借入の方法が分からない?カードローンの特徴3つと借入方法のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お金を借りたいけどどうしら良いか分からない」
「カ―ドローン?銀行借入??キャッシング???」
 
何となく言葉は知っているけど、意味は良く理解していない・・・このような人は多いのではないでしょうか?
本記事では、カードローンを例に借入の方法についてご紹介していきます。
 
それぞれの借り方には特徴はありますが、申し込みの流れや審査に大きな差はありません。
カードローンを軸にしながら借入の方法について理解していきましょう。
________________________
1.カードローンとは?  
1.1カードロ-ンの特徴  
1.2カードローンの安全性
2.申し込みについて
2.1審査内容
2.2総量規制
2.3申し込みの留意点
3.オススメのカードローン紹介
4.最後に
_________________________

1.カードローンとは?

 1.1カードローンの特徴

カードローンとは予め決められた融資額の範囲で、発行されたカードを使いATMなどを通して借入が出来るサービスです。
審査に通過しカードさえ作っておけば、必要な時に現金を借入できるという便利さがあります。

サービスを提供している企業は様々ですが、銀行と消費者金融のカードローンが種類も豊富で多くの人に利用されています。
 
カードローンは、キャッシングやクレジットカードに比べ下記のような特徴があります。
まず、カードローン・キャッシングは現金を借りることで、クレジットカードはショッピングの際にお金を一時的に立て替えてくれるサービスです。
そして、現金を借りる方法でも、返済を一括で行うものをキャッシング、リボルビングか分割で行うものをローンと呼んでいます。
 
ローンの特徴として、比較的大口の融資を受けられることがあげられます。
大口の融資を受けるためにリボルビング払いや分割払いになっていると言った方が分かりやすいかもしれません。

また、ローンの中でも、カードローンは借入金の使用用途が自由という特徴があります。
住宅ローンや自動車ローンのように借入の目的が決まっておらず、様々な場面で利用できるのが大きなメリットです。


 

1.2カードローンの安全性

カードローンを含めて、借入をする事に対し怖いイメージを持っている方も居るかもしれません。
確かに、闇金と呼ばれる法外な高金利でお金を貸し出し、暴力的な取り立てをする業者も一部存在します。

しかし、これらの業者は極一部であり、銀行は勿論のこと、基本的に消費者金融業者は法律に従い安全な営業を行っています。
 
基本的に、お金を貸し出す際のきまりは貸金業法という法律で定められており、法律に則った金利・貸し出し方法が決められています。
これらの法律を守らない闇金は、近年の取り締まりの強化によりかなり少なくなってきています。

逆に、テレビCMなど大々的な広告を使っている大手企業であれば、法外な金利や危険な取り立てをされることは間違いなくありません。
 

2.申し込みについて

 2.1審査内容

審査でカードローン会社が見極めているのは「貸したお金を返済してくれるのか」です。
当たり前ですが、この判断をするために様々な角度から申込者を審査しているのです。
 
多くの審査項目の中でも、特に重要なのが安定した収入があるかどうかです。
よく年収の金額が大事だと誤解される事がありますが、カードローンの審査を通過するかどうかは額の大きさではなく収入が安定しているかを見られています。

ただし、カードローン会社は返済してくれると思う金額のみ貸出を行うため、年収が低いとそれに応じた限度額でしか借入ができないようになっています。
 
また、審査をする上で、カードローン会社はいわゆる属性と呼ばれるものを見ています。
これは正社員なのかアルバイトなのか、職業は何で勤続年数は何年なのか、独身なのか家族持ちなのか、持ち家なのか賃貸なのか、等の返済をしてくれるかどうかの判断基準を項目別に示したもので、この属性に点数をつけていき融資をするかを判断します。

大事なのは、これらの項目はすぐに変わるものでも、嘘を貫けるものでもないので、事実をしっかりと申告することです。
仮に、嘘をついている初対面の人に頼まれても自分のお金は貸さないですよね?
それと同じなので、カードローン会社に信頼できる人だと思われるように誠実に対応をしましょう。
 
また、審査には時間がかかりますが、この審査時間に関しては消費者金融の方が圧倒的に早いです。
最短では30分程度で審査が終わるサービスもあり、急いで借入をしたい方は消費者金融に申し込みをすると良いでしょう。

なぜ審査スピードに差が出るのかと言うと、消費者金融は自社で審査を行うのに対し、銀行では銀行での審査に加えて保証会社の審査もあり2つの審査を通る必要があるためです。

銀行では審査スピードで劣る分、金利が低めに設定されている等のメリットもありますので、状況に応じて消費者金融と銀行を使い分けるのが良いでしょう。

 

 2.2総量規制

審査に関連して、重要になってくるルールが総量規制です。
これは2010年に施行された貸金業法において、年収の3分の1を超える借入が出来ないように定められた法律です。

これまでにも多くの業者から借入をしている方や、これから大きな額の借入をしたいと思っている方は注意して下さい。


 
総量規制の対象でも除外や例外となる場合もあります。
例えば、住宅ローンや自動車ローン、不動産を担保にした借入や緊急の医療費、顧客に一方的に有利になる借換え、などです。

顧客に一方的に有利になる借換えとは所謂おまとめローンのことで、これまでに複数社から借入をしている方は、おまとめローンを利用しローンをまとめることで返済が楽になる可能性があります。
何か特別な事情や目的がありカードローンを申し込む際には、その旨を審査の際に伝えておくと良いかもしれません。
 
 

 2.3申し込みの留意点

これまで紹介してきた審査内容以外にも、申し込みの際に留意しておくと良い点があるので列挙しておきます。
 


・同時に複数社に申し込まない
資金繰りで切羽詰まっているのが見え見えで、返済の可能性が低いと判断されます。同時に申し込むのはせめて2社までにしておきましょう。
 
・インターネット完結型サービスを利用
インターネットからで申し込みから融資までを受けられるサービスも存在します。急いでいる方や、店舗に行く時間の無い人は利用してみると良いかもしれません。
 
・無利息期間を有効活用
一部のサービスでは、初回の借入で契約後の30日間は無利息で利用できる等のキャンペーンを実施していることもあります。すぐにお金が必要だが返済の目途がたっている場合などは有効に活用しましょう。
 
・金利は最高金利を参照
金利の表記として○.○%~△.△%と書かれていることが多いですが、この場合△.△%の方の金利を重要視しましょう。100万円以下の借入限度額の場合(初めての借入の方はほとんどが当てはまると思います)、ほぼこの最高金利の方が適応されるからです。
 
・収入証明書の提出義務
新規での50万円以上の借入、もしくは他社を含めた借入額の合計が100万円以上になる場合には収入証明書の提出が義務づけられています。当てはまる場合は源泉徴収票などの準備をしておきましょう。
 

3.オススメのカードローン紹介

最後に、オススメのカードローンの紹介をしておきます。
これまで紹介してきたように、一口にカードローンと言っても様々なサービスがありそれぞれ特徴があります。

今回はその中でも特徴のある3社についてピックアップしてみました。

アコム(消費者金融系)
アコムは消費者金融系の最大手サービスです。
最大手と聞いて「安心感はあるけど、審査が遅い」と思われがちですが、アコムは審査スピードが早いのが強みです。



アイフル(消費者金融系)
アイフルは即日審査で少額からの融資が可能な消費者金融系のサービスです。
1,000円から借入ができるため、少額をすぐに借りたい人にオススメのサービスになります。
 


バンクイック(銀行系)
バンクイックは低金利が魅力の銀行系サービスです。
最高金利が14.6%と非常に低く、審査を急がないのであればお得に借入が出来るサービスになっています。
銀行系ならではの安心感もあります。


 

4.最後に

カードローンの借入について理解いただけたでしょうか?

借入の方法は他にもありますが、大口の融資や使用用途が自由などメリットも大きく、多くの人に利用されている理由が分かると思います。
現金が必要になった時に即日で融資をしてくれる点も魅力的ですね。

本サイトでは、この他にも借入に関係する様々な情報があるので是非参考にしてみて下さい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

SMBCモビット
SMBCモビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る