【利息0円】 オトクな「無利息で借りられるカードローン」はここ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

急な出費によりお金に余裕がなくなってしまい、「あと数日で給料日だけど、どうしてもお金が足りない、、。」 という経験がある方は多いのではないでしょうか。

カードローンの無利息期間サービスを利用すれば、 “ 利息0円 ”でお金を借りることができます
「数日間、数週間だけお金を借りたいけど、損はしたくない!」という方には大変おすすめのサービスです。
 

1.無利息サービスを行っているカードローンってどこ?

 

2.本当に得なのか検証してみました

 

3.利用時に確認しておきたいこと!



少額×短期間の借入なら、カードローンの無利息サービスがおすすめの理由や利用する際に確認したいことをお伝えしますので、是非ご覧ください。
 

1.無利息サービスを行っているカードローンってどこ?

まず初めに無利息サービスのあるカードローンを紹介します。

アコム
申込から最短1時間で借入することができる、スピード感のある対応力がアコムの最大の持ち味であり、魅力!



▼利用条件
・アコムでの契約が初めての場合のみ利用可能
・返済期間は35日ごとで契約する必要がある


プロミス
大手の消費者金融の最大金利は18.0%となっている中、プロミスの最大金利は17.8%!



▼利用条件
・プロミスでの契約が初めての場合のみ利用可能
・Eメールアドレスを登録し、Web明細を利用する必要がある


アイフル
ユーザー目線に立った独自のサービスを展開!内緒でカードローンを利用したい人におすすめ!



▼利用条件
・アイフルでの契約が初めての場合のみ利用可能
・無担保キャッシングローンの利用

 

2.本当に無利息サービスがお得なのか検証してみた!

無利息期間内に借入したお金を全て返済すれば利息は0円になるので、通常のカードローンで利息が発生した場合よりお得になります。では実際にどのくらいお得になるのか検証してみましょう。

▼金利の計算方法


▼金利18%で借入して30日で完済した場合の金利


金利が18%だった場合、借入した金額により異なりますが、上記のような利息が発生します。もし、全額を30日間で完済できれば、この利息は0円になります。

さらに、もし30日で完済が難しく、180日で完済する場合、低金利のカードローンとどちらがお得になるのでしょうか。

▼50万円の借入を180日間で完済する場合


上記の場合だと、無利息期間のあるカードローンの方が、利息が約6千円安くなっていることが分かります。

しかし、多額の借入をして長期間で返済する場合は低金利の方が利息が少なく、お得になる場合がありますので、事前に翌確認してから返済計画に合うカードローンに申込みましょう。
 

3.無利息サービスを利用する前に確認しておきたいこと!

利息が発生しないお得な無利息サービスのあるカードローンですが、ここで利用する前に確認しておきたいことをお伝えします。
 
①無利息サービスを利用するためにはカードローン各社の利用条件をよく確認しましょう
カードローン各社は無利息サービスの利用条件を定めています。多くの場合、「利用するカードローン会社との契約が初めて」という条件を定めています

それ以外にも各社により異なった条件を定めています。例えばアコムの場合35日ごとの返済にする必要があり、プロミスの場合はメールアドレスの登録とWeb明細を利用する必要があります。カードローン各社の利用条件をよく確認してから申込みましょう。

②無利息期間のカウントに気をつけましょう
無利息期間のカウント方法は2種類あります。1つ目がカードローンの契約日の翌日からカウントする方法です。例えば契約日が4月1日の場合、無利息期間は5月1日までとなります。契約の翌日に借入をすれば、無利息期間は30日ですが、もし4月15日に借入れしたら無利息期間は15日になってしまいます。



2つ目は借入した日から無利息期間をカウントする方法です。こちらの場合は契約日が4月1日の場合でも、4月15日に借入れしたら無利息期間は5月15日までになり、借入から丸々1カ月の間、無利息期間となります。



うっかり無利息期間を過ぎて返済しないように、カードローンの契約時にしっかり無利息期間のカウント方法について確認しましょう。
 
③無利息期間中の返済日に気をつけましょう
もし無利息期間内に返済日がきたら、ほとんどの場合は各社によって定められた最低限の金額を返済しなければなりません。ここで返済を忘れてしまうと無利息期間が終了となり、遅延損害金も発生します。

もちろん無利息期間中の返済に関しては利息が発生しません。返済日は自分で決められることも多いので、返済するタイミングをよく考えて選びましょう。
 
④返済や借入の際の手数料に注意しましょう
カードローンの返済方法は各社により様々ですが、返済や借入れにATMを利用すると手数料(105円~210円程度)がかかる場合があります。せっかく無利息サービスを利用して利息を節約しても、手数料が多くなると意味がなくなってしまうので、借り入れや返済の方法にも気をつけましょう。
 
⑤無利息期間終了日に気をつけましょう
無利息期間が終了すると、翌日から借入残高に対して利息が発生します。無利息期間の間に少しでも多く返済しておいた方が、発生する利息が少なくなりますので、返済タイミングに気をつけましょう。
 

4.最後に

無利息サービスのあるカードローンは急な出費で少しの期間だけお金を借りたい人に最適なサービスです。また、無利息期間中は利息が発生しないので、カードローンがどのようなものか試してみたい方にもおすすめです。

色々なカードローン会社が無利息期間のあるカードローンを取り扱っているので、期間をずらして利用すれば長期間無利息で借入れることも可能です。



カードローンの利用を考えているなら、無利息サービスのあるカードローンでお得に借入してはいかがでしょうか。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る