カードローンの審査基準について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

情報があまり開示されていない“審査”について

カードローンに申し込むと誰もが必ず経験することになるのが“審査”です。
これは申し込みを行った各企業やその保証会社が実施するもので、金銭の貸出を行うにあたり申込者が信頼に足る人物かどうかを判断するためにあります。
お金の貸し借りがある以上、企業にとってもその申込者が融資額とその利息をきちんと返済し得るだけの経済状況なのかを十分に確認する必要があるのです。
 
カードローンなど個人融資商品に馴染みの無い方の場合、この“審査”の実態が良く分からず、いまひとつ申し込みに踏み切れずにいるような方も少なくはないでしょう。
企業も審査に関する情報はあまり開示しない傾向にあり、審査に落ちた方に対してどのような審査を行い、どのような要因で審査基準に満たなかったのかといった説明を行うことはまず無い為、実態が掴みにくい印象があります。
 
しかし、企業や保証会社によって少しずつ違いはあるものの、実際に審査で見られる点・重要と判断される基準には一定の傾向があります。
今回は代表的な審査基準についてお話しましょう。
 

審査基準その1:基本属性

カードローンの申し込みを行う際に申込者は自身の名前・住所などの基本的な属性から勤務先・居住年数など様々な項目に答える必要があります。
この申込者の基本属性そのものが、企業や保証会社が審査を行う際に一番に吟味する点です。
特に重要な項目を挙げてみましょう。
 
勤務先・勤続年数
カードローンが貸出を行う性質を持つ以上、申込者がどのような勤務先で何年働いているかというのは非常に重要なポイントです。
医者や弁護士・上場企業勤務のようなステータスの高い方であれば勿論審査には有利になります。
勤続年数は長ければ長いほど申込者が退職・転職するリスクが低くなるため、収入が安定していると見なされるのです。
従って勤続年数が1年未満の方は審査の上では不利に働いてしまいます。
 
家族構成
家族構成も基本属性の審査においてはよく見られる基準です。
この基準のポイントは大きく2つに分かれています。

1つ目が“可処分所得が多いか”という点。
一般的に子供など扶養するべき家族がいる場合にはその分の出費が多くなるため、可処分所得は少ないと見なされます。

2つ目が“返済が滞った際に追跡できるか”という点です。
一人暮らしで独身の方などは、返済が困難になってしまった場合に容易に行方をくらますことが出来ます。
勿論申込者にそのような意思がなくても、企業や保証会社はあらゆるリスクを想定する必要がある為、審査においてはマイナス要因として見なされてしまいます。
 
居住年数・居住形態
審査において意外と重要視されるのがこちらの項目です。
この項目も前述したポイントと同様、万が一の時に連絡が取れなくなるリスクを考慮して審査判断が行われます。
よって居住年数が長ければ長いほど安定していると見なされ、借家住まいの方よりも持ち家の方の方が連絡が取れなくなる可能性も低い為審査においては有利に働くのです。
 

審査基準その2:年収

基本属性の審査が完了すると、次に行われるのが年収に関する審査です。
やはり金銭を貸出す以上その申込者が借入た額をきちんと返すだけの返済能力があるかという点は非常に重要であり、希望借入額が大きい場合には申告した年収を証明する資料の提出が求められる場合もあります。
 
勿論年収に関しては高ければ高い程有利であることは言うまでもありませんが、大切なのは借入額とのバランスです。
一般的には借入は年収の3分の1までに留めるのが望ましいとされているので、ご自身の収入に見合った借入を行うことをおすすめします。
 

審査基準その3:個人信用情報

個人属性や年収など申込者から申告を受けた内容に加えて、企業や保証会社は申込者の“個人信用情報”を見ることで審査を行います。
この個人信用情報とは個人のローン履歴そのものと言っても過言ではなく、過去に申込者がどのようなローンを組んでいたかを調べることが可能です。

以前にもカードローンを保有しており延滞をしてしまった経験のある方などは、そのような経歴も個人信用情報に記載されてしまうため審査の上では非常に不利に働いてしまいます。
ご自身の個人信用情報を汚さないためにも、借入を行う前にきちんとした返済計画を立て、それに基づいて生活を行っていくようにしましょう。
 

審査は企業だけでなく申込者の為にもなる

以上のように、カードローンの審査を行う際に企業や保証会社は申込者の基本的な属性から年収、今までのローン経歴に至るまで調査した上で判断を下します。
とは言うものの、そこまで審査を恐れる必要性は全くありません。
一つの項目が基準を満たしていなかったとしても審査はあくまで総合的に判断を行うため、他の項目でカバーすることも可能です。
 
審査はただ単に申込者をふるい落とすためにある訳ではなく、“本当に適切な借入額を希望しているのか”という観点で行われているのです。
申込者と企業双方の利益のためにも、ご自身の年収・属性に見合った適切な額を借入れ、無理の無い範囲で返済を行っていくことを心がけましょう。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

SMBCモビット
SMBCモビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る