転職したばかりでも即日借入できる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「勤続年数ゼロ」は借入に不利か?

転職したばかりの時期というものは、意外に物入りだったりします。
転職先での歓迎会が続いたり、最初の給料日が意外と遠かったり、場合によっては転職に伴う引っ越しなどで、新しく敷金や礼金を支払う必要があったり、家具一式を新しく買い揃えたりなど、想像以上の出費に悩まされることがあるかもしれません。

そんなとき、心強い味方となってくれるのが、即日借入可能なカードローンです。
即日借入とは読んで字のごとく、申し込みをしたその日に現金の借入が可能であるということを指します。
 
しかしながら、こうした即日借入可能なカードローンを申し込む際に、どうしても気になることがあります。
それは、転職したばかりである=勤続年数ゼロの状態で申し込みをして、審査で落とされてしまうことがないだろうか? という点です。
カードローンの審査とは、申し込みをした方の「返済能力」を見極めるために行われます。

この返済能力について、どのような基準で審査が行われているのかは、各業者の重要なノウハウでもあるため、具体的な要素は明らかにされていません。
しかしながら、例えば安定した収入のあることや、これまで借入を行ってきた中で返済を滞らせた履歴のないことなどが、返済能力が高い=審査に通りやすい、と判断される傾向にあるということが知られています。
 
このような返済能力の審査では、現在の職業や、勤務先の企業情報、そして借入申し込みをした方の勤続年数なども、ひとつの基準として見られています。

例えば、職業だったら、一般的に安定した収入が見込まれるとされる公務員や正社員、あるいは医者や弁護士などの国家資格が必要な職業に就いている方は、審査に有利な傾向があります。勤務先の企業に関しても、同じ正社員という属性であっても、倒産しにくいとされる大企業に勤めている方は、中小企業を勤め先とする方よりも審査に有利であると言われています。
どちらも、問題となっているのは「収入の高さ」より「収入の安定性」であるという点がポイントでしょう。
つまり、カードローンの審査=返済能力の有無というものは「安定した収入」の有無にかかっているといって過言ではありません。

そのため、転職したばかりでカードローンの申し込みを行った場合、「勤続年数ゼロ」という点が、「仕事の続かない人」=「安定した収入を継続して得ることが困難な人」であると判断される可能性がないとは言い切れないでしょう。
 
しかしながら、数百万単位などの高額な借入金額はともかく、例えば「立て続けの飲み会を乗り越える」ために必要な少額の借入であれば、即日借入の審査に通る可能性は十分に存在します。
また、100万円までの借入申し込みであれば、収入証明の提出等を行わずとも、即日借入可能となっているカードローンサービスは多く存在しますので、急な金欠でも慌てることなく、自分に合ったカードローンを見極めることが大切でしょう。
 

転職に伴う際の手続きで注意すべき点

もし、転職に伴い、勤続年数がゼロにリセットされることで、即日借入可能なカードローンの審査に通りにくくなったらどうしよう……と悩まれる場合には、思い切って、転職前にあらかじめ即日借入可能なカードローンの契約を行うのも良いかもしれません。
即日借入可能なカードローンの多くは、借入を行った資金を自由に使うことができるよう設定されていますので、例えば転職に伴う引っ越し資金をあらかじめ借入申し込みすることも可能となります。
転職後の給与から返済を続ければ良いのですから、特に、既に転職先が決まっている方にとっては、先手を打つという意味でも、用立てておいて損はない手法かと思います。
 
ただし、いざ転職が決まって引っ越す場合などは、契約先のカードローンに、きちんと勤務先および住所の変更について届け出をすることが必要です。
この届け出をしておかないと、返済能力に関わる「信頼性」が疑問視されて、カードローンが利用できなくなった、という事態にもなりかねませんので、慌ただしく転職する中でうっかり届け出を忘れていた……という状況にならないよう気を付けてください。

最近では、インターネットやスマートフォンのアプリから、こうした届け出内容の変更手続きのできるカードローンも増えてきました。
カードローンを選ぶ際には、そうした利便性の観点からも様々な商品を比較すると良いでしょう。
 

自営業を始める場合

さて、これまでは転職に伴い新しい会社に勤め始めることを前提にお話をしてまいりましたが、もし新しく自営業を始める、あるいは個人事業主になる、という場合にはまた別の注意が必要です。
というのも、即日借入可能なカードローンのほとんどが、その資金使途から「事業性資金を除く」という条件を設けている、つまり自営業等の準備を行うためにカードローンを利用してはいけないと定めているからです。

しかしながら、そうした方向けには別途、自営業や個人事業主の方に向けた目的別カードローンが用意されています。
こちらも即日借入可能なサービスが多く提供されていますので、よく計画立ててじっくり選んでみてください。

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る