収入がなくても通る!クレジットカード審査に通るための3大ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「クレジットカードを作ろうとしたら、審査に落ちてしまった・・・」
「再度申込をしたけどやっぱり審査にとおらない・・・」
そんな悩みをお持ちではありませんか?
 
分割払いやネットショッピングなどの決済に便利なクレジットカードですが、審査に通らずに悩んでいる方は少なからずいるのではないでしょうか。
 
特に、「何度も申込しているのに、なかなか審査に通らない!」という方は、まず、クレジットカードの審査の仕組みを知ることが必要です。
 
今回は、クレジットカードの審査に通るための3つのポイントで審査をご紹介します。

・申込情報に基づいた審査のポイント
・クレジットヒストリーに基づいた審査のポイント
・クレジットカードの種類とそれぞれの難易度
 
これらのポイントを押さえて、クレジットカードの審査を通過しましょう。
 

1.クレジットカード審査について

 1-1.クレジットカードの審査のポイント

クレジットカードの審査は、3つの観点、「3C:Capacity (資力)、Capital(資産)、Character(性格)」から行われています。
これらを押さえることで、クレジットカード会社は、貸し出したお金が返済されないというリスクを回避しています。
 

 
上記の3つのポイントを確認するため、クレジットカード会社は審査を行う際に、申込時に記入された情報と、クレジットヒストリーという申込者の過去のクレジット利用履歴の2つを利用します。
 
カード会社は、申込時に記入された情報を元に申込者に対して得点を与え、システム的に第一審査を行います。
この審査は「スコアリング」と呼ばれ、申込者の「Capacity (資力)」や「Capital(資産)」を図ります。
 
このスコアリングで合格点に達していなければ、次の審査段階には進むことなく審査落ちとなってしまいます。
そのため、申込みの際には注意が必要です。いくつかポイントがあるので後ほどご説明します。
 
スコアリングの審査に通れば、「クレジットヒストリー」を用いた審査を受けることになります。

クレジットヒストリーとは、銀行や信販会社におけるローンや他社クレジットカードの利用履歴や返済情報、金融事故情報(延滞の記録、金融事故の情報(金融ブラック)、破産信用情報、異動情報など)を指します。
これらを用いてカード会社は、申込者の「Character(性格)」を確認します。
 
上記2つに問題がなければ、クレジットカードの審査通過となります。
これらを用いた審査基準の具体的な中身は、カード会社の中でも開示されておらず、カード会社に勤務していた人も一度もその中身に触れたことのない人がほとんどと言われています。
しかし、審査の際に押さえておくべきポイントは存在します。
 
また、カード会社やクレジットカードの種類によって審査基準は異なり、同じスコアリングの得点でも、審査に通らないことがあります。
これは、カード会社やカードによって、ターゲット、つまり、どういった人にカードを作ってもらいたかが異なるためです。

例えば、専業主婦の若い女性をターゲットしたカードの審査基準を、会社でバリバリ働く高年収の40代の男性をターゲットにしたものと同じようにすると、審査に通過する人が本来のターゲットから大きくズレてしまいます。

このことから、クレジットカードのターゲット層を把握し、自分に合ったカードを知ることが、クレジットカードの審査に通過する上で重要なことがわかると思います。
記事の第2章ではこのクレジットカードの種類や難易度についてご説明します。
 

 1-2.申込情報に基づいた審査のポイント

まず、クレジットカード審査の第一ポイントである、申込情報による審査、”スコアリング”について見ていきましょう。
 
クレジットカードを申し込む際に記入する情報については、おおよそどの会社でも共通しており、それぞれの項目の評価の傾向についてまとめると以下のようになっています。
 

 
上記の項目の中で、居住年数・税込年収・勤続年数に関しては、四捨五入して大きくした方がスコアリングの点数が高くなるので、数字の端数切り捨てではなく、四捨五入で切り上げるように注意しましょう。
この3つの項目に関しては多少盛っても問題ないと言われていますが、それ以外の項目に関しては、正確に書く必要があります。
 
実際の自分のステータスとあまりにも乖離している情報を記入すると、その後のクレジットヒストリーの確認で嘘が発覚して審査に落ちてしまい、最悪の場合、その会社のブラックリストに入ってしまう可能性があるので、できる限り正直に記入する必要があります。
 
上記のような点に加えて抑えておくべきは、「必須でなくてもできる限り全ての項目を記入する」という点です。
どんなに後ろめたい情報でも、記入をしないとスコアは0になってしまい、その項目で最悪の評価になるよりもスコアリングの点数が低くなると言われています。

したがって、たとえ必須でなくともできる限り記入をすることが、スコアリング審査通過のための重要なポイントとなります。
 
また、もし紙で申込の情報を記入するのであれば、必ず誰が読んでもわかるように丁寧に記入していくことを心がけてください。
申込の条件にも、申込時に記入された情報にも、クレジットヒストリーにも問題はなかったのに、文字が判読できないせいで審査に落ちた人もいますので、細心の注意を払ってください。
 
最後に、申込情報による審査で押さえるべきポイントをまとめると以下のようになります。


 

 1-3.クレジットヒストリーに基づいた審査のポイント

スコアリングに合格した後に、申込をされた方の過去のクレジット利用履歴、クレジットヒストリーを確認して、最終的な合否と、利用限度額の設定が行われます。

クレジットヒストリーとは、銀行や信販会社におけるローンや他社クレジットカードの利用履歴や返済情報、金融事故情報(延滞の記録、金融事故の情報(金融ブラック、破産信用情報(破産情報)、異動情報など))といったものを指します。
最近では、このクレジットヒストリーの審査に関しても自動化がされつつあると言われていますが、今も変わらず、カード会社はこのクレジットヒストリーの審査に際して信用情報機関に問合せを行います。
 
信用情報機関というのは、金融機関から提供される「個人の信用情報」を保有する機関で、日本には、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)の3社が存在しています。
 
それぞれに扱う信用情報が異なりますが、簡単にまとめると下記のようになります。


 
実際に個人信用情報機関が保有している情報は以下のようになります。
 
 
さらに、それぞれの信用情報機関が金融事故情報を保有する期間は以下のようになっています。
 

 
ご自身のクレジットヒストリーで、上記の項目に問題がなければ、カードの審査に通ることができます。
先ほどのスコアリングの箇所で問題がないにも関わらず、落ちてしまう人は、ここに問題があります。

特に、審査落ちをされる方で多いのは、一度カード審査に落ちた後、6ヶ月以内に再度カードを申し込んでしまっている方です。
審査落ちの記録が残っていると、スコアリング等には全く問題がない場合でも無条件で審査に落ちてしまうと言われていますので、この点には十分注意が必要です。
 
また、それぞれの信用情報機関はつながっており、情報は共有されるので、クレジットカードを作成する際には、全てのクレジット履歴の状態に問題がないことが必要です。
これらの情報に不安のある場合には、問い合わせて自分で確認することができるので、一度問合せを行なってみるとよいでしょう。
 

2.クレジットカードの種類について 

 2-1. クレジットカードの分類と審査難易度

カード会社がカードを作る際には、ターゲットを決めています。
どのような人にどういったシーンで利用してもらうかを想定した上で、審査基準を作っているため、自分に合わないカードに申し込んでしまうと、審査に落ちるだけでなく、半年間カードが作れない状態になってしまう可能性があるので注意が必要です。
 
一般的に言われている分類は以下の5種類ほどあり、審査の厳しい順番で並べると「銀行系>信販系>航空系・石油系>流通系・消費者金融系」のようになります。

審査基準の厳しいクレジットカードを作るためには、スコアリングよりも、健全なクレジットヒストリーが重要視される傾向にあると言われています。
したがって、まずは、流通系のカードから作成して、健全なクレヒスを作り、徐々に難易度の高いカードを作っていくことが王道と言えます。
 
ここで、年収が少なくても通りやすいと言われているカードを紹介しておきます。
 
まずは、流通系のカードです。
流通系カードの場合は、できる限りショッピング利用をしてもらうことを目的としていますので、専業主婦やOLなどのショッピングにお金を使ってくれる女性や、ファッションビルなどを多く利用する学生でも審査に通りやすいと言われています。

例としては、エポスカードやルミネカード、楽天カードや、ファミマTカード、イオンカードなどが挙げられます。
 
また、消費者金融系のカードもおすすめです。
中でもアコムACマスターカードは、スコアリングの比重が高く、最初にカードを作る方でも通り易いと言われています。
 

 
以上のような審査に通りやすいカードに1章で触れたポイントに気をつけながら申し込めば、比較的クレジットカードを作りやすくなるでしょう。
 

 2-2. カードローンについて

ちなみに参考ですが、流通系・消費者金融系のクレジットカードが作れなかったけれど、どうしても分割払いで買いたいものがある、あるいは、もしも急にお金が必要になったときのために備えておきたいという方には、カードローンがおすすめです。
 
カードローンは、一時的にお金を借りて、欲しいものを買うことができるという点では、クレジットカードと同じものです。
必要な時にカードローン会社からお金を借り入れ、毎月分割で返済していく、といった形でクレジット払いを行うことができます。
 
また、カードローンを利用することで、クレジットヒストリーをつくっていくことができるため、将来的にクレジットカードを作る際に有利になります。
クレジットカード審査に通るかどうか不安がある方は是非一度検討してみてください。
 
★オススメのカードローン★
 モビット


アコム
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る