アルバイトでもキャッシング審査が通過しやすくするポイントを教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルバイトで毎月の収入が多くないため、貯金を全くしていない!という方にとって、“急遽まとまったお金が必要”となったとき、とても慌てますよね。
 
そんな時、ご家族や気心の知れた友人にお金を借りられれば問題ないのですが、そのような身近な人にお金を借りることが出来ない場合、アルバイトの方でも融資を受けられる「キャッシングサービス」を利用することをオススメします。
 
しかし、「そもそも収入の少ないアルバイトにちゃんとお金を貸してくれるのか」「金利が低く、安心して借りられる業者はあるのか」と、不安を感じたことで申込みまでに至っていないアルバイトの方は多いのではないでしょうか。
 
今回は、アルバイトの方がキャッシングを利用する際に知っておきたい有益な情報をお伝えします。簡単に分かりやすく、10分程度で読める内容になっています。
 
アルバイトの方にオススメのキャッシング会社はこちら
 
最後まで読んで頂けると幸いです。
 

1.アルバイトでもキャッシングは利用できるのか

結論から言いますと、「アルバイトの方もキャッシングは利用できます。」アルバイトの方でも必ず審査を通過することができる保証はありませんが、アルバイトの方でも収入があると認められれば、十分にキャッシングサービスを受けられますので安心してください。
 
なぜ、そこまで言い切れるのか。現在の日本の労働人口の40%近くの約2000万人は、アルバイトやフリーター、派遣社員などの非正規雇用の方です。

もし、正規雇用の方にしかサービスを提供しないと決めてしまうと、約2000万人の方にサービスを利用してもらえる機会を逃すことになります。キャッシング会社もこのターゲットを逃すようなことはしません。あなたが20歳以上で安定した収入があれば、しっかりとキャッシング審査をしてもらえます。

また、実際に多くのアルバイトの方が、キャッシングを利用した実績がきちんとありますので、安心して審査に申し込んでみて下さい。
 

2.キャッシング審査について

キャッシング審査に申込む条件として、「20歳以上の成人で安定した収入(アルバイトを含む)がある」ことが必須になります。これを踏まえて、実際の審査では具体的に以下に記載する審査が行われています。
 
〇属性審査
→ 年齢、性別、年収、勤務先、家族構成などの申込み者自身の情報をもとに審査を行います。
 
〇書類確認
→ 提出書類は、運転免許証などの本人確認書類や、源泉徴収票などの収入証明書になります。
この確認は、申込み時に申告した内容に嘘がないかどうかを確認するために行われます。



〇在籍確認
→ 申込み者の勤務先に「本当に在籍しているか」を電話で確認する作業になります。ただ、確認電話の際にキャッシング会社の名前を名乗るようなことはありませんので、キャッシング審査を受けていることが会社の人にバレてしまう心配は必要ありません。
 
〇信用情報審査
→ 過去のローンやクレジットカードの利用履歴に問題がないかを確認します。信用情報機関には、個人のローンやクレジットカード利用に関する情報が保存されているため、過去の利用実績であなたの信用情報が確認されます。
 

3.審査を通過するための3つのポイント

ここで、アルバイトの方が審査を通過するために重要な3つのポイントをお伝えします。これらの3つのポイントをおさえていないと審査を通過することが難しくなります。
 
必要以上の希望額を記入しない
キャッシングを利用する際、「総量規制※」という法律により、「他社の借入を含めた借入額が年収の3分の1を超えてはいけない」という決まりがあります。

学生さんのアルバイトの年収は、平均で100万円前後だと思いますので、30万円以上の希望額は記入しない方が審査を通過しやすいことが言えます。
※「総量規制」とは、他社からの借入も含めた個人の借入金額の合計が年収の3分の1を超えてはいけないという法律です。
 
身分証明証をしっかりと用意する      
キャッシングの審査の際は、健康保険証や運転免許証などの身分証明証が必ず必要になります。あらかじめ手元に準備しておいてください。

□ 申込み内容にウソの情報を書かない
申込み内容を記入する際に、審査に通過したい!という思いが強くなり、実際の年収よりも高い額の年収を記入したくなる気持ちも分かりますが、ウソの情報は必ずバレてしまいますのでやめましょう!インターネット上での簡易審査ではバレないかもしれませんが、書類審査や信用情報審査でウソの情報は必ずバレてしまいます。

もし、そのような行為を行いキャッシング会社にバレてしまいますと、今後キャッシングサービスを利用することが出来なくなってしまう可能性がありますので、申込み内容にウソの情報を記入することは絶対にやめましょう!
 

4.アルバイトを始めたばかりでも審査は受けられます

アルバイトを始めて間もない方でもキャッシングを利用することができるのか。アルバイトを始めて間もないときは、貯金も少なく、キャッシングを利用したくなるタイミングの1つだと思います。アルバイトを始めて間もないとき、安定した収入があるとは言い難いと思っている方も多いと思いますが、キャッシング審査申込み時に申告する年収は、「実際に予測できる月収の12か月分の給料」を年収として算出し、現在の年収として用いることが出来るのです。

ですから、極端な話として、成人していてアルバイトの雇用を交わした時点で、キャッシングの審査を受けられるということになります。ただ、勤務年数が長ければ長い程、当然申込み者に対する信用度も増しますので、より審査が通過しやすくなることは間違いないです。
 

5.アルバイトの方におすすめのキャッシング会社

先程もお伝えしましたが、学生さんやフリーターの方でも、定期的に安定した収入があり、かつ勤続年数や年収などの情報を正確に記入していれば、借入の審査自体にはなんの問題もありません。 

では、実際にキャッシング審査に申込む際に、どのキャッシング会社に申込めばスムーズに審査を終えることができるのか、また低金利かつ安心して利用できるキャッシング会社はどこなのか。
 
ここで、アルバイトの方にオススメのキャッシング会社を紹介します。これを参考に、自分に合ったキャッシング会社に申込みしてみてはいかがでしょうか。



 

6.学生の方に優しい無利息期間サービス

キャッシング会社によっては、ある一定期間利息ゼロとして、キャッシングサービスを提供する「無利息期間サービス」を行っているところもあります。特に、年収の少ないアルバイトの方にとっては、嬉しいサービスですよね。

たとえば、「初回借入日の翌日から30日間無利息」というサービスなら、30日間は利息ゼロでお金を借りられます。つまり、このサービスを利用し無利息期間中に完済すれば、元金のみの返済で済むという大変オトクなサービスです。
 
無利息サービスを行っているキャッシング会社は、プロミス、アコム、新生銀行カードローン レイクなどがありますが、借入額が5万までと少額な場合は、新生銀行カードローン レイクの「180日間無利息(5万円まで)」が一番オトクです。
 
□無利息期間が始まるタイミング
無利息期間サービスの無利息期間が始まるタイミングは、2通りあります。それは、「契約日の翌日」と「初回借入日の翌日」になります。キャッシング会社によって、適用期間が異なりますので無利息サービスの適用期間は必ず確認しておきましょう。

特に、「契約日の翌日から無利息期間が始まる場合」は注意が必要です。この場合、契約日の翌日から無利息期間が開始してしまうため、契約日から借入れまで時間が空いてしまった場合、借入をしていない期間もサービス期間内とされてしまいますので気を付けてください。
 
□無利息期間中に完済出来ない場合
万が一、無利息期間中に返済期日が来てしまった場合、通常通りに返済をしなければなりませんが、ここで完済出来ずに延滞をしてしまうと、翌日から利息が発生します。つまり、延滞した時点で無利息期間が終了してしまい、翌日から金利が適用されます。

キャッシング会社のなかには、延滞すると無利息サービス自体が無効になることもあります。この場合、「借入初日から金利が発生していた」として利息を請求されます。ですから、返済の遅れにはくれぐれも注意しましょう。
(※)延滞すると、キャッシング会社によっては、さらに遅延損害金の支払いを求められる場合があります。この「遅延損害金」は、延滞に対する罰金のようなものです。だいたいの相場は年率20%程度で、利息に加えて支払わなければなりません。
 

7.最後に

アルバイトの方でもしっかりと審査条件を満たしていれば、審査を受けられることが分かりましたよね。先程も述べましたが、審査をより通過しやすくするためには、以下の3つのポイントが重要になります。

最後になりますが、計画的な返済プランを立て、キャッシングを活用し、みなさんの生活が有意義になればと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

SMBCモビット
SMBCモビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る