カードローンの増額審査に通る為に必要な3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カード枚数を増やすよりも増額審査をしたほうがお得

どうしてもお金が必要なときに便利なカードローン。お金が足りないからと何枚もカードを増やすのではなく、実は1枚のカードの<a article="" 27"="">限度額を増額するほうがお得だということをご存知でしょうか。
その理由は、金利限度額が低いほど高く設定されているためです。

例えば限度額50万円のカードローンを2つ組むよりも、限度額100万円のカードローン1つの方が、借りられる金額は同じでも金利が安くなります。

つまり、限度額が低く金利の高いカードローンを複数組むよりも限度額を上げて金利を下げた方が、トータルの返済金額で考えるとお得なのです。
金利が少し変わるだけでも毎月の支払いはかなり楽になります。

もしこれからカードローンを新たに組もうと考えているのであれば、契約中のカードローンの増額審査をしたほうが良いでしょう。
それでは、増額審査の申し込みについて少し詳しくご説明いたします。
 

申し込みが必要なカードローンの増額審査

カードローンの限度額は申し込み時に決定されてしまいますが、増額審査を受けることによって限度額を増やすことは可能です。
クレジットカードの場合は、利用状況によって企業側から勝手に限度額が引き上げられるることもありますが、カードローンの場合はどれだけ利用状況が良好であっても、勝手に限度額が引き上げられることはありません。

必ず利用者側から増額審査の申し込みを行わなくてはならないため、今より限度額を引き上げたいということであれば、増額審査の申し込みを行う必要があります。
増額審査の際には、申込書に収入証明書を添付する必要がある企業もあるため、増額審査前には必要書類の有無をあらかじめ企業に問い合わせて用意しておくと良いでしょう。
 

カードローンの増額審査に通る為に必要な3つのこと

その1:契約時と収入が変わっているか
カードローンだけでなく、クレジットカードの申し込みや住宅ローンなど、お金を借りるにはそれ相応の収入が必要となります。
現在設定されているカードローンの限度額は、借りる側の収入によって判断されていることは皆さんご存知でしょうが、もちろん増額審査の場合も例外ではなく、収入が審査の判断材料の一つとなっています。

そのため、カードローンに申し込み時よりも収入が増えたのであれば、それだけ返済能力が上がったことに繋がるため、増額審査に通りやすいと言えるでしょう。
借り入れの目安として、他社も含めたローンの借り入れが年収の3分の1未満とされています。

そのため、例えば年収が300万円の方が年収600万円になったのであれば、トータルの借入額が最大100万円から最大200万円まで引き上げられることになるのです。
ただし年収の3分の1未満という借入限度額は、あくまでも基準です。借入状況やカードローンの利用期間によっても借入額は変わってきますので、目安として捉えると良いでしょう。
 

その2:延滞などの金融事故がないか

支払いの延滞などの所謂「金融事故」を起こしていないことが、増額審査の際のポイントとなります。
そのため、契約後1回でも支払いの延滞などをしたことのある方は、増額審査に通らない可能性が高いと言えるでしょう。

これは増額審査のときだけでなく、他社のカードローンを申し込む際や、将来住宅ローンを申し込む際にも影響するため、注意が必要です。
お金を貸すということは、返してくれるから貸すのであって、返してくれない方にはもちろんどの金融機関も貸してはくれません。

しかもこれらの金融事故はデータベース上で管理されているため、申告時に隠していても業者側には分かってしまいます。
もし増額審査を受けるカードローンが無事故であったとしても、他社のカードローンで延滞があった場合なども増額審査に影響するため、延滞をしている方は増額審査の申し込みを行う前に、まずは延滞分の返済から行いましょう。
 

その3:カードローンの契約期間

カードローンを契約して1週間後に増額審査を受けたとしても、まず通らないと考えて良いでしょう。増額審査が通りやすい契約期間の目安としては、1年以上だとされています。
その理由としては、カードローンは「信用」を何よりも重要視しているからであり、これまでの利用履歴が増額審査の際にものをいうからです。

そのため、最低でも契約から1年以上経過していた方が、増額審査に通りやすくなります。
またその2でもお伝えしたように、もちろん契約期間内に延滞などの金融事故を起こしていないことが重要です。

契約期間内に築かれた「信用」が基となり、信用されれば増額審査を通過することができるという訳ですね。
このように、増額審査を受けるためには、カードローンを申し込むとき同様に「収入」と「信用」が何よりも重要になります。

増額審査の申し込みは自分のカードローンの利用状況をもう一度把握する良い機会でもあるため、自身の収入と信用を見直してみてはいかがでしょうか。
 

それでも増額の審査に通らないなら・・・

増額審査に通らない方は新規のカードローンに申込むか借り換えをしましょう。おすすめのカードローンは以下の3社になります。
アコム
プロミス
みずほ銀行カードローン

アコム
アコムアコム商品情報
 
アコムは安心の最大手カードローン会社です。アコムも最大30日間金利0円になるサービスを提供しています。また、新規申込者の審査成約率約50%となっています。
審査回答のスピードも最短30分と、スピード感のある対応もアコムの魅力です。

アコム申込み

プロミス
プロミスプロミス商品情報
 
プロミスはWEB申込みなら来店不要で、最短1時間融資も可能です。初めての人は30日間無利息で利用できる※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。ため、短期間で返済を予定している人には特におすすめです。また、大手の消費者金融が最大金利18%に設定している中で、プロミスは最大金利17.8%と若干低く設定しているため、少しでも利息を少なくしたい人におすすめの消費者金融です。

プロミス申込み

みずほ銀行
みずほ銀行カードローンみずほ銀行カードローン商品情報
 
みずほ銀行カードローンの最大限度額1,000万円業界初の上限額で、金利も3.0%~14.0%という業界トップクラスの水準になっています。またみずほ銀行カードローンはWEB完結申込が可能で、来店する手間がかかりません。既にみずほ銀行をご利用の方は、ATM利用時に手数料がかからないのも魅力の1つです。

みずほ銀行カードローン申込み
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る