モビットで借りる前に必ず知っておきたいポイント3つ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「休みが取れたから旅行に行きたい」、「家賃の支払いが間に合いそうにない」などの理由から、「今すぐお金が必要」と思い、CMなどで見かけたモビットに興味を持った方は多いのではないでしょうか。
実際にモビットは審査時間が短く、当日融資も可能です。

でも、なぜ多くの人がモビットを利用しているのでしょうか。
 
モビットについて調べてみると、インターネット上にモビットに関する情報が多数ありますが、不明確な点が多かったり、内容が長かったりと十分に理解できないこともあるでしょう。
そこで、こちらの記事では、モビットについてよく理解できていない方のために、モビットの審査内容や人気の理由や審査を通過するための対策など、以下のポイントについて簡潔にお話します。
 
◆ポイント◆
・モビットが支持される理由
・モビットの具体的な審査内容
・審査に通過できない人の特徴
 
こちらの記事を読んで頂ければ、モビットについて簡単に頭の中を整理することができ、今後安心して計画的に利用して頂けると思います。
最後まで読んでいただけると幸いです。
 

1.モビットについて

 1-1.モビットとは

モビットは、現在会員数が39万人を超える大手消費者金融です。
「満20歳以上69歳以下の安定した収入がある人」を対象とし、キャッシングによる融資を行っています。

三井住友銀行グループのモビットは消費者金融なので、銀行がサービス提供を行っているわけではありません。
そのため、総量規制(※)の対象になりますのでご注意ください。
※総量規制とは、他社からの借入も含めた個人の借入金額の合計が年収の3分の1を超えてはいけないという法律です

ここで、モビットの金利と最大利用限度額を記載します。


  
他の消費者金融と比較すると、若干ではありますが、金利は低くまた利用限度額が高いことが言えます。
 

 1-2.モビットが支持される理由

モビットが支持される理由についてお話します。
モビットが人気の理由は、大きく2つあります。


  
1つ目は、「10秒簡易審査」です。
モビット独自の審査基準により、簡単ないくつかの個人情報を入力すると、10秒簡易審査を行い、結果を表示します。
詳細は後ほど説明します。

2つ目は、「Web完結型申込み」です。
モビットのWeb完結型申込みは、なんといっても来店が不要、電話でのやり取りがない、郵便物が届く心配がないことです。
したがって、わざわざ店舗に足を運ぶ手間が省けますし、電話や郵便物によって一緒に住むご家族にバレる心配がいらないということです。


 
しかし、このWeb完結型申込みを利用するには、以下の2つの条件が揃っていることが必要です。

■三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行どちらかの銀行口座を持っていること
■保険証を持っていること(社会保険証、組合保険証、船員保険証、国民健康保険証のうちいずれか1つ)

これらの条件が揃っている方は、実店舗に行く手間が省け、ご家族にバレてしまう心配がいらないWeb完
結型申込みを利用することをオススメします。
 

2.申込みについて

 2-1.即日融資が可能な申込み方法

モビットは、3つの申込み方法で、即日融資が可能となっています。
ここで、それぞれの申込み方法についてご説明します。

■即日融資が可能な申込み方法
1.Web完結型申込みによる方法
2.カード申込みによる方法
3.ローン申込機による方法 
4.Web完結申込みの場合
 
1.Web完結型申込みによる方法
 
 この申込み方法は、審査から融資までの流れが一番はやい申込み方法になります。
審査通過後、14時50分までに振込手続が完了すれば、原則その日のうちに現金が振り込まれるシステムとなっています。

■申込み
パソコン・スマートフォンからWebサイトにて、審査申込みを行います。
■審査結果
審査申込み後、最短30分以内にメールで審査結果の連絡がきます。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
■手続き完了
審査通過しましたら、インターネット上または電話にて入会手続きを行い、現金受取方法などを選択し、入会メールが到着しましたら手続き完了となります。
■書類返送
最後に、モビットに必要項目を記入した書類を送る必要がある場合がございます。
 
○モビットの借入方法
ここで、モビットの借入方法についてご説明します。
モビットは2通りの方法から借入を行うことが出来ます。

1.「振込みキャッシング」
-自分の指定口座に振り込んでもらう方法になります。
PC、スマホ、電話で指定口座に振込みを依頼します。(あらかじめ口座の登録が必要となります)

2.「提携ATMでのキャッシング」
-全国の提携ATMで現金を引き出す方法になります。お近くの銀行やコンビニでご利用いただけます。
【例】 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、セブン銀行など
 
2.カード申込みの場合


 
■申込み
パソコン・スマートフォンからWebサイトにて、審査申込みを行います。
■審査結果
審査申込み後、最短30分以内にメールまたは電話で審査結果の連絡がきます。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
■手続き完了
審査通過しましたら、インターネット上または電話にて入会手続きを行い、現金受取方法などを選択し、入会メールが到着しましたら手続き完了となります。
はやめの融資を希望させる方は、直接ローン申込み機で、カードを受取ることをオススメします。
■書類返送
最後に、モビットに必要項目を記入した書類を送る必要がある場合がございます。
 
Web完結型申込みと同様に、即日融資を希望される場合は、審査通過後14時50分までに振込手続きを済ませる必要があります。
また、指定する銀行口座については、国内のどの銀行口座でもご利用頂けます。
 
3.ローン申込機の場合

 
 
万が一、②のカード申込みの際に、14時50分までに審査と振込手続きを終えることが難しい場合は、ローン申込機で申込みを行い、申込機でローンカードを発行することで、即日融資を受けることが出来ます。
モビットの全国に設置されているローン申込機の営業時間は、基本的に21時までとなっているため、仕事帰りの社会人の方やアルバイト帰りの学生の方もご利用頂けます。
 
■申込み
全国のモビットローン申込み機で直接審査申込みとカード発行を行います。
■審査結果
原則、5分以内に電話にて審査結果の連絡が来ます。
■手続き完了
審査を通過しましたら、インターネット上または電話にて入会手続きを行い、現金受取方法などを選択し、入会メールが到着しましたら手続き完了となります。
■書類返送
最後に、モビットに必要項目を記入した書類を送る必要がある場合がございます。
 
もしローン申込機に行かれる前に時間があれば、事前にWebで申込みを済ませておくと、すぐにカードの発行を行うことができ、ローンカードを使用してATMにて現金を引き出すことが出来ます。
 

 2-2.申込み時に気を付けたいこと

モビットの申込み審査をより通過しやすくするために、申込み時に気を付けて頂きたいことがあります。以下に気を付けて頂きたいことを記載します。
 
■申込み時に気を付けたいこと
○ 直近3カ月以内に他社の金融機関の支払いを延滞する
○ 審査申込み記入内容に嘘の情報を書く 【例】年収をごまかす、他社借入金額をごまかすなど
○ 一度に多くの業者に申込む(2社以上)
○ 年収の3分の1以上の融資を希望する
○ 総量規制となる年収の3分の1以上の借金をする
 
万が一、これらの中の一つでも当てはまる項目があるようでしたら、申込審査を通過することが厳しくなります。
そういった状況の中で、再度申込みを行い審査に落ちてしまうと、次回の申込み審査がより通過しづらくなってしまいます。

もしそのような場合は、一旦申込みを諦め、条件が揃った時に再度モビットに申込みすることをオススメします。
 

3. 審査に関して

 3-1. モビットの審査の特徴

「満20歳以上69歳以下の安定した収入がある方」であれば誰でも申込みを行うことができますが、キャッシングには審査があります。
モビットの審査の特徴として、以下のことが言えます。


 
モビットは、業界最短の10秒簡易審査が売りの1つであり、とにかく審査がはやいことで有名です。
ですから、「今日、今すぐお金が必要!」という方には強い味方です。

このモビットの審査がはやい理由としては、他社に比べて審査ノウハウがあることです。そのため10秒で簡易審査結果表示することができます。

■10秒簡易審査について
10秒簡易審査は、以下の項目を入力後、審査ノウハウを持ったコンピューターがスコアを算出し、10秒で簡易審査結果表示します。
○入力項目
・お客様情報(氏名、年齢などの基本情報)
・住居情報(住所、住まいの種類)
・勤め先情報(会社名、電話番号、入社年月、前年度年収)
・契約希望額情報(他社借入件数【住宅ローンなどの有担保ローンは除く】、希望額【10~800万】など)
原則、10秒簡易審査を通過することが出来れば、モビットでキャッシングを受けられます。ただ、過去のキャッシングなどに問題がある場合は、本審査で落ちてしまう場合があります。
 

 3-2.審査に通過できない人の特徴

ここで、一般的なキャッシングの申込み審査において、審査を通過することが出来なかった人に共通する特徴をお話します。
10秒簡易審査は通過しても、本審査で落ちてしまう人は、大抵これらが当てはまると思います。


 
これらは、モビットに限らずキャッシングの申込み審査時に影響が出る可能性が高いので、注意して下さい。
ですから、これらに当てはまらないようであれば、申込み審査の通過率はぐっと上がります。
 

4.返済について

 4-1.3通りの返済方法

では、実際にキャッシングを利用した際の返済方法についてお話します。
モビットの返済方法は、3通りあります。

  

①銀行やコンビニなどに設置されている提携ATMを使って返済する方法になります。
②毎月返済する作業が手間!という方は、口座引き落としによる返済方法をオススメします。
③モビットの貯金口座へ振り込む方法です。この方法は、銀行からの振り込みやご自宅でのネットによる銀行取引でも返済が可能となり、状況に応じた返済ができます。
 

 4-2.月の返済額

では、具体的な月々の返済額の一例をご紹介します。
月々の返済額は、借入残高により異なります。
以下に、月々の返済額の一例を表にまとめます(※これは一例であり、キャッシング額に応じて変わります)


 
なお、1度に100万円を超えた金額を借入する場合は、利用残高が20万円増額するごとに返済額が4000円ずつ増額しますので、ご注意ください。
 

6. 最後に

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。
モビットについて理解が深まったでしょうか。

こちらの記事を読んで頂いた方は、モビットについてきちんと理解が深まったと思いますので、今一度しっかりと頭の中を整理し、計画的な返済プランを考えた上で、モビットに申込むことをオススメします。

>>モビットへの申込はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る