金利が安いカードローンに借り換えるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安心できる銀行系カードローン

カードローンと言っても、たくさんのローンがあります。
金融機関系のカードローンから、信販系のカードローンまで様々です。

ローンを借り換える場合に、いま借りている金利より高いのであれば、借り変える必要はないでしょう。
信販系でお金を借りているような場合に、金利が高いのでどうにかならないかと思われることがあるでしょう。

その場合に、一番金利が安くて安心して借り入れが出来るところといえば、銀行系のカードローンではないでしょうか。
 

金利について

銀行が出しているローンは、信販系に比べると金利が若干安くなる場合が多いです。 ただ、目的別のローンとフリーローンでは金利も違ってきますし、審査や審査の時に必要な書類も変わってきます。

現在借り入れをしているカードローンがどういう目的で借入しているかでも、借り換える時にその使用目的によっては、借り換えることが出来ない場合もあります。
みなさんも知っているとは思いますが、カードローンの場合は金利が安ければ安いほど審査の時の基準が厳しくなります。
金利の安い目的別のローンを借りたいと思っていても、審査に落ちる可能性もあります。

あと、目的別の場合は、他社のローンへ借り換えを行うこと自体、できなくなっている可能性が非常に高くなります。
目的別の場合、教育資金・車の購入などに関しては、学校の教育資金の料金表が必要になったり、車の見積書などが必要になります。
このような場合は、現在借りているローンの返済には使用できません。

銀行系でも、通常のフリーローンで借入申請を出せば、審査基準も低くて他の借り入れなどで遅れ等がなければ、審査時には収入などは自己申告制で、収入証明書類などは必要になりません。
借り入れは一番簡単なのですが、その分金利も高くなります。

ただ、信販系の金利に比べると若干安くなりますので、借り換えを行うメリットはあります。
 

フリーローンについて

銀行系のカードローンで審査時の書類も少なくてすみ、借入時の金利もフリーローンより低いものがあります。
これは、教育資金用のフリーローンです。
教育資金用のフリーローンにも2種類ありまして、1つは、どこの学校にいくら必要か等をしっかりと申告して、必要な借入金は、直接学校へ振込まれるタイプです。

このタイプの場合は、借り換えには不向きとなります。
もう1つの教育資金用のフリーローンというのがありまして、学校や必要な金額を申請しないといけませんが、お金は自身の口座に直接振込まれるタイプです。

このタイプの教育資金のローンの場合は、学校に行っているか今から行く予定であれば、問題なく借入はできます。
 

気になる審査について

教育資金のローンの場合は、フリーローンの金利より安くなりますが、その分審査が厳しくなります。
ただ、教育資金のローンに申請して審査に落ちたとしても、フリーローンの審査ができなくなったり、審査に落ちる要因にはなりません。

ただ、どちらの場合も銀行が直接貸出をしているわけではなく、審査自体は別の会社が行います。
審査が、教育資金とフリーローンで同じ会社の場合は、教育資金で審査に出して落ちたあとに、フリーローンに審査をお願いすると落ちる可能性が高くなります。
こうならないように、銀行の方もよく分かっていて絶対に審査に通らないようなローンの申請は勧めません。

その点は、担当者としっかりと話をして決めていけばいいだけとなります。
銀行は、審査自体がどのようにされるのか自体詳しくは知りません。

ただ、いえるのは、教育資金とフリーカードローンの審査を行う会社が別会社の場合は、金利の安い方から順に審査をしてもらったらいいと思います。
教育資金のフリーローンの審査に通れば問題はありませんが、審査に落ちた場合には、すぐにフリーローンの審査に出して、借り入れが出来るかどうかを試したほうがいいと思います。

教育資金フリーローンに落ちたからといって諦めずに、フリ-ローンに申請して審査結果を待ちましょう。
フリーローンの場合でも、審査次第では金利を若干上げてきて借り入れが出来るケースが結構あります。
 

金利に幅がある?

フリーローンの金利には幅があり、4%から12%などとなっている場合は、4%では借り入れができなくても、8%程度であれば借り入れが出来る場合があります。
現在、借入しているローンの金利が10%であれば、8%のフリーローンで借り換えを行うメリットはあります。

フリーローンの12%で審査に通過した場合では、その時点では、仮申し込みなので、本申し込みをしなければ良いだけとなります。
フリーカードローンの審査に落ちた場合でも、通常銀行は会社が違う複数のフリーローンを大抵持っています。

その場合は、別のフリーローンで、審査をしてもらうことで借り入れができることもあります。
借り換える場合には、銀行が持っているローンの種類と金利等をしっかりと理解してから、ローンの申請をしましょう。

また審査に落ちた場合には、次にどのローンに審査を出すかなどを決めてから、申請をするのが賢明です。
1つのカードローンの審査に落ちたからといって、諦めてしまわないことが大事です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る