初めてお金を借りるときに知っておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシングサービスは非常に便利なものですが、その基本的な仕組みを知ればさらにお得に利用できます。
ここではお金借りる際に必要となる基本的な知識についてご説明したいと思います。
 

キャッシングとカードローンの違いってなんだ!?

お金借りるためのサービスといえばキャッシングとカードローンですが、皆さんは両者の違いをご存知ですか?
 
両者の一番の違いは返済方法です。
キャッシングは基本的に翌月一括払いです。
それに対して、カードローンは複数回に分けて返済するのが普通です。
少額のお金借りる際にはキャッシング、ある程度まとまった金額のお金借りる際にはカードローンと使い分けるのが普通です。
どちらかというとキャッシングのほうが心理的なハードルとしては低いですね。
 
また、金利にも差があります。
一般的にキャッシングよりもカードローンのほうがより低い金利で借りられます。
反面、カードローンはキャッシングと比べると敷居が高く、審査が厳しいという特徴があります。
 
ただ、審査が厳しいといっても、住宅ローンや自動車ローンのような面倒な審査があるわけではありません。
最近は即日で融資を受けられるカードローンも増えています。
安定した収入と職業があれば審査に合格するのはそれほど難しいことではありません。
 

総量規制ってなんだ!?

総量規制とは、過剰な貸し付けを防ぐための仕組みです。
具体的には、債務者が年収の3分の1を超える借り入れができないようにするための規制です。

たとえば、年収が600万円の人は、200万円が借りられる上限となります。
総量規制によって多くの消費者金融が倒産し、債務者も救済されたわけですが、新規に借り入れをする人にとっては厄介な仕組みともいえます。
 
ただし、お金を借りるとすべて総量規制の対象になるわけではありません。
住宅ローン、自動車ローン、不動産担保のローン、有価証券担保のローンなどはすべて総量規制の対象外となっています。
貸し手が銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協などである場合は総量規制の適用外となります。
また、事業性資金の借り入れも適用外です。
 
逆に総量規制の対象となるのが個人向けのキャッシングや消費者金融のカードローンです。
これらに関しては、信用情報に残高が記録されますし、返済の遅滞なども共有されるので注意が必要です。
 

審査に落ちるとなぜまずいの?

結論から言えば、審査に1回でも落ちてしまうと2回目以降の審査は極めて厳しいものになります。
たくさん受ければ1つぐらい合格するだろう、と考えてはいけません。
お金借りるための審査は、個人情報の信用情報をもとに行われます。
そして、その信用情報の中にはカードローンやキャッシングの申し込み履歴も残ります。
 
つまり、2回目以降の審査では、以前の審査の結果を確認されてしまうわけですね。
貸す側としては当然、審査に落ちたことがある人にはお金を貸したくありません。
そうならないためにも、必ず最初の審査で合格するようにしましょう。
審査に受かる方法については別記事を参照してください。
 

金利の計算ってどうやるの?

金利の計算は日割りで行います。
たとえば、10万円を金利10%で借りるとします。
その場合、1日当たりの金利は100万×10%÷365日≒27円となります。
この金利で30日借りた場合、合計利息は27円×30日=810円となります。
 
一方、金利が18%だった場合、30日間の合計利息は1470円になります。
その差は660円です。
1か月で返済する場合は大した差にはなりませんが、返済期間が延びれば伸びるほど金利による利息の差は大きくなります。
金利は少しでも安いところで借りるようにしましょう。
 

金利が0%のキャッシングやカードローンがあるって本当?

一部の金融機関は、一定の条件を満たした人を対象に、一定期間の間だけ金利を0にするサービスを行っています。
たとえば、「アコム」は初めて借り入れをする人を対象に、30日までの金利を0%にするサービスを行っています。
30日以内に返済すれば利息は1円も払わなくてOKというわけです。

お金借りる際には、こうした借り手にとって有利な条件を提示している金融機関を使うことが大切です。
 

主婦がお金を借りる際に気を付けるべきことは?

一番大切なのは夫の同意を得ることです。
特に妻が専業主婦という場合はなおさらです。

夫の収入から妻名義の借金を返済することになるのですから当然です。
できれば自分の収入を確保してからお金借りることをお勧めします。
返済の計画が立てやすくなります。
 

返済計画のポイントは?

住宅ローンの返済は「低金利・長期間」がよいとされていますが、キャッシングやカードローンでお金借りる際には「低金利・短期間」での返済が鉄則です。
返済期間が長くなればなるほど、利息は高くなってしまいます。
毎月の返済額が少なくなるからと長期間を選んでしまう人は多いですが、なるべく早く返済するほうが最終的な支払金額は少なくなります。
 
ボーナスが入った時には一気に返すなどして、積極的に繰り上げ返済を行っていきましょう。
 

返済方法は?

基本的には口座からの自動引き落としになります。
その都度ATMに行くのもいいですが、1日でも遅滞してしまうと信用情報に傷がついてしまいます。
自動引き落としならばそのような心配もないので安心です。
ただし、口座内にお金がなければどうしようもないので、常に一定額を入れておくようにしましょう。
 

お金借りるのは怖いこと?

返済計画をきちんと立て、その通りに行動できるのならば怖いことではありません。
キャッシングやカードローンを提供している会社の大部分は銀行や大手消費者金融であり、信頼できます。
完済する日まで気を緩めないことが、お金を借りるコツです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

SMBCモビット
SMBCモビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る