キャッシングで審査が通りやすくなる5つのテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシングで審査が通りやすくなる5つのテクニック

カードローン審査に通るために、気をつけた方がよいことがあります。些細な間違いで審査に落ちると勿体ないですから、申し込みをする前に、必ず注意事項などを確認しておきましょう。
 

1, 基本の基本「記入ミス」をしない

審査において、記入すべき内容は全て重要なのですが、特に大事ことは本人確認の為の電話番号や勤務実態(年数などを含める)です。
審査の時に、金融会社は申込者の「信用情報」を見て照合をします。

そして会社によっては確認のために電話連絡をしますので「記載された電話番号が間違っていて確認が出来ない」と言う事態が発生すると、審査に通ることは難しいのです。
その為、審査の申し込みの方法は、申込書を提出したり、インターネットを使ってwebページから直接申し込んだり…と色々ありますが、
全ての申し込みに共通して言えることは「記入漏れや記入ミスが無いことが肝心」と言うことです。

申し込みの際は、生年月日や住所、勤務先、勤務先電話番号など、落ち着いて間違いの無いように記入しましょう。
 

2,なるべく「信用情報」を綺麗にしておく

カードローンの申し込みをする前に、ご自身の「信用情報」を綺麗にしておくことも重要です。
信用情報」とは現在の借入金額や過去の借入金の返済状況が記録されており、更に自己破産の経験や、返済の延滞などのマイナスな情報の履歴も「事故情報」として保管されます。

因みに、この「事故情報」が記録されてしまうことを「ブラックリストに載る」と俗に言います。そして載った方のことを俗称で「ブラック」と呼ぶこともあります。
その為、例え申し込みの時に、自分のそう言った「ブラック」な履歴を記入しないで隠蔽しようとしても、銀行系消費者金融系カードローン会社は、必ず申し込みをした方の「信用情報」を照合しますので、隠しようがないのです。
そして、「返済の延滞」には、公共料金や携帯代の延滞、クレジットカードの延滞なども含まれますから、カードローンに申し込む前に、もし、返済できそうなら、極力返済しておきましょう。なるべく「信用情報」が綺麗な方が有利です。
 

3,同時に“複数の金融会社”へ申し込まない

「沢山申し込めば1つくらい受かるだろう」と言って、一度にいろんなカードローンに申し込む方がいますが、
むしろそれが原因で審査に通らなかったりするので、やめておくべきです。

先述の通り、金融会社はカードローンの申し込みがあると、その申し込んだ方の“信用情報”を「信用情報機関」へ照合します。
実は照合する際にその人の過去の借入履歴だけでなく、他の会社に申し込みをしていないかどうか、その申し込み履歴も確認するのです。

ですから、何社も申し込んでいると「それだけお金が必要な人、すなわち返済能力の低い人」と見られる場合があります。
金融会社にとって「返済能力の有無」が審査判断の第一基準ですから、審査で金融会社に「この方は返済能力がある」と判断されるような申し込みをしなくてはいけません。

※複数のカードローンに同時に申し込むと…
沢山のカードローンが必要

すなわち多額の借入金が必要

借入金がかさむ

返済が難しい
…と判断され、審査に通りにくくなるのです。そして「申し込みブラック」に入ってしまいます。面倒でも1つずつ、カードローン審査を受けた方が安全です。
 

4, 嘘の記入をしない

今、本当に様々な銀行系・消費者金融系カードローンがあります。サービスも多種多様で魅力的な物も多いですから、
「自分はどうしてもこのカードローンに申し込みたい」と言って、無理をして申し込む方がおられます。

しかし、審査に通るために「返済能力を高めに見せよう」として嘘の記入をしても、
金融会社は必ず申し込んだ方の「信用情報」を照合しますので、すぐに嘘だと見抜かれます。

審査に通るために偽りを記入するのではなく、ありのままに記入し、そして自分の返済能力に似合った借入額を希望しましょう。
偽って審査に通ったところで、返済能力以上の借入は自分の首を絞めかねません。「冷静な借入」を心がけるべきです。
 

5, 自分に合ったカードローンを選ぶ

やはり、カードローンの審査で最も重要視されるのは「返済能力」です。
だからこそ「職業」が重要視されるのです。例えば公務員は安定した収入がある職業ですから。審査に通りやすいのです。

このように、審査では「返済能力」を判断基準としますので、公務員だけでなく、正社員なども通りやすいと言えます。
しかし、正社員だけでなく、学生、アルバイト、専業主婦など、無職でない限り一定の収入さえあれば融資してもらえます。それはほとんどの金融会社に当てはまります。

大切なのは「自分に合ったカードローン」を選ぶことです。専業主婦なら「専業主婦でもOK」と謳っているカードローン、学生なら「学生ローン有り」と学生OKを前面に出しているカードローンを選ぶ…と言う様に、
自分の職業にあったカードローンを選びましょう。そうすれば審査に通る可能性が大きくなります。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る