必見!スグ借りたい方へ超重要な注意点と即日カードローン厳選3社!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「やばい、、、、今買わないと。。。チャンスを逃してしまう!!でもお金がない!!!」
そんな経験していませんか。そういった方々が、このサイトに訪問してくださっていることでしょう。
 
最近は「カードローン」でも “即日融資” をウリにしているサービスが増え、便利な世の中になってきてます。
そのカードローンを即日利用したいという方も多いのではないでしょうか。

しかし、今すぐお金が必要!と焦っているにもかかわらずカードローン会社のHPを見ると、サービス詳細に書かれている条件が細かくてよく分からなかったり、何に注意をしたらよいのかわからなかったり、などという方も多いはず。
 
そこで、今回はそんな即日融資を希望するあなたに、


を中心に、紹介していきます。
 
どうすれば、カードローンの即日利用が可能か、そしてそのためにどのような点に気を付けるべきか、をまとめてますので、最後まで読んでいただければ不安も少しは解消できるかと思います。

では見ていきましょう。
 
------------------------------------------------------------
1.即日融資を希望するときに注意したいポイント
 1-1.「必要書類」に関する注意点
 1-2.「審査」にまつわる注意点
 1-3.「来店?/ネット?」の注意点
 1-4.「申込時間」にまつわる注意点
2.即日利用を目指す方へ!ここは押さえてほしい注意点
 2-1.希望限度額は、欲張らない
 2-2.焦って借りない
 2-3.カードがなくても即日振込できるので心配しない
 2-4.無利息というオトクな仕組みも知っておく
 2-5.金利を比較するなら最大金利で比較
 2-6.本人確認書類の撮影は注意して行う
 2-7.各ステップのタイムリミットを意識する
3.カードローンで即日出金したい方へオススメの3社
4.最後に
------------------------------------------------------------
 

1.即日融資を希望するときに注意したいポイント

今すぐカードローンを利用し、お金を借りたい!そんな時こそ焦りは禁物。
即日借り入れを目指す際に、注意したいポイントをピックアップしました。

そもそもカードローンの申し込みは、申込⇒必要書類の提出⇒審査⇒(必要あれば来店)⇒契約⇒借入、 の流れで行われます。
さらには、即日融資においてはその「申込をいつするか」が非常に重要になっております。

それぞれ見ていきましょう。
細かいテクニックも記載をしているので参考にしてください。
 


1-1.「必要書類」に関する注意点

カードローンに申し込みをするときは、申込情報の入力だけではなく、本人の情報を確認するための「必要書類」という書類の提出が必要になります。
即日融資を希望するからには、気を抜かずにひとつずつ押さえていきましょう。
まずは、「必要書類」に関して注意点を説明していきます。
 
必要書類は2つあります、

 ・収入証明書
 ・本人確認書類

「収入証明書」は、カードローン会社が申込者の収入を把握し、返済能力の有無を判断するために利用します。
勤務先または、住民票のある役所・役場で受け取れます。

ちなみに「収入証明書」という名前ではなく「住人税納税証明書」や「住民税納税通知書」が正式名称です。
その収入証明書、すぐに出せる方はいいですが、大半の方は、手元にないためすぐに出せない、という状況になりがちではないでしょうか。

ただそんな方にも朗報です。
その収入証明書、100万円以下の借り入れであれば、提出不要なカードローン会社が多くなってきております。(消費者金融は50万円以下)
そういったことから、借入限度額を、100万円以下にすることをオススメします。
 
加えて後に記載をしますが、即日で借り入れを希望する方は、借入限度額を「本当に必要な金額」にしたほうが審査通過の確率が上がります。
つまり、即日融資の可能性が高くなります。

審査の際には、借入限度額の希望をベースに、その個人にそれだけ貸してもいいかを判断するので、借入限度額の希望を引き上げると、審査が厳しくなるのです。
そういった点からもあまり欲張らず、本当に必要な額だけを希望することをオススメします。
そうすれば基本的に収入証明書の提出も不要になることでしょう。
 
「本人確認書類」は、申込者本人の “個人情報” を確認するために必要となります。
免許証、パスポート、保険証などが対象です。

どれをお持ちかは人それぞれですが、この中でオススメするのは「保険証」です。
保険証であれば、勤務先の情報が記載されていることが多く、審査時にその情報を確認に使い、勤め先への在籍確認を免除する場合があります。

場合によりけりですが、ステップが一つ減る可能性がある保険証を「本人確認書類」として提出するのがオススメです。

なお、後で記載しますが、「本人確認書類」の提出は携帯で写真を撮って、webアップロードによって提出ができます。
早くて楽なので、即日での利用を考えている方は web申し込み⇒スマホでアップロード の流れを検討してみてください。


 


1-2.「審査」にまつわる注意点

カードローンの即日利用で最も重要なポイントが「審査」です。
審査では

 ・「審査スピード」が速い会社に申し込むこと
 ・「審査通過確率」を下げないコト

に注意し、カードローン会社選びをしてください。
 
「審査スピード」に関しては、やはりスピードの速い会社に申し込みをするのがオススメです。
一般的には「銀行カードローン」より「消費者金融」のほうが、長年の経験から審査ノウハウが蓄積されています。

そういったことから「消費者金融」のほうが審査の結果呈示が早く、「審査スピード」が速いといわれます。
業界としては、「審査回答30分」が一般的になってきており、下記に挙げるカードローン会社では、30分で審査回答が可能です。

即日の利用を求める方は、こちらのカードローンを利用されることをオススメします。
 
▼消費者金融系カードローン
アコム(30分) 
 
 
モビット(30分)
 
 
▼銀行カードローン
三井住友銀行カードローン(30分)

 
 
次に、「審査通過確率」に関してですが、こちらを下げる要因としては、「申込情報の入力不備」が第一に挙げられます。
ミスなんてしないよ、と思う方もあるかもしれませんが、このミスが非常に多いので注意してください。

申込情報に不備があれば、一発で審査NGになります。
侮ることなかれ。

特にメールアドレスや、郵便番号、電話番号などは間違いやすいので要注意です。
「入力ミスで即日利用ができなかった・・・」といったことのないように、くれぐれもミスには注意して申し込みをするようにしてください。
 
また、他に「審査通過確率」を下げる要因として挙げられるのが、「借り入れ希望額を必要以上に高く申請すること」です。
先ほども伝えましたが、借入希望の額が上がれば上がるほど、審査は厳しくなり、審査通過確率は下がります。

もちろん、相応の収入や高い個人情報評価が付けば別ですが、基本的に高額の借り入れは難しいので必要な額を希望するようにしてください。(限度額に関しての参考情報ですが、何度か「借入⇒返済⇒完済」を繰り返すことで、カードローン会社に信用が蓄積され、限度額を上げることが可能になってきます。)

あくまで噂ベースではありますが、30万円が第1のハードルで、50万円が次のハードルといわれています。
まずは確実に審査通過をし、即日利用をしたければ、30万円以内の希望での提出をしてください。
最初から求めすぎは禁物です。
 
審査に関しての注意点を挙げましたが、審査ではその人自身の信頼性を重視します。
信頼性に関しては、「収入の安定性」や「過去の借り入れ状況」を中心に、「信用情報機関」といわれる機関に蓄積された個人の信用履歴をもとに算定します。
(※:信用履歴は、過去のクレジットカードの利用履歴、ローン利用履歴、携帯電話機器の月賦支払い状況などが保存されています。)

こちらは今更どうすることもできないものではあるので、今後の返済計画をきちんと立て、これから先、信用履歴に傷がつかない様に気を付けてください。
改めての借り入れが困難になってしまいます。
 


1-3.「来店?/ネット?」の注意点

カードローンの申し込み方法には、実際の店舗に訪れて、自動発券機もしくは窓口でカードローンの申し込みをする「来店申込」と、スマートフォンやパソコンからインターネットを通じて申し込みをする「ネット申込」の2パターンがあります。
 
基本的に当サイトを訪問いただいている方は、インターネットで情報を探しているので「ネット申込」を考えておられるかと思いますが、「来店申込」についても説明をしておきます。
 
なんとしてでも即日利用!で利用したいのであれば、「来店申込」をオススメします。
よく街中で、アコムや、アイフルなど、消費者金融の店舗を見かけませんか。
もしくは銀行のATMの脇に「テレビ窓口」のようなブースを見かけませんか。

そこでカードローンの契約が可能です。店舗であれば窓口の方と、ブースであればオペレーターの方と、直接話をして、 申込⇒審査⇒カード発行⇒借入 のプロセスを経て借り入れが成立します。

初めての借り入れであれば不安がある方も多いかと思いますので、「来店申込」で直接話を聞きながらお申込みをするのが良いかもしれませんね。
「来店申込」であれば、申込から借り入れまで最短で40分で借り入れられるカードローン会社もあります。
そのため、どうしても急ぎであれば、実際に店舗に訪れての「来店申込」をおススメします。
 
一方で「ネット申込」に関してですが、メリットは、今すぐ、この場で申し込めるという便利さですね。
また、ネットで申し込みをすると、店舗に行く手間が省ける上に、誰かに見られることもなく、安心して借り入れの契約ができるというメリットもあります。

昔は、「来店申込」のほうが「ネット申込」より審査時間が短い、等ということもあったのですが、最近では「ネット申込」でも審査時間は 30分~ と非常に短縮されている企業が増えてきております。
そのおかげで、「ネット申込」でも十分早く借り入れできます。

次の節ではもっと詳しく見ていきましょう。
 


1-4.「申込時間」にまつわる注意点

で、結局、「来店申込」と「ネット申込」どっちがいいの!?
そう思われる方も多いと思います。
それにお答えしましょう。

キーになるのは、今、まさに、申し込みをするタイミングが、 「14:00より前」or「14:00より後」、これが重要です。
14:00ちょうど、というわけではないのですが、この14:00が非常に重要な分かれ目になります。


 
「14:00より前の場合」には、「ネット申込」にて申込をされることをオススメします。
今この場で申込できるという便利さがありますし。

14:00までにネットで申し込みをすれば、下記のように進めることができます。


 
少しタイトではありますが、上記が「ネット申込」から、即日でぎりぎり借りられるスケジュールです。ではなぜ「14:00」がキーになるのでしょうか。

それには上に書いた(★)が重要になります。
この「振込完了」のタイミングですが、実はカードローン会社ではなく「銀行」の仕組みが関係します。

一般的に銀行では振込業務を15:00までしか行っていません。
つまり、振込までをネットで完了するためには上記の(★)を15:00までに終えないといけないのです。

審査などの時間を加味しても、14:00までであれば、銀行の振り込みの締切に間に合いますが、それ以降であれば、15:00を過ぎてしまい振り込みができません。これが、「14:00」がキーになってくる理由です。
 
ただ、14:00を過ぎていても借り入れをする方法はあります、それが「ネット申込+来店」の申込方法です。
「ネット申込+来店」の方法であれば、



の流れを取れるからです。

この場合のキーは「カードが手に入る」ということです。
ネットだけだとカードが手に入りませんが、「ネット+来店」でカードを入手できれば、そのカードを使って24時間いつでもどこでも引き出しが可能となります。

その「カード」が「来店申込」なら20:00まで発行可能になっているのです。
ちなみに、申し込みをあえて「ネット申込」にしているのは、「来店申込」だと契約機の前で審査を30分以上待たなければならないからです。
 
このように「14時」が一つの切れ目になりますので、ご注意を!


 

2.即日利用を目指す方へ!ここは押さえてほしい注意点

ここまで、重要なポイントを見てきました。
参考にしていただけますと幸いです。

なお、簡単なことも含め、即日利用を目指す方へのチェックとして、忘れてはいけない注意点を挙げておきます。
これまでに記載した内容と重複する部分もありますが、再度見直してみてください。

よく挙がるポイントなので、参考になればと思います。
 


2-1.希望限度額は、欲張らない

先ほども出てきておりますが、記載の通り「希望限度額は、欲張らない!」です。
申込の際の希望借入額は背伸びをしない様にしましょう。

希望借入額が大きくなれば大きくなるほど、カードローン会社は慎重になり、審査を厳しくします。
貸し倒れ時の会社負担も大きくなるので慎重になるのは当たり前ですよね。

即日利用を狙ってカードローン会社に申込をしたにもかかわらず、欲張りすぎて、審査が厳しくなり通過できなかった、などということのないように希望金額は低め(本当に必要な金額)に申請しましょう。
 
ちなみに、「高額でトライして、審査に落ちても他で申し込めばいいや」という考えは甘いです。
一度他社で審査を受けると、その申込履歴が信用情報機関に残ります。

こうなったら他のカードローンに申し込んだとしても審査通過する確率は非常に低くなります。

カードローン会社は直近の他社での審査状況も参考にして審査をするため、他社でNGが出た人には厳しく審査をし、審査通過率が下がるのです。
そのような状況に陥り、即日のカードローン利用が不可能にならないよう、ご注意を。
 


2-2.焦って借りない

何をするときもそうですが、焦りは禁物です。
こちらも既出ですが、焦っている方に多いのが、個人情報の入力誤りです。

特に連絡先である、「メールアドレス」「電話番号」に関しての間違いは致命的です。
本人に連絡がつかないと即日の借り入れは難しくなります。

急いでいるとは思いますが、焦らず、落ち着いて、カードローンの即日利用ができるよう、注意して申込を。
 


2-3.カードがなくても即日振込できるので心配しない

こちらは、カードローンの即日利用に際して、念のための知識として記載をさせていただきます。
カードローンと言われますが、実はカードがなくても即日の利用は可能です。

昔は、カードを受け取って初めてお金の引き出しができました。
ただ、最近ではウェブ申込のうえ、契約が完了すれば、自分のネット銀行の口座に振り込みを依頼することが可能です。
そうなればカードも不要で借り入れできます。

ちなみにカードがあると、ATMでいつでも借り入れできる、というのはメリットとして存在します。
申し込み後、カードを手に入れる方法は①無人機 or ATMによる発券、②郵送による取得、の2パターンがあります。

カードが必要な方は、この方法で受け取ってください。
カードが届くまで待たないといけないから、とネットでの買い物をあきらめていたあなた、最近のカードローンでは、カードレスで即日融資が可能なので、安心してください。
 


2-4.無利息というオトクな仕組みも知っておく

特に、初めてカードローンに申し込みをする方はぜひ知っておいてください。
カードローン各社では、「30日間無利息」や「180日間無利息」をうたっている会社があります。

こういったカードローン会社に申し込みをすると、非常にオトクに借り入れできるので、検討してみてはいかがでしょうか。
30万円で30日間借り入れをすると、1か月で3,750円の利息が付きます(※金利15%計算)。

この利息分を、免除してくれるというのは大きいですよね。

今日今すぐにお金が必要なのかもしれませんが、オトクな方法もある、ということは後悔しないためにも念頭に置いておいてください。
 


2-5.金利を比較するなら最大金利で比較

カードローンを初めて利用する方にとっては金利の幅がなんであるのか、、、と、わかりづらいことかと思います。
基本的にカードローンは相当の信頼がないと100万円を超える金額を借りることはできません。

職業に優位性があったり、収入証明書でそれ相応の収入を提示できたりすれば別ですが、すべての方がそうではないはず。

一般的には、即日融資を希望する場合には30万円程度の融資額から始まります。
その際にはカードローン会社が一般的に提示している「最大金利」が適用される場合が多いです。

金利を見ると、どうしても最低金利に目が行きがちですが、初めての際には「最大金利」が適用されることが多いことを念頭に置いてカードローン会社を比較するようにしてください。
 


2-6.本人確認書類の撮影は注意して行う

最近ではスマートフォンの普及に伴い、PCではなくスマホからの申込も増えてきております。
それに伴い、携帯で本人確認者類の写真を撮り、ウェブでアップロードする申込も増えてきています。

その際には下記のようなミスが無いか必ず注意をしてください。
よくあるミスをもとに、チェックポイントを下記に挙げておきますので、確認してみてくださいね。
 

 


2-7.各ステップのタイムリミットを意識する

即日融資を行う際には、くれぐれも計画的に行うようにしましょう。
借入、返済の計画も重要ではありますが、ここで重要だというのは、申込から借り入れまでのそれぞれのステップでの計画です。

一般的には
【 申込 ⇒ 本人確認書類の提出 ⇒ 審査 ⇒ 審査結果 ⇒ 借入契約成立 ⇒ 借入 】
のステップを踏みます。

即日融資を希望される際には上記の6ステップを当日中に進めなければなりません。
その為には、計画が重要となります。

いつまでに申込を行い、審査を終え、借入へ進めるか等、そのステップそれぞれのタイムリミットを意識するようにしてください。
 

3.カードローンで即日出金したい方へオススメの3社

以上、カードローン各社へ即日融資を申し込む際のポイントを見てきました。

「申込情報を間違わない」といった初歩的なものも含まれはしますが、それぞれの注意点を念頭に置いておいて申込いただければと思います。
それぞれ重要なことなので、押さえておいてくださいね。
 
最後に、今日中にお金を借りたい人におすすめのカードローン会社を下記に挙げておきます。
即日融資を希望される方に、一番選ばれているカードローン会社をベースに選んでおりますので、ぜひ参考にされてください。
 
アコム


 
プロミス


※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
 
三井住友銀行カードローン


 

4.最後に

カードローンでの即日融資をお探しの方は、今すぐ借りなければならないという焦りと、不安でいっぱいだと思います。

当サイトでも様々な情報提供ができればと思いますが、やはり人に聞いたほうが、安心できるかと思います。
そういったことから、本当に不安で、心配になったら、どの会社でもいいので、電話して聞いてみることをオススメします。

オペレーターの方が、丁寧に教えてくれるので、それだけで安心できるはず。
そうやって不安を解消したうえで、お申し込みをし、即日借入が成功することを願っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る