ローンの審査とキャッシング履歴の関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンの利用をするに当たって、お金を貸しても良いかどうか、ローン会社で審査を行います。
ローン会社の審査ですが、いろいろな項目が確認されます。
その人がどれくらいの収入を得ているのか、サラリーマンやフリーター、自営業者などどのような形で仕事をしているのかなどが考査されます。
仕事の形態は、収入の安定性をチェックするために必要です。
自営業者やフリーターと比較すると、毎月給料の発生するサラリーマンは収入が安定しているため、審査では高く評価されます。
そしてカードローンの審査の中では、過去のキャッシング履歴などもチェックされます。
 

信用情報について

カードローン会社は信用情報機関という所に加盟しています。
信用情報機関では、皆さんのこれまでのキャッシングやクレジットカードの利用履歴を記録しています。

もし過去にキャッシングやカードの支払いを滞納したなどのトラブルがあると、「同じようなトラブルを起こすかもしれない」として審査に落ちるリスクが高くなります。
信用情報には、皆さんの個人情報やクレジットカード・キャッシングの加入状況と契約内容、過去2年間のカードやキャッシングの利用状況と返済状況が記されています。
では信用情報にどのようなことが書かれていると、ローンの審査に落ちる危険性が高まるのでしょうか?
 

事故情報がある人は審査に通過しない!?

まずこの情報が書かれていれば、確実にローンの審査に落とされることとして事故情報があります。
よく「ブラックリストに載ったらアウト」という表現が使われます。
このブラックリストに載る状態が事故情報の登録です。

事故情報とは、キャッシングやカードの支払いを滞納するケースです。
ただし1日でも支払いが遅れれば即事故情報登録というわけではありません。
一般的には2~3か月以上の滞納で事故情報扱いになるといわれます。

その他には、過去に債務整理を行ったケースもあります。
任意整理や個人再生、自己破産などいずれも法律に則った借金の圧縮・免除ではあります。
しかし借りたお金を返済しなかったとして、事故情報として登録されます。

キャッシングもクレジットカードも、保証人・担保なしで利用できます。
その代わり保証会社という所が、一種の皆さんの保証人のような役割を果たしています。
もしキャッシングやカードの支払いができなくなると、保証会社が肩代わりをします。
これが代位弁済と言って、これも事故情報扱いになります。
事故情報が乗っていれば、まずキャッシング会社での融資は行われないと思って良いでしょう。
 

返済の延滞やキャッシング履歴は審査に不利!?

先ほど紹介したようにローンの返済をうっかり忘れていて、返済期日の翌日くらいに慌てて返済することもあるでしょう。
このような場合、事故情報にはなりません。

しかし延滞は延滞ですから、それは信用情報に登録されます。
この延滞情報も場合によっては、ローンの審査に影響を及ぼす可能性があります。
ローンの審査でどう判断されるかは、キャッシング会社によって異なります。
たいていの所は、複数回延滞があれば審査は厳しくなります。
1回くらいであればほかの条件が基準を満たせば大丈夫かもしれませんが、カードローンの中には1回延滞があるだけでもNGとしているケースもあるようです。

キャッシング履歴があるだけでは、信用情報に傷がつくことはありません。
ですから、ローンの審査で悪影響が出ることもないです。
むしろキャッシングを利用して、期日内に返済をしていればローン会社にとっては好ましいお客さんといえます。
借りたお金をきちんと返済していれば、それだけ信用力のある人と判断されるからです。
逆に過去一切キャッシングもローンも利用したことのない人の場合、信用力は未知数です。
特に30代以上でまったくカードやキャッシングの情報が信用情報に記載されていないと、過去ブラック情報があって、カードもローンも利用できなかったのでは、と怪しまれる可能性もあります。
きちんと期日内に返済している履歴があれば、むしろ審査では有利に働くことを理解しましょう。
 

どのような状況が審査を不利にするの?

ただし現在進行形でキャッシングの返済をしている場合、それは不利に働く恐れがあります。
あまりに借入額が大きい、複数のキャッシング会社から借り入れを行っているとなると「自分の所にまで返済が回ってこないのではないか?」と不安がられるからです。
もしすでに複数の借入先のある人なら、どれか整理をしてからカードローンの申し込みをした方が良いでしょう。

キャッシング会社によって、どの程度他から借り入れがあるとNGかは、判断が分かれます。
しかし一般的な傾向として、3社を超える借入先のある人は審査が厳しくなるといわれています。

その他にも年収の1/3を超えて貸金業者は融資の出来ない総量規制があります。
この年収の1/3を超えているとか、リミットぎりぎりの返済額を抱えている人も審査通過は厳しくなると思ってください。
どこで借り入れをしていて、いくら借金が残っているかも信用情報にはきちんと登録されています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る