手数料無料のカードローンと手数料有料のキャッシュカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンを賢く使おう

カードローンとは一般的に個人が資金を調達する必要がある場合に必要な分だけ借入を行い、分割で少しずつ返済を行っていく“借金”のようなイメージの強い方が多いかと思います。
確かにそのような使い方もカードローンの活用方法の一つではあります。
しかしカードローンはそれだけでなく、もっと有効に使用できる方法がまだまだ沢山あるのです。
今回はそのようなカードローンの有効的な活用方法についてお話したいと思います。
 

キャッシュカード代わりに使うことで手数料負担を軽減

カードローンの商品特徴の一つとして、その便利さ・手軽さが挙げられるでしょう。
設定された限度額の範囲内であれば、好きな時に銀行やコンビニのATM/CDから借入・返済を行うことが出来るという点です。
このような利便性の高さは、どこか普通預金のキャッシュカードと似たような印象もあります。
 
キャッシュカードも好きな時にATMから自身の預け入れている普通預金の残高までお金を引き出すことが可能です。
しかし、キャッシュカードは利用する上で時間によって手数料が発生したりと負担が生じることもあります。
もちろんそれはカードローンにも同じように言えることなのですが、カードローンの場合は利用手数料を無料としている企業もあるため、24時間365日無料で資金を調達することも可能なのです。
 
休日や夜間などにお金を引き出したい時、キャッシュカードの場合時間外手数料が108円~216円程かかってくることが一般的です。
1,000円などの少額の引き出しに関しても一律手数料がかかるため、勿体ないと感じて預金をおろすのを我慢する方もいらっしゃるかも知れません。
しかしそんな時にカードローンを有効活用することで、そのような煩わしい利息負担を軽減することが可能です。
 

手数料のかからないカードローンを活用しよう

具体的な例として、オリックス銀行カードローンを挙げてみましょう。
 
オリックス銀行カードローン
金利 限度額 提携ATM
3%~17.8% 800万円 全国87,000台以上
手数料無料
 
仮にこちらのカードローンで上限金利17.8%適用の方が、土曜日に10,000円の借入を行ったとします。
 
オリックス銀行カードローンの場合は提携ATMの手数料がいつでも無料なので、借入の際の負担は一切ありません。
しかしカードローンで借入を行う以上、手数料がかからなくても利息という負担は発生します。
月曜日の日中、銀行のATMにて返済分のお金を引き出し全額カードローン完済を行った場合には、以下の利息が発生します。
 
10,000円×17.8%÷365日×3日=14円
 
オリックス銀行カードローンの上限金利である17.8%が適用の方でも、数日であれば借入を行った場合の利息負担はかなり少ないのです。
従って休日にキャッシュカードで預金をおろす際の時間外手数料108円と比較しても、手数料無料のカードローンで借入を行い、キャッシュカードで預金をおろし次第返済を行った方が金銭的な負担がぐっと軽くなります。
 
108円という少額ではありますが、時間外手数料も複数回使用すればバカにならないものです。
このように賢くカードローンを使用することで効率的な資金調達を行って頂ければと思います。
 
利用上の注意点
そのような有効的なカードローン活用についてですが、注意して頂きたい点もあります。
 
1)全てのカードローンが手数料無料というわけではない
カードローンは提供している企業によって様々な特徴があり、借入・返済時の手数料に関しても有料のもの、無料のものや、自社のATMでは無料でも提携ATMでは有料になるなど、非常に多種多様となっています。
カードローンを比較検討する際には金利限度額だけでなくそういった手数料の面も確認してみると良いでしょう。
 
2)カードローンは“借入”である
キャッシュカードの代わりに便利に使用できる、といっても、カードローンはキャッシュカードの預金とは違い借入であるということを忘れてはなりません。
上記の例では土曜日に借入、翌月曜日にすぐ返済を行っているため利息負担は少なかったものの、返済を忘れてしまい借入したままにしてしまえばその分日々利息が発生します。
借入を行う時には必ず、いつまでに返済するなどある程度の返済予定を立て、計画的な借入を行うようにしましょう。
 

利便性の向上により様々な使い道ができたカードローン

カードローンはその長い歴史の中で市場競争にもまれ、低金利化・利便性向上が繰り返し行われてきました。
今ではCMなどのプロモーション活動も功を奏し、誰もが気軽にカードローンによる借入を行える時代となっています。
企業努力による利便性向上のおかげで、キャッシュカードの代わりなど新たな使い道ができているのです。
 
もちろん借入という性質に変わりはありませんが、自身の返済能力の範囲内で正しく利用すればカードローンは非常に便利に使用することが可能です。
カードローンと良い付き合いをし、自身に一番合った使用方法を見つけて頂きたいと思います。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

SMBCモビット
SMBCモビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る