銀行系、消費者金融系、信販系の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3種類のカードローン

当ホームページでは主に「カードローン」の紹介を行っておりますが、一言にカードローンといっても「銀行系」「消費者金融系」「信販系」の3種類があり、それぞれに特徴があります。
今回はそれぞれの特徴や利点に関して比較いたします。
 

「銀行系カードローン」

銀行系カードローンはその名の通り銀行が運営しているカードローンのことで、主なものは以下となります。
 
~主な銀行系カードローン~
みずほ銀行カードローン




りそな銀行カードローン
 



三井住友銀行カードローン
 



 
上であげた銀行以外にも各地方銀行が運営しているカードローンがあります。
銀行が消費者金融の分野に取り組み始めたのは、不景気によって企業が設備投資などを抑え始めたため、融資の需要自体が少なくなってしまい、企業が銀行から借入れをしなくなってしまったことが原因です。
融資額が少なくなるとその分利息も減ってしまうため、銀行の収益が上がらなくなってしまいます。
そこで銀行はターゲットを企業から個人に変更し消費者金融業をはじめました。
 

銀行系カードローンの特徴

低金利
銀行系カードローンは他の種類のカードローンと比較すると年利が低く抑えられております。
それは、他のカードローンと違い豊かな預金を元に貸付を行うことができるためです。
具体的な例として、オリックス銀行カードローンでは最低金利が3%となっており、借入額が多い人がお得に借りることができますし、りそなプレミアムカードローンは最高年利が12.475%と小額借りたい人が気軽に借りられる年利まで抑えられています。
 
限度額
銀行系カードローンは他のカードローンに比べて限度額が高く設定されています。
コチラも金利と同じく銀行の豊かな資金力だからこそ実現できる限度額です。
具体的な例としては、みずほ銀行カードローンの限度額は最高1,000万円となっており、非常に高い限度額となっております。

またメガバンクが運営するカードローンは最高限度額が500万円程度はあるものが基本となっております。
また、銀行系カードローンは総量規制の対象外となっているので年収の3分の1以上の額を借り入れることができます。
 
安心感
運営元が銀行という信頼できる金融機関であるということもあり、やはり他のカードローン会社と比較すると安心感があります。
 
審査
上で述べた3点のように魅力的なサービスを提供している銀行系カードローンですが、その分審査は他のカードローンに比べて厳しいものとなっております。
審査が厳しいものであるため、時間がかかってしまう銀行系カードローンも多く、限度額が高く、金利の低いカードローンになればなるほどその傾向は強いです。

しかし、大手であれば「三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック」のように審査時間が最短30分となっているものもありますし、「新生銀行カードローンレイク」であればインターネットからの申込みで審査結果を即時確認することもできます。
ただし、審査が早いからといって審査が甘いというわけではないので注意が必要です。
 
総括
銀行系カードローンはその運営会社の銀行が持つ豊かな資金力を背景に、低金利・高限度額を実現しているため、非常にお得かつ、便利に利用することができますが、一方で審査は厳しく他のカードローンと比較すると審査に通りにくくなっています。
長期的にカードローンを利用したいとお考えの方や、借入額が多くなる予定がある方におすすめのカードローンです。
 

「消費者金融系カードローン」

消費者金融系カードローンは個人への貸出しを専門としている業者が運営を行っているため、利便性が高く審査も早い傾向があります。
主なカードローンは以下となります。
 
~主な消費者金融系カードローン会社~
プロミス
 




アコム





モビット
 


 

主な消費者金融系カードローンの特徴

審査
銀行系のものに比べて審査スピードが非常に速くなっております。
金利や、限度額が低く、個人向けの貸出しを専門に行っているということで審査基準や返済時の対応など独自のノウハウを持っていることが審査が早くなっていることが要因です。
具体的な例を挙げると、モビットは10秒簡易審査で、他の大手消費者金融も最短30分で審査が可能な金融がほとんどです。

利便性が高い
消費者金融系カードローンは個人向け貸出しの専門業者ならではの利便性を持っています。
無人契約機や、インターネット簡潔申込み、コンビニATMとの提携などユーザー視点に沿ったサービスが多く、使い勝手が非常によくなっています。
 
総括
消費者金融系サービスは個人向け貸出し専門業者ならではのノウハウを持ち、素早い審査や、使い勝手のよいサービスを提供していますが、一方で銀行系カードローンに比べて金利が高く、限度額が低くなっています。
小額を短期間、すぐに借りたいという人におすすめです。
 

「信販系カードローン」

信販系とは信用販売系会社の略称であり、主にクレジットカードを扱う会社のことです。
信販系会社ではカードローン専用のカードを発行しているものやクレジットカードにキャッシングの機能を追加するサービスを取り扱っています。

信販系カードローンの特徴

安心感

信販系会社は銀行と同じように知名度が高いことや、クレジットカードを持っている人が多いことなどから身近に感じることができ、安心感を持って利用することができます。
充実のサービス
信販系カードローンには個人顧客の多いクレジットカードを取り扱う会社ならではの充実したサービスがあります。
具体的な例としては、オリエントコーポレーションの発行する「CREST JEWEL」というカードローンは女性向けであることを前面に押し出し、エステや宿泊施設の割引を行っています。
 
審査、限度額、金利
信販系カードローンは銀行系が「審査が厳しいが金利が低い」、消費者金融系は「審査がゆるいが金利が高い」などのように決まった傾向があるわけではありません。
信販系カードローンの中には銀行系と同程度の金利のものや、消費者金融系と同程度の金利のものあります。
また、審査基準に関しては独自のノウハウを持っているため銀行系より通りやすい傾向にあります。
 
総括
信販系カードローンは個人顧客向けのクレジットカードのノウハウからお得なサービスを提供しているものが多く、審査は銀行系に比べ通りやすい。金利や限度額に関してはサービスによって様々です。
カードローンを利用しながらお得な特典も手に入れたいという肩にお勧めです。

最後に

3種類のカードローンはそれぞれにお勧めできる特徴があります。
お得に利用するか、今すぐに利用したいか、特典をもらいたいかなど様々な切り口で自分にあったカードローンを選びましょう。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る