カードローンの返済が遅れた時は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンで最も気を付けなければならない“返済延滞”

カードローンを利用する方の中には、借入を行いお金が振り込まれると全ての手続きが完了したと感じる方もいらっしゃるかも知れません。
確かにカードローンを検討する際に、いつ・いくらを・どの位の金利で借入するかはとても重要であり、各企業の商品比較も必ず行って頂きたいポイントではあります。
 
しかしカードローンを利用する際に一番大切なのは、“きちんとした返済計画を立てること”です。
借入を行った後、月々の返済金額を遅滞なく返済することが可能なのか。
非現実的な返済計画を立てていないか、事前に十分チェックし見極める必要があります。
 
きちんとした返済計画を立てずに目先の利益だけを考えて借入を行った場合、その後返済を行う為の資金調達に苦しむことになります。
また、十分な返済計画を立てた方であっても、返済を繰り返していくうちについうっかり返済日を忘れてしまったり、返済にまわす予定の収入が急に途絶えてしまったりといったアクシデントに見舞われることもあるかも知れません。
 
では、実際に返済を延滞してしまった場合、一体どのようなデメリットが生じるのでしょうか。
 

カードローン返済を延滞した場合のデメリット

カードローンの返済を延滞してしまった場合には、一般的に次のようなデメリットがあります。
 
遅延損害金の発生
返済期日を過ぎても返済がなされない場合、「遅延損害金」というものが発生します。
企業側は返却される見込みだった分の資金が回収出来ない為、その分の損害を借入者に請求する権利があるのです。

遅延損害金の水準は各企業によって様々ですが、利息制限法によりカードローンの遅延損害金の上限利率は20%と定められており、基本的には上限の20%を設定している企業が多いようです。
この遅延損害金は普段支払っている利息とは別に徴収されるものです。20%というのも金利としては高水準に当たる為、何日も返済を延滞してしまうと大きな痛手となってしまいます。
1日でも早く返済を行うことが大切なのです。
 
カードローンの利用停止
返済を延滞しているうちは、いくら限度額にまだ空きがあるからといっても新たな借入は行えません。
貸し出した資金をきちんと返済してくれない顧客に対して融資を続けることは企業にとっても大きなリスクであるからです。
更に延滞を繰り返したり延滞する期間が長くなってしまったりすると、企業側の判断により今後新規の借入は不可能とされ返済しかできなくなってしまうこともあります。
カードローンと長い付き合いをするためにも、決められた期日に返済を行う癖をつけておきましょう。
 
個人信用情報に延滞情報が記載される
借入を行う上で一番気をつけなければならないのが、個人信用情報です。
これは企業が融資の審査を行う際に利用する情報のことで、その人が過去に行っている借入履歴や現在の借入状況・返済をきちんと行っているかなどの借入に関する情報が載っています。
カードローン返済の延滞を長期間続けてしまうと、この個人信用情報に事故情報として登録されてしまいます。
すると借入を行う上でブラックと見なされてしまい、他社でカードローンや住宅ローンなど個人融資を受けようと申し込んでも審査が通りづらくなってしまいます。
 
この個人信用情報は「その人が社会的にどれ程信用力があるか」をはかる一つの尺度となっています。
例えば銀行などでは融資のみでなく口座開設を行う際も個人信用情報照会を行う場合があります。
信用力の低い人だと見なされない為にも、個人信用情報を汚さないような借入・返済を行うことが大切なのです。
 

返済に困った時には早めに相談を

このように返済を延滞してしまうと様々なデメリットがあるため、借入を行った以上は決められた期日に決められた金額をきちんと返済していくことを一番に考えなければなりません。
しかし、見込んでいた収入がなくなったり、急な支払いが生じたりと、予期せぬ事態によりどうしても返済を行えない事態に陥る可能性を誰もが持っているということもまた事実です。
ではあなたが実際に返済を行えなくなってしまった場合、どのような措置を取れば良いのでしょうか。
 
何よりも重要なのは、「カードローン会社に状況をきちんと伝えること」です。
 
返済日までに返済が行えないと判明した時点で、出来るだけ早く連絡を入れましょう。
何の連絡もなしに返済を延滞してしまうのと、事前に説明を行っているのとでは企業の心証もまるで違います。
場合によっては返済日を遅らせてもらえたり、当月に関しては利息のみの支払いで対応してもらえたりすることもあります。
 
返済を延滞する際に逆に絶対に行ってはならないことは、企業からの連絡を無視することです。
お金の貸し借りが生じている以上、そのような行為は企業からの信用を失う行為となります。どんなに後ろ暗い気持ちがあっても状況はきちんと相手にも伝わるようにしましょう。
 

借入を行った以上遅滞なく返済を行うことは義務

貸金業法の改正もあり、カードローンにおいて昔のように悪質な督促電話や取り立てを行う企業はなくなりました。
しかしだからと言って借りたお金を返さずずるずると延滞をしてしまっては、企業にとっては勿論借入者自身にとっても信用力を失い遅延損害金支払いの義務が生じるなどデメリットしか存在しません。
きちんとした返済計画を立て、それをきちんと守りながら正しいカードローン生活を送って頂きたいと思います。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

SMBCモビット
SMBCモビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る