複数のカードローンは銀行カードローンでおまとめして、返済をしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

借金が膨らんで返済が苦しくなる時

サラリーマンや自営業者など様々な職業で働いている人がいます。
サラリーマンのように、毎月決まった日に決まった収入が入る人でも、借金が膨らむことがあるのでしょうか。

毎月決まった収入があることに安心して、ギャンブルや旅行などで簡単に借りられるカードローンを組んでしまって、いざ返済の時に足りなくなり、別のカードローンを組んでしまうというケースがよくあります。
新しく作ったカードローンで借入れて、別のカードローンの返済に回すことが始まると、自分の収入だけでは支払いが出来ていないということになります。

こうなると、どんどん悪化していき、また別のカードローンを借りてしまうことになります。
カードローンが2つ・3つと増えていくと、その分返済金額も増えてきます。

毎月1万円で済んでいた返済が3箇所になると、月に3万円を返済しなければいけなくなります。
毎月3万円の支出と考えると結構大きな金額ですよね。

ここまで来ると、カードローンをまとめることを考えたほうがいいのではないでしょうか。
 

銀行カードローンで借金をまとめることができる

複数カードローンを組んでしまった場合に、銀行カードローンで借入全額分を借りて、他の会社のカードローンを全て完済することで、1つのカードローンの支払いだけで済むようになります。
そうすることで、1箇所に毎月決まったお金を返済するだけで良くなるので、負担が軽減されることがあります。 特に消費者金融から借り入れをされている人であれば、銀行カードローンにまとめるだけで、支払いの金利も安くなり払いやすくなります。
消費者金融より銀行カードローンのほうが安い金利で貸付してくれます。

毎月決まった収入がある人であれば、銀行カードローンの審査が落ちることはほとんどありません。
銀行の場合は、収入の1/3という制限がありませんので、借りやすいのです。

ただ、気をつけていただかないといけないことがあります。
それは新たな借り入れができないということです。

あくまで借入れていたローンの残債の返済のみに使用するという決まりがありますので、新たに借り入れができるわけではないということを、覚えておいてください。
 

借金の1本化はどこでできるの

借金の1本化はどこでできるの たくさんのカードローンを作ってしまった場合に、借金の1本化ということをよく耳にしますが、具体的にどこで借り入れができるのでしょうか。

消費者金融と銀行のどちらでも可能ですが、大抵の場合は銀行の方が金利が安いことが多いので、1本化して支払う金額を少なくすることが可能です。
 

借金を1本化するとどうなるのか

借金を1本化することで、具体的に何が変わると思いますか。
借り入れているところが1箇所になりますので、交渉や返済が1つで済むことで精神的な負担が軽減されます。

返済が複数箇所遅れた場合、複数箇所と交渉しなければいけなくなり、精神的に相当辛くなります。

また仕事にも影響しかねません。
遅れることで、勤務先にまで電話がかかってくることがあります。

そうなると会社への信用も落ちてしまい、まともに仕事すらできなくなりかねません。
借金を1つにすることで、返済が遅れる場合でも事前に交渉すれば電話が会社にかかってくることもなくなります。

まとめカードローンに切り替えることで、返済金額が少なくなり収入と返済のバランスが良くなってから、きっちりと期日までに支払いができるようになることが前提です。
 

借り入れのまとめができないケース

借り入れのまとめができない場合もあります。
自営業者の場合は毎月決まった収入が入るとは限りませんので、複数社からローンを借りている場合に、銀行カードローンでまとめができるとは限りません。

確定申告の収入が充分あって、借りているローンの返済に遅れていなければ借り入れができますが、どちらか片方でも条件に当てはまらない場合はまず難しいと思ってください。
サラリーマンなどの給与所得者でも同じですが、個人事業主の場合は収入面でより厳しく審査されます。

個人事業主の場合は、年収が1000万円あったとして、審査に落ちるケースもあり、非常に厳しいものです。
 

まとめローンをできればしないようにするには

まとめローンをしなければいけなくなるという時は、非常に経済的にも厳しい状況になっていて、そうならないように事前に準備をしっかりとしておいたほうがいいのです。
まとめカードローンというのは最後の手段になりますので、そこまで言ってしまえば首も回らなくなるくらいの借金を抱えていることになります。

そうならないようにするには、自己管理が大切です。
自分の収入をしっかりと理解して、支出が毎月どのくらいかかるのかを把握してから、残ったお金をどのように使うかを考えておかないと、間違いなく足りなくなり、カードローンに頼ることになります。

突然の出費というのもありますので、その場合はどうしても借り入れをしないといけなくなります。

借り入れをした場合には、返済金も含めて、毎月の収入とのバランスを考えていかなければいけません。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る