急ぎの出費が発生した場合に便利なカードローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなときに急な出費が発生する

生活をしていて、急に子供の教育費として5万円必要になったり、病気で入院をしてしまってなど、急な出費が必要になる時は、人生生きていると必ず1度や2度訪れます。
保険からお金が戻ってくるのが、大抵は後からなので、病院に払わなければいけない入院費などを立て替えておかなければいけなくなる時があります。
急ぎの場合、決まった給料ではすぐには準備できません。

そんな時に、どうすればお金を用意できるでしょうか。
急な出費が必要になった時こそ、カードローンがおすすめです。

審査も100万円未満の場合であれば、所得証明など必要なく早ければ即日に審査結果がでて借り入れができます。
 

カードローンのメリットとは

出費が急ぎの時に、カードローンが一番早く借り入れが出来る便利なローンです。
カードローンの場合、ほとんどが枠だけもらえて、そのあといつ・いくら借り入れるかは自分で決めることができます。

例えば、50万円の借入れができた場合、50万円まで借りることが出来るということです。
実際に必要な金額が、入院費の上限である8万円とした場合、8万円だけカードで引き出せばいいのです。

無駄な借り入れをする必要はありません。
例えば、急ぎで8万円を上手く借入れて入院費の支払いもできます。

残りの42万円は、借り入れができるというだけで、実際には借り入れは行っていません。
支払わなければいけない金利は、実際に借入れた8万円に対する金利となり、金利自体そんなに高くなることがありません。
 

上手なカードローンの使い方

カードローンは非常に便利なものであることは理解いただけたと思います。
ただ、枠があるからといって、旅行などにその枠を使い切ると、後にとんでもないことになります。

あくまでも、カードローンは急な出費が要るとき限定で使う方が、ベストな使い方です。
何にでも使っていたら、直ぐに借り入れ枠いっぱいまで使ってしまって、次に急ぎの出費が発生した場合に、ほんとうに困ります。
もう1つカードローンを借りることも可能ですが、そうなると支払いが2つのカードローンの支払いをしなくてはいけなくなりますので、毎月の支払い金額が倍になります。

カードでお金を引き出すときには、あくまでも借金になるということを頭に入れてから利用しないと、あとで後悔することになります。
お金を使うのは直ぐですが、借金の返済となるとなかなか時間が掛かり、収入が安定していない場合や安月給の場合は、非常に負担になります。
 

なぜカードローンがいいのか

カードローンが重宝されるのには、上記で書いたように2つの大きな理由があります。
まずは、審査が早く融資が直ぐにされるということです。

借り入れをしたい時というのは、なるべく早く欲しいものです。
急な出費が必要になった時に、審査も比較的緩めで早く借り入れができます。

もう1つは、枠だけ確保できるということです。
必要な金額だけ借入すればいいのですが、数万円などという場合は、借り入れ自体できません。
そこで、今回の急な出費のためだけでなく、その後に出費が必要になった時にも使えるのがこの借り入れ方法です。

よく、「借金も資産のうち」と耳にすると気がありますが、まさにこの借り入れ方法は資産となります。
自由に使えるお金となり、必要な時に必要な金額だけ引き出すことができるので、非常に便利な借り入れ方法ではないでしょうか。
使い方さえ間違わなければ、本当に助かる借り入れ方法です。
 

出費が急ぎの場合一番借りやすいのは

急な出費が必要になった時に、銀行系のローンを借りるのと信販系のローンを借りるのとでは、どちらが便利でしょうか。
借りやすさで言えば、信販系で借り入れをする方が、審査も銀行より緩く借りやすいものです。

ただ、信販系で借り入れをすると、未だに後ろめたさを感じる人も多いと思います。
とはいえ、銀行からの借り入れをすでに行っていて、銀行への信用もある人であれば、銀行から借りやすいのですが、今までに銀行からの借り入れなどしたことがない人であれば、借入できるまでには時間がかかるのではないかと思われます。

その点、信販系では、審査からお金を手にするまでに1時間程度で終わります。
急な出費の場合は、手元にどのくらいの時間でお金が入るかを優先して借り入れをするのが先決なのです。
そうなると、必要なお金が少額の場合は、信販系で借り入れをするのもいいのではないでしょうか。
 

借り入れをしたのはいいが返済はどうなの

信販系や銀行系など、急な出費で借り入れが出来た場合、どちらが返済に有利なのでしょうか。
返済を考えると、間違いなく銀行系のほうが、金利が安くなります。
金利だけで考えると、銀行系で借入れたほうが、返済は楽になります。

ただ、出費が急ぎの場合で少額の借り入れとなると、返済時の金利も大事ですが、直ぐに借りられることも重要です。
現在いくら必要で、今後また必要になるかどうかを考えて銀行系か信販系のどちらで借入れたほうがいいのかを決めてください。</p>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る