キャッシングの無利息期間とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシングの利息とは

キャッシングを利用する際によく話題になるのが実質年率で、これが低ければ低いほど返済の負担は軽くなります。
実質年率は一年間お金を借入した時に発生する利息の割合ですので、例えば実質年率15%で10万円を借入を行った場合、一年で1万5000円の利息を払うということになります。

ただし、キャッシングの利息は毎日発生するものです。
そのため実際の計算では実質年率で出した利息を365日で割ることになるので、先ほどの例ならば
 
1万5000円÷365日=約41円
 
となりますので、毎日41円ずつ利息が上積みされていく計算になります。
1日経過するごとに利息が加算されていきますので、早め早めに返済をしていかないと利息はますます増えていきます。
もちろん、返済をして元金が減ればそれに応じて利息も減ります。
 
例えば返済をして元金を10万円から5万円まで減らすことに成功すれば、実質年率が同じ15%ならば、
 
5万円×15%÷365日=約21円
 
となるので、利息をほぼ半分まで減らせます。
キャッシングの利息はこのように元金を減らせば減らすほど利息が減っていきますので、お金を借入した当初はできるだけ高額返済をしておいた方が余計な利息を払わずに済みます。
 
返済を続ければやがて利息も減っていくのですが、実は一部の金融機関の中には借入した当初の利息が無料になる、無利息期間を設けているところがあります。
 

キャッシングの無利息期間とは

お金を借入れれば必ず利息が発生するものです。
その一方で、お金を借入れても利息が発生しない無利息期間とはどのようなものなのでしょう?
 
無利息期間とは金融機関が定めた期間内であれば利息が発生しないサービスで、無利息となる期間は金融機関によってバラバラになります。
借入した一週間だけ無利息とする金融機関もあれば、借入してから最大で180日間利息が無料になるというところもあります。
 
無利息期間は借入をしてからスタートになります。
カードローンは申し込みをしたからといってすぐにお金の借入を行わないといけないというものではありません。
借入れるタイミングは申込者が自由に決められます。
というのも、カードローンを契約すると融資を受けるためのカードが発行され、そのカードを通じてお金を借入れることができるからです。
 
ATMにカードを挿入し、暗証番号を入力して初めてお金を借入れることができますので、キャッシングは申し込みをするだけならば特に費用はかかりません。
クレジットカードと同じような感覚で使用できます。
 
クレジットカードならばショッピングをして決済をしてから利息が発生することになります。
カードローンも同じで、ATMでお金を借入れてから初めて利息が発生します。
そして無利息期間のある金融機関ならば、この利息の発生のタイミングを期間分だけ遅らせることができるのです。
 
1日ごとに発生する利息が50円で、無利息期間が30日ならば1500円分の利息が無料になります。
 

無利息期間のメリット

無利息期間のメリットは利息が期間中は無料になることです。
特に高額融資を必要としている方の場合、本来であればたとえ低金利であっても借入した当初は高額の利息を支払うことになりますが、無利息期間中であればその利息も発生しません。
 
ちなみに、キャッシングの返済では元金よりも先に利息が充当されます。
100万円の借入に対して10万円を返済したとしても、利息が5万円ならば元金への充足分は5万円まで減ってしまうので、借入額は95万円しか減りません。
しかし、無利息期間中に返済をすれば返済額をそのまま元金に充足させられるので、10万円返済をすることで借入額は90万円まで減ります。

たとえ無利息期間が終了したとしても、無利息期間から受けた恩恵はその後も続きます。
利息が発生しなかった分、借入額の返済のスピードも早まるため、期間終了後に発生する利息も少なくなるからです。
 
例えば無利息期間中に借入額を90万円まで減らした方と、利息があったため95万円までしか減らせなかった方とでは、元金に5万円分の差が生じます。
元金が高ければその分だけ利息も増えてしまうので、無利息期間中に高額返済ができた方はその後の返済の負担が楽になります。
 
ちなみに、無利息期間を設けている金融機関は一つだけではありません。
複数存在しますので、一つ目の金融機関の無利息期間が終了した後、別の金融機関に借り換えてしまえば、新しい借り換え先の金融機関の無利息期間を利用できるので、無利息期間を実質延長させることができます。
 

無利息期間の注意事項

利用者にとってメリットの大きいキャッシングの無利息期間ですが、注意すべきポイントもあります。
それは借入のタイミングです。
 
無利息期間は借入を行ってから初めて適用になります。
それまでは借入をしていないので無利息期間が適用されることはありません。
そのため借入のタイミングは非常に慎重に決める必要があります。
 
金融機関の中には即日融資を行ってくれるところもあり、当然ですが即日融資を行ってもらえばその日から無利息期間は適用されてしまいます。
即日振込は確かに便利なサービスですが、特にそれほど急いでいないのならば利用しない方が賢明です。
せっかくの無利息期間も、即日振込を利用したがために無駄に適用期間を早めてしまっては意味がないからです。
 
ちなみに、無利息期間を受けられるのは最初の一回目だけであり、二回目以降の借入に対しては適用されないことがほとんどですので、少額の融資を複数回に分けて借入れるくらいならば一度に大金を借入れた方が結果的に安くお金を借入れられる可能性がありますので、キャッシングをする前にこれから発生する利息を計算しましょう。
 
正しく金利を利息を計算することで、もっとも負担の少ない返済計画をたてることができます。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る