無担保のビジネスローンについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一時的に資金繰りが悪化したときや、急に資金が必要になったときの心強い味方であるビジネスローン。
中でも無担保のビジネスローンは利便性が高く、多くの個人事業主や小規模法人経営者に利用されています。

今回は無担保ローンのメリットとデメリット、使い方を中心に解説していきたいと思います。
 

担保とは

担保とは、万が一債務の履行が出来なくなった場合に備えて、債権者が債務者に提供させる対象のことをいいます。
債務の履行が出来なくなった場合は、債権者は担保を獲得します。

たとえば、今あなたが1000万円を借りたいとします。
むろん中には無担保で貸し出してくれる金融機関もありますが、中にはあなたを信用せずに、なにか担保を差し出させる金融機関もあります。
その場合あなたは今持っている財産を担保として差し出し、それと引き換えに1000万円を借ります。

差し出す担保はいろいろありますが、一番使い勝手がいい担保は土地や建物などの不動産系です。
債務者が債務の履行が出来なくなった場合、金融機関は担保になっていた土地や建物を競売などの形で売却し、そのお金を債務の返済に充てます。
不動産は短期的に価格が上がったり下がったりすることがあまりないため、担保としては優秀です。

そのほか、売掛債権(将来売掛金を受け取れる権利)、株式や社債、金融債などの有価証券、定期預金や定期積金などの預金が担保として使用されることもあります。

無担保ビジネスローンとは読んで字のごとく、この担保が必要ないビジネスローンのことです。
 

無担保ビジネスローンのメリット

無担保ローンの一番のメリットは、担保を用意しなくていいことです。
ローンを利用するのは主に事業開始直後や資金繰りが悪化しているときなどですが、これらのケースでは所持している資産に余裕がなく担保として差し出せるものがないことが大半です。

また、無担保ローンは担保を処分されてしまわないというメリットもあります。
担保に事業に必要な土地や建物を設定してしまうと、万が一債務が履行できなくなったときにその土地や建物を没収され、以降の事業が出来なくなってしまう可能性があります。
無担保ローンならば自分の資産を没収される可能性がないので、安心して事業を行うことができます。

また、無担保ビジネスローンは有担保ビジネスローンと比べると審査が早いことが多いです。
有担保ビジネスローンでは本当にその担保が万が一の際にきちんとお金に換えることができるのかをチェックしなければなりませんが、無担保ローンではそのようなことを行う必要もないからです。

また、ビジネスローンは個人ではなく企業を対象としたサービスのため、即座の融資に対応しやすい仕組みになっています。
 

無担保ビジネスローンのデメリット

一番のデメリットは金利が高くなりがちなことです。
金融機関は一般的に借金の返済のめどが立っている人を優遇し、そうでない人を冷遇する傾向があります。
担保に充てるものを持っているということは万が一の時にも借金が返済できるということなので、金利は安く、返済期間は長くなります。
逆に無担保ビジネスローンでは金融機関側に万が一の際の補償がないため、金利は高く、返済期間は短くなりがちです。

担保にもいろいろな種類のものがありますが、中でも信頼性が高いのは不動産担保で、長期の借り入れが可能になります。
売掛債権などは不動産を担保にする場合と比べれば金利は高く、返済期間は長くなりがちですが、それでも無担保ビジネスローンよりは有利な条件で借りられることが多いです。

ちなみに、具体的な無担保ビジネスローンの金利ですが、高いところでは法定金利ぎりぎり(15~18%程度)になっています。
仮に金利15%だとしても、100万円借りたら1年で15万円借金が増えることになります。

また、無担保ビジネスローンの借入限度額は有担保ビジネスローンと比べると低くなります。
より多くの資金が必要な場合には別の金融機関にお願いしなければならないため、手間がかかります。
融資額の上限は大体300万円~500万円程度になっていることが多いです。このあたりは金融機関に事前に確認を取っておくといいでしょう。
 

銀行系とノンバンク系

無担保ビジネスローンを取り扱っている金融機関は銀行系とノンバンク系に分類することができます。
ノンバンクとは預金業務を行わず、銀行からの借り入れをもとに融資を行っている金融機関のことで、平たく言えば消費者金融のことです。

銀行系のビジネスローンは金利が低い反面、審査が厳しいというデメリットがあります。
ノンバンクはその逆で、金利は高くなりがちですが、審査は銀行系ほど厳しくありません。
できることならば金利が低い銀行系のビジネスローンを利用するに越したことはありませんが、どうしても急ぎで融資が受けたいという場合には審査が簡単なノンバンクを利用したほうがいいでしょう。
ケースによって使い分けることが肝心です。
 

金融機関の選び方

まずは業者の信頼性をチェックしましょう。
誰もが名前を知っている銀行や消費者金融ならばそれほど不安はないですが、中には有名企業によく似た名前を付けて消費者をだまそうとする悪質な業者も存在しています。

悪徳業者は財務省に登録していないのですぐわかります。
怪しいなと思ったら貸金業協会のホームページでその業者を検索してみましょう。

次に金利と借入期間について。当然ですが金利は低く、借入期間は長いに越したことはありません。
ただし、即金が必要な場合はあまり金利や借入期間のことでぜいたくを言っている余裕はないかもしれません。

短期間のうちに返済してしまう場合は金利が高くても大した痛手にならないので、そのあたりは状況に基づいて判断しましょう。

目安として金利は大体7~18%前後、借入期間は最長で50回~150階程度に収まるところが多いようです。

あとは融資対象者もチェックしましょう。
無担保ビジネスローンには法人経営者向けのものと、個人事業者向けのもの、その両方を対象としたものがあります。

融資にかかる時間も大切です。
無担保ローンは主につなぎ資金として使うものなので、審査に長い時間がかかる事業者は避けたいところです。
アコムやプロミスなどの消費者金融系は当日融資が可能なところが多いのであまり心配する必要はないですが、銀行系の場合は数日待たされることもあります。

次に資金の用途について。無担保ビジネスローンは用途が自由なものと、事業性資金に限定されているものがあります。
事業性資金に限定されているものの方が金利は低いことが多いです。
 

無担保ビジネスローンの審査とコツ

無担保ビジネスローンの審査基準はローン会社ごとにまちまちですが、一般的には会社の与信と代表者の与信の両方がチェックされます。

まずは会社の与信に関してです。
債務超過に陥っていたり、前年の決算が赤字だったりすると、審査に合格できる可能性はぐんと低くなってしまいます。

しかし、ビジネスローンが必要になるのは債務超過に陥っていたり、前年の決算が赤字だったりするときです。

借りたいときに借りられない、借りたくないときには借りられるという矛盾がありますよね。

このような中でビジネスローンを借りるコツは債務超過に陥ったり、前年の決算が赤字になったりする前に融資を受けておくことです。
いいかえれば、経営が順調にいっているときに融資を受けるのです。

また、税金の未納がある場合も審査ではじかれます。
そのためには当たり前ですが税金をきちんと納付することが大事です。

あとはある程度の業歴も必要です。中には創業資金を融資してくれるようなタイプの無担保ビジネスローンもありますが、一般的には3年程度の業績がないと融資が受けられません。
開業直後に資金不足に陥るとだれからも融資を受けられない可能性が高いので、開業資金は余裕を持って用意しておくようにしましょう。
あとは事業計画、収支計画、資金計画などの提出を行います。

個人の与信に関してはあまり重視されませんが、万が一の際に経営者自身に返済能力があるかがチェックされます。
 

無担保ビジネスローンを使うべき時・使わないほうがいい時

無担保ビジネスローンは確かに便利なサービスですが、だからといってどんな時でも頼っていいのかというとそんなことはありません。
無担保ビジネスローンはあくまでも借金ですから、最終的には借りた金額よりも多くの額を返済しなければなりません。

また、ビジネスローンは他のローンと比べると金利が高くなっています。

これらのことを考えると、無担保ビジネスローンはあくまでも一時的なつなぎ融資として利用するにとどめておいた方がいいといえます。
長期で融資を受けたいのならば公的融資や銀行から借りたほうが金利も低いのでお得です。

無担保ビジネスローンは緊急避難的に使用するにとどめておきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る