事業者向けのカードローンは借りやすい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人事業主向けのカードローンと個人向けのカードローンの違いは

通常、個人向けのフリーローンというのがありますが、この個人向けの場合は、借りたお金を事業用に使ってはいけないようになっています。

個人事業主の場合は、個人利用なのか事業利用なのかが区別がつきにくいのですが、事業主は、個人向けのカードローンを利用するよりは、事業などで資金不足などが発生した時に利用できる、事業主向けのカードローンを利用することで、事業に使用できます。
個人のカードローンと事業用のカードローンの大きな違いです。
 

なぜ事業用のローンを利用したほうがいいのか

個人事業主は個人と違い、仕入れ代金や従業員の給与、外注費など様々なお金が毎月かかります。
個人のフリーローンで緊急時に利用するには、金額的に足りなくなる可能性があります。

さらには、クライアントからの入金が遅れた場合などは、その経費を立て替えておかなければなりません。
まとまったお金が必要になった場合に、個人のフリーローンなどで建て替えることは不可能に近くなります。

そして、最終的には資金不足で倒産ということにもなりかねません。
しかし、事業者ローンの場合は、数百万円という大きな金額を借り入れることができます。

年間を通して利益が出る事業主の場合でも、どこかで資金が足りなくなるときというのはあり得ます。
そんな時に、事業者用のローンの借り入れができれば、スムーズな資金運用ができるのです。
 

事業用ローンは借りやすいの?

不測の事態の時に事業者ローンを借りれば、危機を脱することはできますが、事業者用ローンは借りやすいのでしょうか。
事業者用ローンの場合は、赤字さえ出していなければ借り入れはできます。

極端な話、1円でも利益を出していれば、銀行から月の売上に対して2ヶ月分は運転資金として借り入れが可能なのです。
事業主が他の借入で返済の遅れていないという条件がつきますが、個人ローンに比べて間違いなく事業者ローンのほうが借り入れはできます。
 

事業用ローンの種類

事業者ローンの場合、銀行との取引が普通です。
事業を立ち上げある程度の信用があれば、直接銀行から借り入れができます。

ただし、事業を立ち上げてすぐの場合などでは、直接銀行からの借り入れは難しいでしょう。
その場合、銀行が地方自治体などで事業主用に、低金利で貸付を行っている場合がほとんどですので、地方自治体の個人事業主ローンを銀行経由で借りることができます。

地方自治体の運転資金や設備投資などの借入金に対する金利は非常に安く設定されています。
1%から3%程度がほとんどで、数百万円を借り入れることができます。

また、運転資金と設備投資資金の両方を借り入れることも可能です。
 

事業用ローンの借入時の保証制度

事業主ローンの借り入れを行いたい場合には、無担保で借り入れできる場合と、有担保で借り入れが出来る場合の2つがあります。
有担保というのは、持ち家など不動産を持っている場合では、その不動産を担保に、評価額に近い金額を借り入れることができます。

最近ではほとんどありませんが、保証人を必要とするローンもあります。
有担保の場合は、金利が非常に安く、直接銀行からの借り入れの場合でも、地方自治体と変わらないくらい安く、2%程度で借り入れが出来るケースも多数あります。

借入金額にもよりますが、担保があるということは、万が一支払いが遅れて返済不能と判断した場合に、担保を代わりに銀行が引き取ることになるため、銀行が損をすることがほとんどありません。
今では、保証協会に保証人の代わりになって借り入れをするケースも増えています。

保証協会は審査がありますが、事業自体に利益も出ていて問題がなければ、断られることはないでしょう。
保証協会を利用した場合は、保証料を支払わなければいけなくなります。

保証料は借入金額の1%程度ぐらいまで掛かることがあります。
金利が安い商品でも、保証料を足すと結構な金利になる場合もあります。

それでも、個人ローンと比べると金利は安くなります。
 

事業者ローンの金利と追加融資

事業者ローンの場合の金利は、金額にもよりますが、大体は1%から4%程度と個人ローンの場合と比べると安くなります。
ちなみに、個人ローンの場合は3%から14%ぐらいとなりますので、金利だけを見ると非常に高額になります。

借りやすさで言えば、個人ローンの方が金利が高い分借りやすくなっています。
個人事業主が、家計のために、使い道自由の個人事業者向けのローンを利用し続ける理由はここにあります。

一旦個人事業主向けのローンを借りると、継続して追加融資として借り続ける人がほとんどです。
一旦借り入れをして、追加融資で借り入れを行うのは可能です。

借り入れをして、年間を通して赤字になりさえしなかったり、期日までに遅れることなく返済をしていると、追加融資が断られることはほとんどありません。

このように、個人事業主が借り入れを行う場合には、個人カードローンを借りるより、事業主向けのローンを借りたほうが、様々なメリットがあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

SMBCモビット
SMBCモビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る