まった額の返済となるので返済計画が立てやすいです。
 

リボ払いのメリットとデメリット

リボ払いのメリットは毎月の返済額が一定に抑えられており、そのため返済計画が立てやすいという点です。
月々の収入が安定している方であれば、自由にできる金額を把握することができ、支払いの延滞なども起きにくくなっています。

一方、デメリットは返済額が一定であるため、リボ払いを利用することへのハードルが下がり、気軽に使いすぎてしまう恐れがあるという点です。
また、返済額が一定なので返済額が増えるほど返済期間が延び、その分利息を多く払う必要があります。
そのため、返済額のうちの元金の割合が少なくなり、返済が進まなくなってしまいます。
さらに毎月定額の支払いとなるため、支払い終了がいつになるかを把握することが難しくなってしまいます。

このような事態に陥らないためにもリボ払いを利用するときにはしっかりと返済シミュレーションをし、計画を立てることが大切です。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

  • アコム

    アコム

    スピード審査で初めての方にも安心の最大手キャッシング!

    金利 年3.0% ~ 18.0%
    限度額 1万円~800万円
    借入時間 最短1時間
  • SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

    SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

    消費者金融系ならではのスピード対応に定評があります!

    実質年率 年4.5% ~ 17.8%
    限度額 1万円~500万円
    借入時間 即日融資も可能
  • SMBCモビット

    SMBCモビット

    10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

    金利 年3.0% ~ 18.0%
    限度額 1万円~800万円
    借入時間 最短即日*

<PR>

SMBCモビット
SMBCモビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る