最短即日で、必要な現金が手に入れられるカードローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンとは、一般的に個人の信用情報や本人確認等によって審査が行われ、その結果如何によって無担保でお金を借りる事が出来る、融資の事を指します。

サービスを受ける為、カードを作成するのが一般的で、分割での返済も可能なのが特徴的です。

主に銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンがあります。
銀行系の場合は、審査が厳格に行われる傾向にあると言われているのは、周知の事実です。

審査が通りにくいと言われるのには、理由があります。
何故なら銀行の場合、提携している保証会社も一緒に審査を行っているからです。
銀行、保証会社と2つの審査でふるいにかけられるのですから、どうしても審査が通りにくくなり、時間も掛かってしまいます。
 

銀行系と消費者金融系、結局どっちがいいの?

しかし近年、即日融資を行う銀行が急増する傾向にあります。
消費者金融系同様、最短でその日のうちに必要とする金額を借りられるようになった事から、便利な時代になったと言えるでしょう。

従前では難しいとされてきた、専業主婦の方やパートの方でも、借りられる場合もあります。
金融自由化以降、想像以上に柔軟性を帯びるようになってきたと考えられます。

もともと銀行は、大口融資に強みを持っていました。
審査を通過した場合、比較的大きな金額を、限度額内で何度でも借りたり返したり出来る点もまた、メリットの一つだと言えるでしょう。
それに比べ消費者金融系のカードローンは、銀行に比べ審査の基準がやや緩和されていると言えます。
融資が実行されるまで、圧倒的な早さを誇るのです。

最短では、融資を申し込んだその日のうちにお金を受け取る場合もあります。
急な資金需要が生じた場合、最短での融資を希望するケースが殆どですから、消費者金融系を選んでみるのも良いでしょう。
 

審査が通りやすいのは?

銀行系や消費者金融系いずれも、公務員や企業規模を問わず、企業で正社員として勤務されている方は、基本的に審査が通りやすい傾向にあります。
なかでも公務員の場合、安定している影響もあってかが最も審査に通りやすいと考えられているようです。

しかしカードローンは、公務員に限定されず条件に合致すれば、審査を通過しますし最短融資も可能になります。
ですから学生や専業主婦の方であっても、一定の収入があれば申し込み可能な場合がほとんどです。

最短で融資を申し込んだその日の午後から、融資希望額が口座に振り込んで貰う事が出来ます。
審査時には、過去の延滞記録、勤務年数等各社によって違いはあるものの、最短で融資を行う為の条件が各社にあるのは、言うまでもありません。
それは公務員に限らず、どの職業の方であっても基本的には同じだと把握しておいて下さい。
消費者金融系のカードローンは、審査基準がいささか緩やかに設定されています。

しかし誰もが、最短で必要とする金額を借り入れられる訳ではありません。
誰もが社名を一度は聞いた事がある大手の場合、しっかりとした審査が行われています。
消費者金融系の場合、保証会社と提携していないケースが殆どです。

各社が独自の基準を設け、審査を行っていますので、最短で当日に融資を行って貰う事が可能なシステムになっています。
A社の審査にパス出来なかったものの、B社に申し込んだら審査を通過したというケースも、珍しくありません。

消費者金融各社のほとんどがホームページを開設していますので、24時間カードローンを申し込む事が可能な場合が多いです。
また、銀行のATMだけではなく自動契約機や、提携するコンビニのATMで、簡単に下ろせますから非常に便利です。
延滞や自己破産といった事故情報が登録されている場合、融資そのものが受けにくくなってしまいますので、注意して下さい。
 

個人の信用情報が大事!

消費者金融に限らず銀行においても、最短での融資を行う際に最も重要視しているのが、個人の信用情報です。
諸般の事情によって急にお金が必要になった時、誰もが最短での融資して下さる金融機関を探そうとするのは、言うまでもありません。
カードローンには、様々な商品があります。

まずは銀行系、消費者金融系問わず業界大手と呼ばれる会社に、カードローンを申し込んで下さい。
その結果審査をパス出来なかった場合、よりハードルの低い会社を選びましょう。

また複数の会社でカードローンを組むよりも、借入先と交渉して限度額を大きくして貰った方がより賢い利用法になるでしょう。
何故なら、限度額が高くなればなるほど、低く設定されるのが一般的だからです。

中長期的な観点に立った場合、その方がトータルの返済額がお得になり、毎月の支払いが楽になります。

銀行、消費者金融の融資担当者は、詳細を詳しく説明して下さいますのでぜひご確認下さい。
最短でその日のうちに借りられるという利便性と引き替えに、金利を高めに設定している事を、忘れてはなりません。

金利をはじめとした返済条件には最大限注意を払い、返済計画をしっかり立て、自己責任の原則の下でカードローンを利用する事が大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る