キャッシング・ローンの違いとはじめてお金を借りたい方の必須知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

急ぎでお金を借りたいけれど、「融資って難しそうな言葉が多くて不安」、そもそも「キャッシングとローンってどう違うの?」「キャッシングとクレジットカードのキャッシング機能ってどう違うの?」、「銀行系キャッシングと消費者金融系キャッシングの違いは?」など、融資に関する用語の多さと難しさを前に断念してしまったことはありませんか。

知識が不十分なまま融資を受けると大きく損をしてしまうことがあります。
本記事を読んで「キャッシング」、「ローン」など融資の際に知っておくべきの用語を整理し、理解してください。

そうすれば安心してお金を借りられるはずです。

なお本記事では「ローン」という用語は、「カードローン」に絞ってご紹介します。
 

1.「キャッシング」、「カードローン」等融資に関する用語を整理する2つの軸

よく聞く融資の言葉にはどのようなものがあるでしょうか。
「キャッシング」、「カードローン」、「クレジットカードキャッシング機能」など沢山難しそうな言葉があり、かつあいまいに使用されていて、はじめてお金を借りる方の大きな壁として立ちはだかっているのが現状です。

本記事ではあいまいに使用されやすい「キャッシング」や「ローン」の言葉を『返済方法』、『借り入れ先』の2つ軸で整理していきます。
『返済方法』として「一括返済」、「分割返済」、「リボ返済」を紹介し、『借り入れ先』として「銀行」、「消費者金融」、「信販会社」を紹介します。

これら二つの軸で整理することにより、「キャッシング」や「ローン」には「銀行系キャッシング」、「消費者金融系キャッシング」、「銀行系カードローン(分割返済)」、「消費者金融系カードローン(分割返済)」、「銀行系カードローン(リボ返済)」、「消費者金融系カードローン(リボ返済)」、「クレジットカードキャッシング機能(一括返済)」、「クレジットカードキャッシング機能(分割返済)」、「クレジットカードキャッシング機能(リボ返済)」の9つの用語があることを明確にし、最後に表で分かりやすく説明をしますので、最後まで読んで下さい。

ただし、実際はこれら9つの用語をまとめて「キャッシング」や「カードローン」と呼ばれることがあります。
しかし、はじめのうちはこれらの用語をしっかり分けてそれぞれの特徴を理解した上で使用することをおすすめします。

それぞれの特徴を理解せず曖昧に使用してしまうと、いつまでたっても理解は進みません。
 

2.返済方法の軸

返済する方法は、「一括返済」、「分割返済」、「リボ返済」の3種類が一般的です。
これら3種の特徴、メリット、デメリットを整理すると以下のようになります。
 
特徴 メリット デメリット
一括返済 決められた期日までに、借りたお金と利息分の合計を返済 利息分の負担が小さい 一回当たりの返済額が大きい
分割返済 >定めた回数で割った金額に利息を上乗せした金額を返済 一回当たりの返済額が小さい 一括返済よりも返済期間が延びるため利息が増える
リボ返済 借り入れ金額にかかわらず、定めた一定の金額を返済 返済額を一定にすることができる 残高に対する返済額が小さくなり、返済が長期化しやすい

一般的に「一括返済」→「分割返済」→「リボ返済」の順に一回当たりの返済額は大きくなり、利息の金額は小さくなります。
そのため、こちらは今後の収入の状況をみて、どの返済方法を選ぶべきか判断する必要があります。
 

3.借り入れ先の軸

借り入れ先は、「銀行」、「消費者金融」、「信販会社」が一般的です。
「消費者金融」と「信販会社」はノンバンクと呼ばれます。
「信販会社」はいわゆるクレジット会社と思っていただければと思います。 <
メリット デメリット
銀行 ・総量規制の対象外のため借り入れできる金額が大きい
・配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも融資を受けることができる
・金利が低い
・審査が厳しく時間がかかる
消費者金融 ・審査の時間が短い
・無利息期間を設定している会社がある
・総量規制の対象となるため、年収の1/3までしか借りることができない
・銀行に比べ金利が高いことが多い
信販会社 ・クレジットカードを持っていればお申込み不要
・クレジットカードを持っていれば、素早く融資を受けることができる
 
・クレジットカードを発行するときに審査が必要
・借り入れの上限金額が銀行や消費者金融に比べて小さいことが多い
・銀行に比べ金利が高いことが多い

一般的に「銀行」→「消費者金融」→「信販会社」の順に借り入れの上限金額が大きくなり、審査も厳しくなります。
借りたい金額、審査にかけられる時間等を考慮して、『借り入れ先』を決定する必要があります。
 

 4.「キャッシング」、「カードローン」等融資に関する用語の整理

それでは上記2つの軸を用いて「キャッシング」、「ローン」等融資に関する用語を整理します。
説明の方針は以下のようになります。

『返済方法』が「一括返済」で『借り入れ先』が「銀行」または「消費者金融」の融資を「キャッシング」と呼びます。
『返済方法』が「分割払い」または「リボ払い」で『借り入れ先』が「銀行」または「消費者金融」の融資を「カードローン」と呼びます。
『返済方法』に関わらず、『借り入れ先』が「信販会社」の融資を「クレジットカードキャッシング機能」と呼びます。

この方針を考慮し、図で整理すると下図のようになります。
 
借り入れ先
銀行 消費者金融 信販会社
返済方法 一括返済 銀行系
キャッシング
消費者金融系
キャッシング
クレジットカード
キャッシング機能
(一括返済)
分割返済 銀行系
カードローン
(分割返済)
消費者金融系
カードローン
(分割返済)
クレジットカード
キャッシング機能
(分割返済)
リボ返済 銀行系
カードローン
(リボ返済)
消費者金融系
カードローン
(リボ返済)
クレジットカード
キャッシング機能
(リボ返済)
 
いかがでしょうか?
融資に関する用語の整理ができていないと、これだけ多くのパターンを「キャッシング」という言葉でまとめてしまうことになります。
混乱してもしょうがないですね。

ただし、近年「キャッシング」にも分割返済可能なものが出てきたり、境界はあいまいになっているのが現状です。
金融機関も、「キャッシング」や「カードローン」といった言葉で上記9つの用語をまとめてしまっている場合もあります。

しかし、これらの用語の整理を行い、今自分が使っている言葉がどの部分のことを指しているのかを正しく理解している方とできていない方では安心してお金を借りられるかが変わってきます。
最後にそれぞれのメリット・デメリットを簡単にまとめます。あなたの状況にあった融資を選ぶ際の目安にしていただければと思います。
メリット デメリット
銀行キャッシング ・借り入れできる金額が大きい
・利息分の負担が小さい
・審査に時間がかかる
・一回当たりの返済金額が大きい
銀行カードローン
(分割返済)
・借り入れできる金額が大きい
・一回当たりの返済金額が小さい
・審査に時間がかかる
・利息分が増えやすい
銀行カードローン
(リボ返済)
・借り入れできる金額が大きい
・返済額を一定にすることができる
・審査に時間がかかる
・利息分が大きく増えやすい
消費者金融系キャッシング ・審査の時間が短い
・利息分の負担が小さい
・年収の1/3までしか借りることができない
・一回当たりの返済金額が大きい
消費者金融系カードローン
(分割返済)
・審査の時間が短い
・一回当たりの返済金額が小さい
・年収の1/3までしか借りることができない
・利息分が増えやすい
消費者金融系カードローン
(リボ返済)
・審査の時間が短い
・返済額を一定にすることができる
・年収の1/3までしか借りることができない
・利息分が大きく増えやすい
ジットカードのキャッシング機能
(一括返済)
・クレジットカードを持っていれば、素早く融資を受けることができる
・利息分の負担が小さい
・借り入れの上限金額が銀行や消費者金融に比べて小さいことが多い
・一回当たりの返済金額が大きい
クレジットカードのキャッシング機能
(分割返済)
・クレジットカードを持っていれば、素早く融資を受けることができる
・一回当たりの返済金額が小さい
・借り入れの上限金額が銀行や消費者金融に比べて小さいことが多い
・利息分が増えやすい
クレジットカードのキャッシング機能
(分割返済)
・クレジットカードを持っていれば、素早く融資を受けることができる
・返済額を一定にすることができる
・借り入れの上限金額が銀行や消費者金融に比べて小さいことが多い
・利息分が大きく増えやすい
 

5.まとめ

本記事で説明したことを以下箇条書きにまとめます。

・「キャッシング」、「カードローン」等融資に関する用語は『返済方法の軸』、『借り入れ先の軸』を用いることで整理することができる。
・『返済方法の軸』に関しては「一括返済」、「分割返済」、「リボ返済」などがあり、それぞれ一回の返済金額と利息の金額が異なる。
・『借り入れ先の軸』に関しては「銀行」、「消費者金融」、「信販会社」があり、それぞれ審査にかかる時間や借り入れ金額の上限が異なる。
・近年キャッシング・カードローンの境界はあいまいになってきている。
・融資に関する用語の整理ができていないと多くのパターンを一つの言葉で表現してしまい、どれの意味を指しているのかがあいまいになってしまい混乱を招いてしまう。

自分の状況を本記事に照らし合わせて、安心してお金を借りられるよう、何度も読み返してみて下さい。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る