限度額の範囲内でいつでも借入可能なキャッシング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1ヶ月にキャッシングできる回数

キャッシングは1ヶ月に何回もできるのでしょうか?

もちろんできます。
キャッシングは1万円から借入れが行える金融サービスで、限度額の範囲内であれば何回でも利用することができます。
キャッシングでお金を借入れるためには専用のカードを金融機関に発行してもらう必要があり、そのカードを提携先のATMで利用することで初めてお金を借入れることができます。

キャッシングの機能はクレジットカードとほとんど同じです。
クレジットカードがショッピング枠の範囲内であれば何回でもカード決済で買い物ができるように、キャッシングも回数については特に上限は設定されていません。
キャッシング限度額の範囲内でいつでも現金を調達できます。

ちなみに、キャッシングのATM手数料は基本的に無料であることが多いため、何回借入れても利息以外の費用がかかることはありません。
それは返済についても同様で、借入から返済まで余計な費用をかけずにお金を借入れるのがキャッシングの特徴です。

キャッシングは限度額の範囲内であれば何回でも借入れるのですが、それは返済中であっても大丈夫です。
例えば現在10万円の借入をしている状態で、さらに追加で5万円借入れたい場合、提携先のATMにカードを挿入して暗証番号と金額を入力すれば、その場ですぐに5万円を調達することができます。
もちろん、そのためには限度額に空きがある必要があります。
今の例ならば、最低でもキャッシング限度額が15万円以上でないと追加で5万円を借入れることはできません。

キャッシングの利用上のメリット

キャッシングの借入回数に上限が設定されていないことのメリットは大きいです。
特に実社会においてこのことから得られる恩恵は大きく、たとえ貯金のある方であってもキャッシングを利用するメリットはあります。

例えば深夜の時間帯に急遽現金が必要になった時、通常であれば預金口座から必要な金額を下ろすことになります。
この方法ならば借入を行う必要がありませんし、後々になって返済する義務も生じません。
しかし、預金口座からお金を下ろす場合、ほとんどの金融機関が手数料を請求します。

これは深夜だけでなく土日や祝日も同様で、一部の金融機関になると営業日であってもATMの使用に対して手数料がかかります。
このように預金口座は確かに自分のお金ですが、利用すればするほど、その回数に応じて手数料が発生するといったデメリットが生じます。

しかし、一部の金融機関になるとキャッシングでそのようなデメリットがなくなります。
特定の金融機関でキャッシングをすれば手数料が発生しなくなるからです。
それも、時間や場所に関係なく手数料が無料になるケースが多いので、預金口座を利用するよりもキャッシングの方がかえってコストが安くなる可能性があります。

もちろん、キャッシングには利息があります。
返済が遅れれば遅れるほど利息は膨らみ続けますが、早めに返済してしまえば利息はそれほど発生しません。
特に1万円や2万円といった少額の借入ならば1日あたりに発生する利息も100円未満のわずかな金額でしかありませんので、預金口座の手数料よりも安く済ますことも可能です。

キャッシングを利用したその翌日に返済をしてしまえば利息分の費用しか発生しませんので、キャッシングは使い方次第では預金口座を利用するよりもかえって節約になるといったメリットがあります。

残高不足を解消する方法

キャッシングは1ヶ月のうちに何回も借入ができますが、それはあくまでキャッシング限度額に空きがある限りにおいてです。
当然ですが、残高に不足があればそれ以上の借入はできず、できるのは返済だけになります。
ただし、残高不足を解消してしまえば再びキャッシングは可能です。
そしてキャッシングの残高不足を解消する方法は基本的に二つあります。

一つは返済です。
一時的に多めに返済を行うことでキャッシング限度額に空きを作るのです。
そうすれば空きができた分だけお金の借入れができます。
例えばキャッシング限度額が10万円で、既に9万5000円まで借入れているのならば、5000円返済を行えば1万円の空きができるので、1万円までであれば追加での借入が可能になります。

この方法ならば余計な手続きをせず、すぐにお金を借入れられます。
ただし、借入れられるのは残高不足を解消できた金額だけになるので、それほど高額の融資は期待できません。
そこで二つ目の方法の出番になります。

キャッシング限度額が埋まっている状態で追加でお金を借入れるための二つ目の方法はキャッシング限度額の増額です。
この方法であれば残高不足を解消する必要なしに増額してもらった分だけさらに追加でお金を借入れられます。

例えばキャッシング限度額が10万円の方が増額の申請をし、50万円まで増やしてもらえば、少なくとも残り40万円までは借入れることができます。

増額の注意点

キャッシング限度額を増額することで、増枠できた範囲内であればいくらでも借入が可能になります。
ただし、この方法には注意点が一つあり、それは審査です。
増枠してもらうためには金融機関の審査をパスする必要があるのです。

増枠をするにあたり、金融機関は過去の返済の実績や現在の年収など、様々な点から審査を行います。
そのため、より高額の融資を必要としているのならば普段から期限厳守で借入れたお金の返済を行い、金融機関からの評価を高めておきましょう。
普段から遅れることなく返済を行っている相手であれば金融機関も安心してお金を貸出せるので、増額の審査が通りやすくなります。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る