債務のおまとめに最適な銀行カードローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多重債務を解消できるおまとめローン

銀行や消費者金融などから借り入れをしたら、その元金に利息を足して返済していかなければなりません。
しかし、借金をしている人の中には、返済がうまくいかず借金の返済のために別の金融機関から借り入れを繰り返す、いわゆる多重債務に陥っている人もおられます。

この多重債務の状態は非常に危険な状態です。
いくつもの金融機関から借り入れをしてしまうと借金の管理が難しくなり、知らず知らずのうちに借金が雪だるま式に増えてしまうからです。

借金が返せなくなったら別の消費者金融から借りればいいや、と考えている人もいるかもしれませんが、借入先が増えれば増えるほど新しく融資を受けることが難しくなってしまうので、結局は返済が不可能になり追い込まれることになってしまいます。
こういった状況を解消するための方法の1つが、銀行カードローンを利用したおまとめローンと呼ばれるサービスです。
 

おまとめローンを利用することで借金の管理が容易になる

おまとめローンとは、現在複数の業者から借りている借金を一つの銀行に集約するもので、銀行カードローンを利用して借りたお金で他の業者からの借金を返済します。
その後は、銀行から借りた分を返済していくことになります。

おまとめローンを利用するメリットとしては、借金の管理が容易になるという点です。
複数業者から借り入れをしている場合は、1ヶ月のうちに何度も返済日を迎えることになりますが、業者によって借入額や金利が違うので返済額も自ずと変わってきます。
これを確認しながら返済手続きをするのは大きな負担となりますので、出来る限り債務は一本化しておきましょう。
 

おまとめローンによって返済額を減らすことも可能

おまとめローンを利用することのメリットのもう1つは、金利の低い銀行カードローンに借り換えることで毎月の返済額を減らすことが出来るという点です。
多重債務に陥っている人は返済に困っている人が多いので、少しでも返済の負担が減ることは大きな意味を持ちます。

おまとめローンの利用によって返済額が減る理由ですが、1つは金利が一般的に低いという点です。
銀行は内部資金を流用するため調達のためのコストが掛からず、その分低金利での貸出が可能になります。

また、金融機関の金利は借入額が大きくなるほど低くなるというのも、返済額を減らすことが出来る要因の1つです。
 

おまとめローンの審査について

おまとめローンを利用して債務を銀行カードローンに一本化するためには、金融機関の行う審査に通過しなければなりません。
審査では、借り主の属性情報や信用情報のそれぞれの項目についてスコアを付けて格付けを行う方法で行われます。

属性情報では、年齢や職業、年収、住まいなどが見られます。
年齢については20歳から65歳位までの人が利用できるのが一般的ですが、あまり若すぎたり齢を取り過ぎたりしていると評価が下がってしまう可能性があります。

職業や年収については何よりも安定性が重視されます。
そのため、たとえ年収の多い自営業者や個人事業主であっても、リストラの心配がなく収入が決まっている公務員のほうが評価が高くなります。

安定性という面では住まいが持ち家かどうかも重要です。
持ち家の場合は賃貸の場合よりも評価が高くなり、審査で有利となる場合が多いです。

信用情報については、返済で滞納していないかといったことや、過去の返済でトラブルを起こしていないかといったことが調べられます。
こういった情報は個人信用機関に登録されていて、すべての業者が閲覧できるようになっています。
 

業者選びの際に注目したいポイント

おまとめローンを利用する際には業者選びも重要なポイントになります。
業者選びのポイントの1つは金利の低さです。

先程の説明にもありましたが、おまとめローンでは金利の低いサービスに借り換えることができれば、その分毎月の返済額を減らすことが出来たり、返済期間を短縮することが可能になります。
逆に金利の高い業者を利用してしまうと返済が増えてしまうこともあるので、出来る限り金利の低いサービスを利用しましょう。

金利の低いサービスというと銀行カードローンということになりますが、場合によっては審査に落ちてしまう場合もあります。
そのような場合は、少々金利が高くても消費者金融のローンを利用することも検討してみましょう。
 

おまとめローンを利用する際の注意点

このように、おまとめローンは多重債務者にとって非常に有益なサービスですが、利用するにあたって注意しなければならない点もあります。
債務を一本化したからといって借金自体は減っていないという点です。

たしかに、金利が低いサービスに借り換えることができれば利息は減りますから毎月の返済額は減りますが、元金部分は変わりません。
中には毎月の返済額が減ったからといって再び別の業者から借り入れをしてしまう人も見られます。
こういったことを繰り返していると結局は元の状態に戻ってしまうことになるので、注意が必要です。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

SMBCモビット
SMBCモビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る