カードローンの審査に落ちる人、落ちない人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

審基準は返済能力の有無が基準

カードローンの審査と聞くと、正社員ではないから無理だと考える方もいるのですが、実はそのようなことはありません。今や日本人の約4割が非正規雇用だというデータもあるため、そうなると多くの方がカードローンを使用できないことになってしまいます。
確かにカードローンサービスを提供している企業は、「信用」や「返済能力」を契約時に重要視しているため、正社員や公務員の方々の方が審査に落ちにくいと言えます。

しかし事実、多くのアルバイトやパートの方たちがカードローンを利用しており、年齢のボリュームゾーンは20代~40代と、働き盛りの世代が利用しているのです。
つまり、カードローンの審査基準は簡単に言うと「信用」と「返済能力」であり、アルバイトやパートであっても定期的に収入があれば審査に合格します。
では、なぜ審査に落ちる方がいるのでしょうか。次の項目で詳しく説明していきましょう。
 

カードローンに落ちる方とは

カードローンの契約には「信用」と「返済能力」が重要だと説明しました。つまり逆を考えると、この両者が欠けている方たちが審査に落ちることになるのです。
実際カードローンの審査に落ちたという方は、様々なところで借入限度額いっぱいまで借りていたり、何度も何度も返済が滞ったりしているような方たちがほとんどです。

そのため、普通に働いて返済能力があると認められれば、多くの方は審査に落とされないと言ってよいでしょう。
カードローンは比較的まとまったお金を借りて、それを月々返済していく形となります。そのため、毎月収入が見込める「返済能力」も必要であり、アルバイトやパートであっても長期間働いていたという証明が必要になります。

極端な話、今日からアルバイトを始めたからカードローンを契約しようと思ったとしても、審査に落ちる可能性が高いため、非正規雇用であってもカードローンの審査に落ちないためには、長く務めているといった証明をする必要があるのです。
またその他にも、次に紹介するようにカードローンを提供している企業を選ぶことによって、自分が審査に落ちない企業を見極めることも重要なのです。
 

自分のに合ったカードローンを選択

カードローンは収入の3分の1未満の借入しかできないといった法律があり、このことを「総量規制」と呼びます。信販系などの多くのカードローンが総量規制のため、専業主婦の方やパートで年収が100万円未満の方などは、審査に落とされてしまう可能性も高いのです。
しかし銀行が運営している「総量規制対象外」のカードローンは、年収の3分の1といった決まりがありません。例えば住宅ローンなどは明らかに年収以上の金額を借入る方がほとんどですが、審査に落ちていませんよね。

この総量規制対象外はこのように年収とは関係なく借りられるという利点があるため、年収と同等もしくはそれ以上のまとまった額を借りたい方にはおすすめです。
各銀行によって利率や申し込み時の審査基準は変わってきますが、多くの総量規制対象外のカードローンでは、限度額が100万円未満であれば身分証明書の提出のみで審査を行ってくれます。そのため収入の無い専業主婦でも申し込めるカードローンであり、お子さんの学費や日々の生活費の補填として利用している方も多いのです。

また総量規制対象外のカードローンでなくとも、配偶者の収入証明で専業主婦であっても審査を受け付けてくれるところもあります。
このようにカードローンと一口に言っても様々な特色があるため、自分の属性や年収を客観的に判断して、審査に通りやすいカードローンを選ぶことも必要なのです。
 

収入と属性に見合った限度額を決める

例えば年収が100万円のパートの方が限度額100万円のカードローンを希望するとなると、確実に審査に落とされてしまいます。その理由は、先ほどお話した「総量規制」が法律によって決められているためです。
それならば年収が100万円のパートの方が限度額30万円のカードローンなら審査に通るかと言われると、これも落とされてしまう可能性があります。その理由は、やはり非正規雇用では信用度が低いからです。

そのためアルバイトやパートの方がカードローンを契約するのであれば、自分の収入に見合った限度額を設定すると審査に落ちにくいと言えます。目安としては限度額が10万円~30万円程度であれば審査に通りやすいでしょう。
ただし、どうしてもまとまった額を借りたいということであれば、最初から総量規制対象外のカードローンに申し込むと審査に通りやすいといえるでしょう。ただし、総量規制対象外のカードローンは金利が高いといったデメリットもあるため、返済が滞らないようにしっかりと支払えるか計画を立てる必要があります。

最後にカードローンの審査に落ちない人をまとめると、

1:過去に金融事故が無い
2: 自分に合ったカードローンを選ぶ
3: 限度額を高く設定しない

の3点が重要であり、意外と借りる方の属性や収入は関係ないことが分かるのではないでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

SMBCモビット
SMBCモビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る