一度に何社目でお金を借りられる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数多くの消費者金融や銀行カードローンが存在する昨今。
こうも選択肢が多いと、ついつい複数の金融機関からお金を借りたくなってしまいます。
しかし、複数の金融機関に同時に審査を申し込むのは、あまりお勧めできません。
 
かつては、複数の金融機関から融資を受けることはそれほど難しくありませんでした。
当時はまだ総量規制もなかったですし、審査も今ほどきっちりとしていなかったので、複数の金融機関の審査に同時に合格することははっきりいえば簡単でした。
かつては10社以上から借り入れを行っている人も珍しくありませんでした。
 
しかし、金融機関からの無理な借り入れによる多重債務が社会的な問題になると、こうした流れは一変します。
社会全体が、個人に無理な借り入れをさせないような仕組みを作り始めたのです。
 
国は総量規制制度を導入し、個人が消費者金融から借りられる金額に上限を定めました。
これを受けて消費者金融は審査の内容を今までよりも厳しいものにしました。このような傾向のおかげで多重債務者が減ったのはとても喜ばしいことですが、複数の金融機関から借りられる人が減ってしまったのには弊害もあります。
以前は問題なく借りられるはずだった人も、借りられなくなってしまったのです。
 

多額の融資が必要な場合はどうする?

中小の消費者金融では、契約時の限度額が30万円以下になることも珍しくありません。
初めから高額の借り入れをしたい人はこれでは足りません。
必然的に限度額が大きい大手の消費者金融を利用するか、複数の金融機関に同時に申し込むことになります。
しかし、複数の金融機関に同時に申し込むことは避けたほうがいいでしょう。
 
複数の金融機関に同時に申し込むこと自体は法やルールに抵触するものではありません。
しかし、キャッシングでもカードローンでも金融機関からお金を借りると、その信用情報が信用情報機関に残ることになります。
あまりにも短期間に多くの金融機関からお金を借りていると、のちの審査が厳しくなります。

複数の金融機関に同時に申し込んでいるということはそれだけせっぱつまっているということであり、金融機関は警戒します。
どこまで信頼がおける話か分かりませんが、1か月に3社以上の申し込みをするといわゆるブラックとして扱われるようになり、審査に通らなくなるという話もあります。
 
この数字がどこまで正確なのかは不明ですが、とにかく短期間の間に複数の金融機関に対して申し込むのは避けたほうがいいでしょう。
本来なら借りられたはずのものも借りられなくなってしまいます。
 
そこまでキャッシングを必要としていない場合は、1社に絞って申し込んだほうが、借りられる可能性が高まります。
どうしても複数申し込みが必要な時には2社までなら申し込んでもいいでしょう。
 

最高で何社まで借りられるのか?

短期間に複数の金融機関に申し込むのはNGですが、時期をずらせば複数の金融機関から借りられるものです。
では、具体的には何社まで借りられるのでしょうか。
 
これも決まった基準のようなものはないですが、大手消費者金融の場合は他社借入件数が4社以上だと、借入額にかかわらず新規の借り入れを断る傾向があるようです。
モビットやアコム、プロミスなどの大手消費者金融から借り入れる場合は注意が必要です。
 
中堅以下の消費者金融の場合は借入件数がもう少し多くても借りられることもありますが、それでもやはり限度はあります。
規模が小さい消費者金融ほど審査が甘く、借りられる可能性は高まる一方で、闇金との境目があいまいになってきます。
借入件数が多すぎる場合は、無理に新規で借りようとせずに、おまとめローンを使ったほうがいいかもしれません。
 
おまとめローンとは、簡単に言えば複数のローンを一本化できる金融商品のことです。
まず、新たに金融機関からお金を借りて、そのお金で現在の債務をすべて返済します。
そして、その後は新たに借りた金融機関に対して返済を行っていきます。
 
金利が低いおまとめローンを利用すれば、以前よりも金利の支払いが少なくなり、総支払額を抑えることが可能になります。
また、債務を一本化することにより、月々の支払い回数が1回になり、口座の管理が楽になるというメリットもあります。
 
おまとめローンには消費者金融の商品と、銀行の商品があります。
金利が低いのはやはり銀行のほうです。
借りられるものならば銀行のおまとめローンを使用したいものですが、その分審査も厳しいので注意が必要です。
 
おまとめローンを利用する場合も、借入件数があまりにも多いと断られてしまうことがあります。借入件数が4社以上あるという場合は、とりあえずまとまったお金を用意して、残りの債務が少ないものについては完済してしまったほうがよいでしょう。そうして借入件数を減らしてから審査に臨めば、借りられる可能性はぐんと高まります。
 

まとめ

複数の金融機関に同時に申し込みを行うと、借りられる可能性が低くなり、ブラック扱いされることもあるのでしてはいけません。
また、借入件数が多くなった場合はおまとめローンを利用することによって金利の支払いが楽になり、毎月の支払いの管理も簡単になります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る