カードローンの借り換え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンの借り換えとは?

 
現在組んでいるローンとは別の金融機関のローンに組み直すことを借り換えと呼びます。
借り換え先の金融機関から借りたお金で現在抱えているローンを一括返済することになるので、借入の額はそのまま特に変化せず、返済先だけ変更することになります。
 
住宅ローンの借り換えの場合、一つの金融機関から別の金融機関へと乗り換えるのが一般的ですが、カードローンの場合は多重債務を抱えている方が利用するケースが多く、複数の返済先を一つにまとめることで様々なメリットを受けることができます。
 
ただし、カードローンの借り換えをするためには金融機関の審査を通過する必要があります。
借り換え時に審査されるのは社会的な信用や返済能力などになりますので、どうしても多重債務が厳しく、このままだと延滞などの金融事故を起こすかもしれないという時はブラックリストに載ってしまう前にカードローンの借り換えの準備を始めた方が良いでしょう。
 

借り換えをするメリットとデメリット

借入の額はそのままで、わざわざ返済先を乗り換えることにどのような意味があるのでしょうか?
実はカードローンの借り換えには利用者にとって役立つ様々なメリットがあるのです。
 
借り換えをするメリットとして、まず複数あった返済日を一つにできます。
カードローンの多重債務を抱えている方の中にはひと月に何回も返済しなければならない方もいます。
せっかく返済をしても一週間後には別の金融機関に返済をしなければならず、常に返済に追われているようなプレッシャーの中で生活することになります。
 
全ての借入の返済日を完璧に把握し、滞りなく返済ができていれば特に問題ありませんが、ついうっかり忘れていたり、祝日などの関係で給料の振込が遅れてしまったりすると利息を多めに払うだけでなく、延滞ということで遅延損害金までも支払うことになってしまいます。
しかし、多重債務を一本にまとめてしまえば月に一回返済するだけになるので管理がしやすく、安心して毎日を過ごせます。
 
借り換えのメリットはこのような管理のしやすさの他に、返済額が減るといった点も挙げられます。
カードローンの多重債務をまとめる際に、金利の低い金融機関を選ぶことで利息を減らすことができます。
たった1%の金利の違いも、借入額が高額であればあるほど大きな差となります。
 
このようにカードローンの借り換えには様々なメリットがあるのですが、利用する際には注意すべきデメリットがあります。
それは審査期間です。
 
多重債務をまとめるためにはそれ相応の大金が必要になるので、少額融資をしてもらう時のように短時間で申込を済ませてすぐに融資してもらおうというわけにはいきません。
どうしても審査に時間がかかってしまいますし、借入の額によっては審査落ちするリスクもあります。

借り換えの審査

たとえカードローンの借り換えであったとしても、お金を借入れるわけですから申込にあたっては審査が行われます。
この審査を通過して初めて必要な金額を融資してもらえるので、審査が不安という方は事前に審査落ちになりそうな要因を解消しておきましょう。
 
審査をするにあたってまず始めにするのは、本当に貸出を行っても大丈夫かどうか、信用のおける人物かどうかです。
これは過去の利用実績などを参考に審査をするので、延滞や破産といった事故情報がなければ特に問題ないです。
 
ちなみに、このような事故情報の記録は金融機関ではなく信用情報機関にあります。
金融機関はその信用情報機関に申込者のデータを照会してから、過去の利用実績を調べることになります。
そのため、現在利用しているのとは別の金融機関を過去に利用し、そこで延滞などの事故を起こしていれば、その情報は信用情報機関を介してすぐに金融機関の知るところになります。
 
信用情報機関に問い合わせる内容は過去の利用実績だけではありません。
現在の債務も調べられます。
この債務が年収の三分の一と同じかそれ以上の場合、総量規制があるためこれ以上の融資は受けられません。
 
審査で調べられるのはこれ以外にもあり、属性も審査の対象になります。
属性とは居住年数や勤続年数、勤務先などのことです。
これらが特に問題なければ審査を通過できます。
 
属性の審査において気をつけたいのは、勤続年数や居住年数が短すぎる方です。
例えば勤続年数が3ヶ月未満の方になると、すぐに職を転々としているとみなされ、マイナス評価を受けることになります。
勤続年数が短すぎると収入の安定しない方とみなされるので、最低でも半年は努め続けましょう。
 

借り換えに有利なカードローン

借り換えのメリットは非常に多いのですが、ではどこの金融機関を利用すれば良いのでしょうか?
せっかく借り換えをするのならばもっとも条件が優れている金融機関を選んだ方が良く、銀行系のカードローンはまさにこれから借り換えたいという人にとって理想的です。
 
銀行系カードローンには他社にはないメリットが一つあります。
それは銀行は総量規制の対象外にあることです。
 
総量規制の対象である消費者金融会社を利用した場合、年収の三分の一以上は借入が行えないというデメリットがあります。
多重債務をまとめるためには大金が必要なのに、総量規制があるため借入れが行えないのです。

しかし、銀行系カードローンはこの総量規制の対象外になります。
つまり、年収の三分の一以上の融資を受けられるということです。
他にも銀行系カードローンは低金利というメリットがあるので、これから多重債務をまとめる方にとって大きな助けになります。
 

 


 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

  • アコム

    アコム

    スピード審査で初めての方にも安心の最大手キャッシング!

    金利 年3.0% ~ 18.0%
    限度額 1万円~800万円
    借入時間 最短1時間
  • SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

    SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

    消費者金融系ならではのスピード対応に定評があります!

    実質年率 年4.5% ~ 17.8%
    限度額 1万円~500万円
    借入時間 即日融資も可能
  • SMBCモビット

    SMBCモビット

    10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

    金利 年3.0% ~ 18.0%
    限度額 1万円~800万円
    借入時間 最短即日*

<PR>

SMBCモビット
SMBCモビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る