​ローン 比較するときのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安心して利用できる業者を選ぶ

銀行や消費者金融のカードローンは担保や保証人が不要であり、幅広い人が利用しやすいサービスとなっています。

しかし、業者の中にはヤミ金と呼ばれる悪徳業者も存在していて、こういった業者を利用してしまうと後々トラブルの原因となってしまいます。
無用なトラブルを避けるためにも、ローンを利用する際には安心して利用できる業者を利用するように心がけましょう。
知名度が高く、誰でも知っているような大手の業者を選ぶのが一番簡単な方法です。

また、利用する業者の財務状況も比較しましょう。
もし利用している業者が倒産してしまうと債務は別の業者に引き継がれますが、そうなると返済方法や金利がこれまでと変わってしまう可能性もあり、返済に行き詰まってしまうことも考えられます。

そのようなことがないように安全性を十分に比較して利用する業者を選ぶようにしましょう。
 

金利の比較は上限金利で

カードローンを利用する上で多くの人が気にするのが金利でしょう。
低い金利でお金を借りることができれば、それだけ発生する利息額が少なく済むわけですから、返済計画が立てやすくなります。

金利を比較する上で注意しなければならないのは、適用される金利には幅があるということです。
業者のサイトを見ると分かりますが、「50万円までの借入の際の金利は14%から18%」といったように、幅を持って表示されています。

そして、低い金利が適用されるためにはその銀行に預金があったり住宅ローンを組んでいたりといった条件が必要で、ほとんどは上限に近い金利が適用されるのです。
ですから、低い14%という数字で比較しても意味が無いのです。

このような理由から、複数の業者の金利を比較する場合に下限金利は意味をなさず、上限金利を比較するべきということになります。
単純に表示されている金利だけを比較して検討することはやめましょう。
 

必要な金額を借りられるか

業者を選ぶ際には、借りられる金額の上限をチェックすることも重要なポイントです。
業者によって利用できる限度額には違いがあり、限度額が50万円までというところもあれば、300万円、500万円といった多額の融資が受けられる業者もあります。
自分がいくら必要なのかを確認して、その金額を借りられるところを選びましょう。

というのも、一般的に借りる金額が大きくなるほど低い金利が適用されるからです。
たとえば200万円のお金が必要な場合、50万円ずつ4社から借りるよりも1社から200万円まとめて借りるほうが低金利での借り入れが可能となるので、返済も楽になります。

また、借金の管理も楽になるので、できるだけ1社からまとめて借りることが重要になります。
ただし、限度額が大きい業者を利用しても必要な金額を借りることができないことがあります。
総量規制というルールがあるからです。

これは消費者金融などの貸金業者からの借り入れを年収の3分の1までに制限するものです。
この場合、200万円必要な人は600万円の年収がなければならいので、それ以下の年収の場合には総量規制の適用外である銀行を利用しなければなりません。
 

審査に通ることができるか

カードローンを利用するためには審査に通る必要があります。
一般的に消費者金融と銀行のサービスを比較すると消費者金融のほうが審査基準が甘めなので、審査に通るか不安がある人は消費者金融系サービスに申し込むようにしましょう。

ただし、審査基準が厳しい分、銀行系サービスのほうが金利が低かったり利用限度額が大きかったりといったメリットがあります。
また、50万円以上のお金を借りる時に消費者金融は収入証明書が必要となるのが普通ですが、銀行の場合には不要なことが多いので、手続きが簡単であるというメリットもあります。
 

申し込み方法や返済方法を選べるか

最近のカードローンは申し込み方法や返済方法が色々と選べるようになっているので便利です。
特にネットからの申し込みが可能だと平日の昼間は忙しくて手続きができないという場合でも、空いた時間を利用して自宅からパソコンやスマホを使って簡単に申し込みができるので使い勝手よく利用することができます。

返済についても多くの業者ではコンビニのATMから返済することができるようになっています。
金融機関のATMは利用時間が限定されますが、コンビニならば深夜でも利用することができるので、時間が間に合わずに返済が遅れてしまうという失敗がなくなります。

また、ネットバンクに口座を持っていればATMまで行く必要もなくなります。
地方にお住まいの方で近くに金融機関の店舗やコンビニがないという時や、足を怪我して歩けないといった場合でも自宅に居ながらにして返済できて便利です。
 

融資までにどのくらいかかるか

カードローンの利用を考えている人の中には、どうしても今日中にお金が必要だという人もいるでしょう。
そのような場合は申し込んでからお金が振り込まれるまでにどのくらいの時間がかかるかということもしっかりと比較することが必要です。

いくら金利が低くても融資まで何日もかかるのでは意味が無いからです。
今日中の融資が必要ならば即日融資サービスを利用するようにしましょう。
基本的に申し込んだその日のうちに融資が受けられます。

ただし、銀行口座に振り込みを希望する場合は銀行業務が終了していると当日中の振り込みが不可能になってしまうので、できるだけ早い時間帯に申し込みを行うようにしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

SMBCモビット
SMBCモビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る