ローンの借り換えをうまく利用する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ローンの借り換えとは?

ローンの借り換えとは、自分がすでに持っているローンを他のところから借りるというものです。
主に借り換え目的のローンを利用したり、同じ用途のローンをA銀行からB銀行に変えるというものです。
この場合、例えばA銀行で組んでいた住宅ローンをB銀行で借りてA銀行に一括で返済し、残債はB銀行に返済することで金利的な負担などを軽減することができます。

また、返済プランを見直すことで家計にかかっていた負担を減らすこともできます。
例えば、転職などによりボーナスが出ない会社に移った時、ボーナス払いのプランだと大変なこともあるでしょう。
それを改善するために借り換えを使うこともあります。

そして借り換えの種類によっては複数のローンをひとつにまとめることもできます。
用途が決まっていない場合は特にこの傾向が強くなっています。
では、これらのメリットについて、さらに具体的に見て行きましょう。
 

借り換えで金利を節約する

まず、借り換えの最も大きなメリットは金利の節約です。
例えば住宅ローンの場合は3パーセント前後が相場と言われていましたが、これはもう昔の話です。

今ではそれより金利が低いところは珍しくなくなり、利率は更に安くなっている傾向すらあるのです。
このため、最も大きな方法として節約のために金利を減らすというのはひとつの大きな方法です。

この場合、気をつけたいこととしてはそのローンが借り換えに対応しているかどうか、ということと、金利が本当に安くなるかどうか、ということです。
中には様々なサービスを利用すればさらに金利が安くなるという金融機関もあり、例えば給与振込口座に指定したりクレジットカードを持つということや、毎月の水道光熱費や学校に関する費用の引き落とし口座としてその金融機関の口座を指定するなど、手間はかかりますが出費はそこまで大きくならないところが非常に多くなっています。

また、借りた分は必ず一括返済に回す必要があります。
ただ、今すでに組んでいる借り入れが一括返済に対応しているかどうかも確認しましょう。
中には一切の増額返済・一括返済を受け付けていないところもあり、そのような場合借り換えは非常に難しくなっている傾向があるのです。
 

借り換えで返済プランを見直す

もう一つメリットとしては、返済プランを変更できるということでしょう。
例えば毎月返済するのが5万円としているプランの場合、借り換えによって毎月の返済額を減らすことも可能になっています。
これはその金融機関によりますが、もし毎月の家計が厳しいのであれば、そういった毎月の返済を楽にするプランもできます。

ただ、気をつけたいのはやはり返済期間が長くなるということです。
返済期間が長くなるということは、つまりそのまま借りている期間が長くなり、返済ペースも遅くなったり、金利が安くても利息として支払う金額が更に高くなる傾向もあるようです。

このため、金利を見なおしたらついでに他の様々なものも見なおしてみるといいでしょう。
例えばボーナス併用払いをボーナス併用ではなく毎月均等払いにしたりすることも可能です。

ただ、こういったことはそれぞれの金融機関の審査によっても違います。
場合によっては金利が安くなっても毎月の支払額は増えて、その分返済期間は短くなるということもあるようです。

このため、毎月代々どのくらいなら返済できそうか、どうしたいのかということを明確にしておくことで、希望する金融機関との話し合いもよりスムーズに進みます。
 

他のローンなどもまとめられる

また、中には他のローンとまとめられるところもあります。
これは用途自由の借金などでよくあることですが、こういったお金の借り方をしているのなら、一つのところにまとめてしまえるのは非常に効率がいいものでしょう。

特に一つにまとめるメリットとしては、返済が月に何度もあったのを一回で済むということがあります。
管理が楽になり、毎月の返済について考えたりお金をやりくりしたりする必要がなくなるので、精神的な負担も減るでしょう。

また、総借入額が大きくなる分、金利も比較的低めの金利が適用されることも期待できます。
借入枠ごとに金利を設定しているような金融機関ならば、その借入金額が大きくなればなるほど金利も低くなる傾向があります。

中には2つの借金をひとつにまとめることで金利が更に安くなったというところもあります。
気をつけたいのは、おまとめに対応しているところかどうか、ということでしょう。

住宅ローン等の場合は特に住宅向けの借り換えにしか対応しておらず、キャッシングなどもひとつにまとめた借り換えには対応していないことが多いものです。
このため、まとめるための借入先次第でこの負担額や内容なども大きく変わってきます。
 

借り換えを検討中と伝えて金利を下げる

最後に、これは金融機関に対する裏ワザとも呼べるものですが、現在借りている銀行などに「借り換えを検討している」と伝えた場合、安くなることもあります。
これは特に住宅向けの融資など大きな借入金額がある場合に限りますが、中には見積もりを持って元々の借り入れをしている金融機関に言えば金利を下げてくれたり、返済プランを考えなおしてくれる可能性があるということでもあります。

これは手間や費用負担などを減らすもっともよい方法ですが、銀行や借り入れの種類によっては冷たく返されてしまうこともあります。
また、返済プランの変更を検討してくれることもありますので、相談してみるといいでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る