教育資金を銀行カードローンで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

教育にはお金がかかる

子どもが高校や大学に進学するにあたって、親としては教育費を工面する必要が出てきます。
ここで問題になるのは、世帯によっては教育費を工面できるような経済状況ではない可能性もある点です。

子供一人を大学まで卒業させるには、2000万円は必要です。
またマイホームを購入して住宅ローンの返済も行っている世帯では、教育費まで手が回らないという人も出てくるでしょう。
しかし日本の現状は、やはり高学歴であった方がよりよい条件で就職しやすいことは確かです。
子どもに少しでもいい教育を受けさせたい、でもそのお金を今自分たちでは工面できない、そういった場合は、他から教育資金を調達しないといけません。

教育資金を調達する方法として、奨学金の利用がまず検討されるでしょう。
教育費を一時的に融資してもらって、例えば卒業後仕事をし始めるようになったところで融資してもらったお金を返済する方法です。

しかし奨学金だけでも、必要な資金が集まらないことも想定できます。
その他にも、奨学金を受けるためには審査を通過しないといけません。
中には審査で落ちてしまう人もいるでしょう。
その場合には、奨学金以外の方法で教育資金を調達する必要が出てきます。
 

教育ローンの利用

奨学金では十分なお金の融資が受けられない、何らかの事情で審査に落ちてしまったというのであれば、教育ローンによる資金調達を検討しないといけません。
教育ローンは、さらにその中でも2種類に分類できます。
まずは国の行っているローンを利用する方法です。

日本政策金融公庫というところでは、教育一般貸付と呼ばれる資金融資を実施しています。
そしてもう一つは、民間の金融機関の取り扱っている教育ローンを利用する方法です。

銀行の他にも信用金庫や労働金庫、JAバンクといったところでサービスを展開しています。
国のローンを利用するためには、世帯の所得が一定以下でないといけないなど、申し込みする際に制限が加わります。

民間の教育ローンの場合、他のローンと一緒である程度の収入があって、過去にローン返済でトラブルを起こしたことのない人であれば、融資を受けられる可能性は高いです。
 

銀行カードローンで借り入れする

教育ローンのサービスを提供している金融機関の中には、銀行カードローンタイプの融資を実施しているところも見られます。
銀行カードローンの場合、ローンカードを使ってATMなどを利用してお金の借入や返済を行います。
一度にまとまった金額の借入をするのではなく、必要な時に必要な分だけ借り入れます。

しかもお金に余裕のある時に、これまたATMを利用して好きな額だけ返済できます。
このように、自分のペースで借り入れや返済のできる銀行カードローンを教育資金の捻出のために利用するのも良いでしょう。
通常の銀行カードローンと同様で、審査結果に基づき、一定の借入限度額が設定されます。

その枠内であれば、好きな時に借り入れや返済が可能です。
しかもATMを使った手続きで、はたから見れば預金を下ろしているように見えるため、借金をしている後ろめたさや他人の目を気にする必要もないでしょう。
 

北海道銀行カードローン

北海道銀行カードローンの中に、道銀教育ローンと呼ばれる商品があります。
最高で1000万円までの融資に対応していて、借入限度額の枠内であれば、ATMを使って好きな時に借り入れと返済ができます。
来店する必要はなく、インターネットを使って簡単に申し込み手続きができます。
しかも審査手続きもスピーディで、最短で翌営業日には回答がきます。
収入にあまり余裕のない人は、在学期間中は利息だけ返済すればOKと、返済する側に無理な計画を立てさせないようにしているところも魅力です。
金利は2015年8月の段階で変動金利・年利2.975%と低金利に設定されています。
 

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンの中でも、教育ローンに特化した商品があります。
こちらも通常の銀行カードローンと同様で、審査結果に基づき借入限度額が設定されます。
その枠内であれば、在学中はローンカードを利用して、ATMで借り入れや返済を繰り返し利用できます。
横浜銀行を普段利用している人は、銀行カードローンを利用すればメリットもあります。
例えば給与振り込みで口座利用しているとか、横浜銀行の住宅ローンを利用している人はそれぞれ年利0.3%の優遇が受けられます。
このため、通常2015年8月段階で2.8%の金利ですが、最大で0.7%マイナスの2.1%の金利にすることも可能です。
 

西日本シティ銀行カードローン

西日本シティ銀行カードローンの中には、NCB EZ教育カードローンと呼ばれる商品があります。
手軽に申し込みできるのが魅力で、希望限度額300万円までであれば収入証明書の申し込み時の提出を省けます。
来店する必要もなく、インターネットの他にも電話やファックスを使って申し込みできます。
このような銀行カードローンで教育資金を調達できる金融機関があれば、積極的に利用してみるのも有効です。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る