ローン返済における賢い計画の立て方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ返済計画が必要なのか?

カードローンなどの金融商品は好きな時にいつでもお金の借入れを行えるのでとても便利です。
しかし、いくら簡単に借入れを行えるからといって借過ぎは禁物です。
どれほど金利が低いカードローンであっても借入額が高額になると返済が長期化し、経済的な負担が大きくなるからです。
 
なぜローンを組むときには事前に賢い返済計画が必要になるのでしょうか?
それは借入の失敗を防ぐためです。
 
カードローンの返済に失敗すると、いつまで経っても返済が終わらず、延々とお金を払い続けることになります。
収入に余裕のあるうちは返済を行うことも可能ですが、突然出費がかさんだり、減給やリストラなどの万が一のことが起こると少額の返済であっても大きな負担となって生活を圧迫します。
 
収入だけでは返済が困難になると他社から足りない金額の借入を行わなければならず、やがて多重債務を抱えることになります。
一旦多重債務者になると借入の返済に追われ、そこから抜出すのに苦労します。
 
賢い返済計画はこのような事態になることを未然に防ぎ、ローンの負担を最小限に抑える役目を担っています。
 

借入れる前にやるべきこと

賢いローンの返済計画をたてるにあたって、実際にお金を借入れる前にやるべきことが多々あります。
 
第一に、月々いくらまでなら返済にあてることができるのか、その金額を知ることが大切です。
いくら高収入といっても毎月の生活に必要となる金額は世帯ごとによって異なります。
たとえ月100万円稼いでいる方がいても、その方の毎月の生活費が80万円ならば、実際に自由に使える金額は20万円になります。
 
このような方が100万円を借入後、翌月までに一括返済をするといった計画をたてたとしてもそれはとても現実離れした無謀な計画になります。
もちろん、収入とは別に貯金があるのならばそれも可能ですが、収入以外に返済にまわせる資産がないのであれば月々の返済額は毎月の給料から返済を行うことが可能な金額にまで抑えないといけません。
 
自由に使えるお金のことを可処分所得と呼びます。
この可処分所得が高額であればあるほど返済にまわせる金額も高くなるということです。
 
可処分所得の計算方法は、月々の収入から固定費を引いた金額になります。
固定費とは家賃や光熱費、通信費など毎月支払いが必要な費用のことで、固定費が小さければ小さいほど可処分所得が高くなります。
 
返済計画をたてるにあたってはこのような可処分所得の他に、残業代やボーナスについても検討する必要があります。
残業代は全額返済にあてるのか、それとも一部だけにするのか、残業代は一切返済には使わないのかなど、臨時の収入の扱いを事前に決めることで返済の見通しを明るくすることができます。
 

余計な費用は減らす

 月々の可処分所得を把握したら、次は余計な出費、つまり利息の支払いを最小限までに抑える計画が必要になります。
 金融機関から借入をすると、金利に応じて毎日利息が発生します。
金利は借入限度額に応じて変化することがほとんどのため、お金を借入れる際には限度額に対してもっとも低金利な金融機関を選ぶことが費用節約のための第一歩になります。
 
金利は各金融機関のWEBサイトを通じていつでもチェックできます。
ただし、公開されているのは実質年率になるので、詳しい利息を計算したいのならばこの実質年率の仕組みを知らないといけません。
 
実質年率とは一年を通じて元金に対して発生する利息の割合になります。
そのため、一日あたりの利息を知りたい時は、
 
借入額×実質年率÷365日=一日あたりの利息
 
の計算式で算出することになります。
ちなみに、返済を行う時は元金よりも先に利息が充当されることになります。
例えば5万円を返済したとしても利息が1万円ならば、4万円しか借入額に対して返済が行えないということです。
 
この返済の仕組みを知らず、毎月少額ずつ返済を続けるといつまで経ってもなかなか借入額が減らないといった悪循環に陥りやすくなります。
そのため、返済計画をたてる際にはまずいかに素早く元金を減らすかが重要になります。
 
元金が減ると相対的に利息も減っていくので、結果的に総返済額の削減に貢献します。
このような事情から、借入当初はできるだけ返済を優先させた方がよく、残業代やボーナスなどのおかげで収入に余裕がある月は繰り上げ返済をすると最終的に支払う利息の合計額を削減できるのです。
 

リボ払いの賢い付き合い方

カードローンのリボ払いは月々少額から返済ができるため、資金の入用時や収入が少ない時には非常にありがたい返済方法になります。
もちろん、メリットがあればデメリットもあり、毎月少額しか返済しなければいつまで経っても完済せず、知らず知らずのうちに高額な利息を払うことになります。
 
リボ払いの返済をできるだけスマートに終わらせるためには毎月多めに返済するなどの対策が必要になります。
しかし、もともと収入の少ない方にとって月々多めに返済するのは一苦労です。

そこで出番になるのがボーナスなどの臨時収入になります。
 月々の返済は少額に抑えつつ、残業代やボーナスなどの臨時収入があった際には多めに返済をすることで計画的に借入額を減らし、返済期間の長期化を未然に防ぐことができます。
月々いくら返済できるのか、固定費用はどこまで削減できるのか、臨時収入はどのように使うのか、金利のもっとも低い金融機関はどこなのかなど、現実的かつ明確な返済計画をたてることで、余計な不安を抱かず、少ない負担で借入額を完済させることができるのです。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る