クレジットカードとカードローンの違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードとは

皆さんクレジットカードとカードローンで使用するローンカードの違いはお分かりでしょうか?
同じお金に関するカードでも、意味と利用方法が違います。

クレジットカードの「クレジット」とは、「信用」という意味で、発行元の金融会社が契約者の属性や資金力を信用して発行してくれるカードです。
何かを購入する際に商品代金を現金でその場で支払わなくても、クレジットカードで支払うことができます。
カード利用可の店舗でなくてはならないという条件はありますが、お会計時に機械にカードを通すと、発行元のカード会社に情報が行き、契約内容や利用状況に問題がなければ手続きは完了です。
支払方法も一括・分割・リボなど選択でき、自分の家計状況に合わせて支払うことができます。

さまざまな会社が他業種の会社と提携し、多種多様な特典が提案されたクレジットカードが発行されていますよね。
現金払いよりもカード払いの方が契約者に有利になるよう、ポイントやマイルが貯まる特典付のカードなど、皆さん重宝しているのではないでしょうか。
お買い物以外にも公共料金や保険等でも利用できますし、さらにお得な特典が付いてくる、これを活用しない手はないですね。
ただし、現金が手元になくても買い物ができてしまうこのカード、次の支払がいくらになるかきちんと把握し、支払可能な範囲で利用しましょう。
 

カードローン(ローンカード)とは

カードローンとは、ローンカードを利用して一定の限度額範囲内で自由に繰り返し借入が可能な融資のことです。
比較的大口の借入ができ、商品や契約者の属性によっては数百万円の限度額が設定されることもあります。

原則無担保、保証人もいりません。また、24時間申し込み可能だったり、申し込みから利用開始までネットで完結できる商品も出てきたりと、近年では気軽に利用できる仕組みが整ってきています。
借入たお金の使用目的は基本的に自由で、金利も長期的な返済を見込んで比較的低金利の設定となっている商品が多いです。
しかし、限度額範囲内で何度も繰り返し借入が出来てしまいますから、返済と借入を繰り返していくと金利負担はかさんでしまいますので、計画的な借入・返済を心がけましょう。
 

クレジットカードのキャッシング機能

前述の通りポイント付与など便利に活用できるクレジットカードですが、これに加えてキャッシング機能という特徴があります。
あまり大きな額ではありませんが、クレジットカードを利用すれば、手元に現金が必要な時には現金の借入もできるのです。
申し込みの際、申込書にキャッシング限度額を選択する欄が設けてあるのですが、そこを選択する事で、利用範囲が決まりクレジットとキャッシングの両方の機能を併せ持ったカ
ードになるのです。

クレジット機能を使おうと思っていたのに、誤ってキャッシング機能で借入をしている状態になってしまった・・・という方もいるのではないでしょうか。
一般的に少額の借入を前提とし、返済も翌月一括という方法が多く取られているので、金利が比較的高い設定となっています。利用の際は十分気を付けて使い分けましょう。
 

クレジットカードとカードローン(ローンカード)の違い

ここまで見てくると、ローンカードを提示するだけではお買い物はできませんから、買い物もでき、現金も借りることができるクレジットカードの方が利用価値が高いと感じるか
もしれません。
しかし、現金の借入という点で比較すると、キャッシング機能とカードローンでは大きな違いがいくつか出てきます。

まず一つ目に借入可能金額です。
クレジットカードのキャッシング機能での利用限度額は一般的に50万~100万円ですが、カードローンになると500万円程度の限度額が設定される場合があります。
この限度額を見ると大きな額が必要な方は、もちろん審査はありますが、カードローンの方が適していると言えるでしょう。

加えてこの限度額ですが、クレジットカードの場合、クレジット機能とキャッシング機能の合計額が利用限度額となりますので、たくさん買い物をした月にはキャッシング機能の限度
額が少額になってしまいます。
この点は見落としがちですが重要なことですので注意しましょう。

二つ目に金利です。
キャッシング機能での借り入れは少額で翌月一括返済を前提としていますから金融機関も利益が上がりません。
ですので、20%前後という高い金利を設定している商品が多く見られます。

対してカードローンでは、借入金額が大きく長期的な返済を前提としていますので、各社10%前後の低めの金利設定となっています。
つまり、高金利でまとめて返すか、比較的低金利で少しずつ長期間返し続けるか、という選択になるのです。
 

上手に使い分け

クレジットカードとローンカード、それぞれ特徴がありますから、上手に使い分けるのが良いでしょう。
普段はクレジットカードを利用してポイントを活用しながら、出費がかさんだ月には返済方法が柔軟で金利も低いローンカードを利用するという具合です。
特に返済の目途が立っている一定期間内の借入であれば、無利息のローンカードや7%台といった超低金利の商品もありますから、研究してみましょう。

返済方法や金利などよく吟味して、二つのカードを上手に使い分けると、家計の強い味方になってくれるかもしれませんね。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

SMBCモビット
SMBCモビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る