キャッシングの在籍確認は怖くない!知って安心の4つの基本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「キャッシングはしたい。でも審査段階の在籍確認で勤め先に電話がかかって、キャッシングを利用したことがバレるのが心配。」そんな不安を抱えている人は多いのではないでしょうか。この不安を解消するためにも、ここで「在籍確認とは何か」を法律や実務の面から理解しておきましょう。
 
基本さえ理解していれば、必要以上に在籍確認への不安を抱かなくて済みます。そうすればもっと気軽にキャッシングを利用できるようになるはずです。
 

1.在籍確認の基本を知ろう!

1-1.在籍確認は必ずしなくてはいけない!

キャッシングの利用者が申込時に申告した勤め先に本当に在籍しているかを確認する「在籍確認」は、基本的には必ずしなければならない手続きです。キャッシングを申し込んだ先が消費者金融であろうと、銀行であろうと変わりません。在籍確認は電話で行われ、勤務先に直接かかってくるのが一般的です。
 

1-2.在籍確認は「電話連絡」以外でもいい場合がある

しかし在籍確認が必ずしも電話連絡でなくてはならないわけではありません。「自分宛に外部からの電話がかかってくることがほとんどない」など職場での特殊な事情や状況を伝えれば、特別措置として電話連絡なしでの在籍確認をしてくれる場合もあるのです。
 
消費者金融なら電話連絡なしで在籍確認をしてくれるキャッシング会社がありますし、銀行の場合は「必要な場合のみ在籍確認を行う」としているキャッシングもあるため、「必要な場合」に該当しなければ在籍確認なしでもキャッシングが受けられる可能性はあります。
 

1-3.在籍確認は審査のどのタイミングで行われる?

在籍確認は通常審査の一番最後に行われます。つまりあらゆる審査基準(年収や他者からの借入金、その他の信用情報など)をクリアしたあとの、最後の作業なのです。そのため一般的には「在籍確認をすること」と「審査に通過すること」はほとんど同じことです。
 
ただし、ごくまれに在籍確認の段階で審査に落とされる人もいます。これは主に「電話確認で在籍が確認できなかった場合」です。ではこのようなケースはどういう場合に起こるのでしょうか?
 

 

1-4.在籍確認で審査が落ちる場合

在籍確認できずに審査を落とされてしまうケースとしては次のようなものが考えられます。
 
①会社のルールで個人宛の電話は取次をしないことになっていたため、在籍確認ができず審査落ちする。
②電話に出た人がたまたま自分と面識がない人で、「該当する従業員はいない」と回答してしまい審査落ちする。
③電話に出た人がキャッシング会社の電話を「怪しい電話だ」と判断し、取次しなかったため審査落ちする。
④職場に在籍確認の電話がかかってくるのを嫌がり、利用者自身が虚偽の内容を書いたため審査落ちする。
⑤在籍確認の時点で「まだその会社で働いていない」「すでに退職してしまっていて在籍していない」ため審査落ちする。
 
①のようなルールがある会社に勤めている場合や③のような可能性がある場合は、あらかじめ電話が入る前に「新しくクレジットカードを作ったので、カード会社から在籍確認の連絡が来る」などと伝えておけば、審査落ちは免れます。派遣社員や契約社員、アルバイトやパートとして勤務している場合、在籍確認での行き違いが起きやすく、②のような結果になりがちです。
 
キャッシング会社によっては電話確認の時間帯を指定できる場合もあるので、担当者と相談しておきましょう。
 
また、対応しているキャッシング会社は非常に少ないものの、あらかじめ電話以外での在籍確認をしているキャッシング会社を選んでおけば、こうしたケースでの審査落ちは回避できます。
 

2.在籍確認はどうやるの?

2-1.在籍確認の基本的な流れ

次に在籍確認の実際に近い流れを説明します。基本的に在籍確認は「電話に出る」「名前の確認をする」の2つで完了します。キャッシング会社によってはその場で住所や生年月日を聞く場合もありますが、電話自体は1分程度で終わるのが一般的です。
 
まず審査を担当するキャッシング会社のスタッフが個人の名前で勤め先に電話をかけます。この時に本人が出れば全く問題はありません。キャッシングの在籍確認である旨が伝えられ、在籍確認は完了です。もし本人が出られなくても、電話を受けた人が「今○○は席を外しております」などとその会社に勤めていることがわかる返答をすれば、問題なく在籍確認が完了する場合がほとんどです。
 
在籍確認に関しては職場にかかってくる電話だけで、自宅等への電話確認はありません。本人確認のための電話があるキャッシング会社もありますが、その場合は申込書等に携帯電話の番号を書いておけば自宅に電話がかかることはありません。そのため「会社への電話連絡による在籍確認」をクリアすれば、審査には通過したも同然なのです。
 
実際の在籍確認はあっという間に終わりますが、いくつか知っておきたい注意点があります。
 
例えば申し込んだ先が銀行の場合は、特別な要望がない限り銀行名を名乗って電話をかけてきます。もしそれを不審に思われる状況であれば希望して個人名で電話してもらう必要があるでしょう。また日曜日など会社が休みの日に申し込みをした場合は、在籍確認の電話連絡は次の営業日(月曜日など)になります。電話の取次担当者などに電話があるのを伝え忘れないようにする必要があります。
 
もし異性から自分宛に電話があると妙な勘ぐりをされるという場合は、事前に担当者の性別を指定しておくこともできます。後からトラブルに発展させないためにも、気になる点がある場合はそのままにせず、キャッシング会社の担当者にその都度質問するようにしましょう。
 

 

3.在籍確認の法的ルール

1分程度で終わる在籍確認ですが、この手続きには貸金業法による法的なルールがあります。それは「契約者以外の第三者に契約の事実を知らせてはいけない」というルールです。そのためもし電話口で取次担当者が「いったいこれは何の電話なのか」と問い詰めても、キャッシング会社が本当のことを言ってしまう可能性はありません。
 
ただし偽名を使ったり、嘘の社名を名乗るなりすましも同時に禁止されているため、担当者の個人名で電話連絡を行う場合が多いのです。
 
こうして考えると、在籍確認を通じてキャッシングを利用したことがバレる可能性は極めて低いことがわかります。ではなぜ「在籍確認でバレる」というケースが起こるのでしょうか?
 

4.在籍確認でなぜ「バレる」のか?

4-1会社にキャッシング経験者がいる

キャッシングが第三者にバレるパターンとして考えられるのは3つです。1つ目は「会社にキャッシング経験者がいる」場合。電話の取次担当者がたまたまキャッシングをしたことがある人で、電話での在籍確認の流れなどを知っていれば、「ひょっとしてこれはキャッシングの在籍確認かも」と感づかれてしまう可能性があります。
 
質問内容で感づかれる
本人が電話に出られず、しかも電話の取次担当者に対してその場で生年月日や住所の確認が行われた場合も不審に思われる可能性もあります。また本人が電話に出られた場合でも電話口で名前や生年月日などを伝えていると、周囲から「キャッシングの在籍確認かな?」と勘ぐられる可能性もゼロではありません。もし電話があってから「いやあ、クレジットカード会社からの確認の電話でした」と言っても言い訳に聞こえてしまいます。
 
これらの可能性をできるだけなくすためには、事前に取次担当者だけでなく他の従業員などにも「今日は自分にクレジットカード会社から電話がある」という旨を伝えておく必要があるでしょう。
 

4-2.かかってきた番号へのかけ直し

電話の取次担当者が在籍確認の電話を不審に思い、固定電話に表示された電話番号に折り返しの電話をかけてしまう場合にも、「バレる」可能性があります。キャッシング会社は通常非通知で電話をかけるため、基本的に折り返しの電話をかけることはできません。しかし会社の電話が非通知の着信拒否をしている場合は番号を通知して在籍確認をする場合があるのです。もしこの時に取次担当者が折り返してキャッシング会社につながってしまえば、キャッシングの利用がバレてしまいます。
 
このような可能性に対策を取っているキャッシング会社もあります。例えばアコムのコールセンターは、かけ直された時のためにコールセンターの名称を「ACサービスセンター」に変更しているのです。不安がある人は事前にキャッシング会社の担当者に問い合わせておきましょう。
 

5.どうしてもバレたくない!という人は

 

 

5-1.キャッシングの担当者に相談してみる

どうしても周囲の人にキャッシングの利用を知られたくないという人や、在籍確認で職場に電話をかけられるのがどうしても困るという人はまずキャッシング会社の担当者に相談すること。これが鉄則です。やむをえない事情や状況だと判断されれば、代替措置として申請した勤務先に在籍していることを証明できるような社員証、給料明細書などを提出で済ませてもらえる場合もあります。
 
また在籍確認について不安がある人はインターネット申込ではなく、電話での申し込みを利用しましょう。電話でなら担当者に在籍確認の方法や手順について細かく確認しながら申し込むことができるからです。
 

5-2.電話連絡なしのキャッシング業者を選ぶ

前述した「電話連絡なし」で在籍確認をしてくれるキャッシング会社をあらかじめ選ぶのも、周囲の人にキャッシングの利用をバレないようにする方法です。社員証や直近の給与明細、会社の健康保険証などの在籍の証明ができる書類をインターネットの申込フォームにアップロードするだけで、在籍確認が完了するキャッシング会社もあります。
 
しかし書類のアップロードをする際には反射やピントのずれ、カード情報が指で隠れてしまっているなど不備がないように注意しましょう。もし不備があると、直接職場や自分の携帯電話にキャッシング会社からの電話がかかってくる可能性があります。
 

5-3.インターネットを活用する

インターネット以外の方法(電話や実店舗など)でキャッシングを利用していると、毎月の利用明細書が自宅に送られてしまいます。同居人がいる場合はキャッシングの利用がバレる可能性は極めて高くなりますし、一人暮らしの場合でも訪問者に書類を見られてバレてしまう危険性もあるでしょう。各キャッシング会社のホームページなどで利用明細が確認できるように手続きをしておけばこの事態を回避することができます。
 
確かに在籍確認に限って言えば、電話連絡なしを確約してくれるキャッシング会社以外とのやりとりは、逐一相談できるため電話や実店舗の方が安心です。しかしそれ以降のやりとりは、インターネットを活用した方が、周囲の人にバレる可能性を軽減できることを覚えておきましょう。
 

6.こんな人でも会社連絡なしで借入可能

会社への電話連絡なしで在籍確認ができるのは、正社員だけではありません。派遣、自営業、アルバイトやパート、内職、日雇いの方の場合でも会社連絡なし、つまり在籍を証明できる書類を提出することでキャッシングを利用することができます。この場合の書類は社員証の代わりに収入証明書や給与明細などを提出(インターネット申込なら送信)することになります。
 

6-1.電話連絡なしのおすすめキャッシング会社

最後に電話連絡なしで在籍確認をしてくれるキャッシング会社の中から3社を紹介します。「どうしてもバレたくない!」という人は参考にしてください。
 
★三井住友銀行グループ SMBCモビット
三井住友銀行グループが展開するキャッシング会社・SMBCモビットの「WEB完結」サービスを利用すれば、書類のみの在籍確認でキャッシングすることができます。いくつかの必要書類を提出するだけで、会社はもちろん自宅への電話連絡もありません。ただしこのサービスを利用するためには4つの条件を満たしている必要があります。
 
1つは「三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っている」、2つ目は「本人確認書類(運転免許証もしくはパスポート)を持っている」、3つ目は「全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証を持っている」、4つ目が「直近の給与明細が2ヶ月分ある」です。
 
★三菱UFJフィナンシャルグループ アコム
★SMBCコンシューマーファイナンス プロミス


アコムやプロミスはどうしても在籍確認されては困るという人に対しては申込時に相談することで、事情次第で代替措置をとってくれる可能性があるキャッシング会社です。アコム、プロミスともに通常は電話での在籍確認を行っていますが、在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
 

7.まとめ

キャッシングの在籍確認で職場にキャッシングの利用がバレる可能性はそれほど高いわけではありません。しかしだからと言ってゼロでもありません。万が一のために対策を取っておきたい、あるいは会社への電話連絡がないキャッシング会社を利用したいという人も多いでしょう。
 
そういう場合は安心してキャッシングを利用するためにも、ここで紹介した方法やキャッシング会社を活用してください。
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

SMBCモビット
SMBCモビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る