ビジネスローンの金利について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小規模法人の経営者や個人事業主の心強い味方であるビジネスローン。
特に開業したての時期は何かと入用なので、世話になることも多いはずです。

しかし、世の中にはたくさんのビジネスローンがあるため、どのサービスを利用すればいいのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は代表的な金融機関が提供しているビジネスローンを比較していきたいと思います。
融資を受ける際の参考にしていただければと思います。
 

出光クレジット 事業者向け不動産担保ローン

出光クレジットのビジネスローンです。
不動産を担保にして融資を受けます。

代表者の家族の所有する建物、法人役員名義の土地など、自身の名義でない不動産も担保にできるのが特徴です。
審査は最短5営業日と短く、事業性資金(運転資金、設備資金)として活用することができます。保証人は原則不要です。
 
融資金額は100万円~5000万円、金利は3.0~9.8%です。遅延損害金は14.6%です。
 

ビジネクスト カードローン

ビジネクストのビジネスローンです。
決算期などのまとまった資金が必要な時はもちろん、一時的なつなぎ資金としても人気の高い有名なビジネスローンです。

個人事業主はもちろん、法人でも利用することができます。保証人は原則不要です。
 
融資金額は50万円~1000万円、金利は8.0%~15.0%(利用限度額100万円以上)、13.0%~18.0%(利用限度額100万円未満)、遅延損害金は20.0%となっています。
 

オリコ事業者ローン CREST for Biz

オリコの個人事業主を対象としたビジネスローンです。
いわゆる総量規制の例外貸付商品です。

個人事業のありとあらゆるシーンで有効に活躍する利便性の高いカードローンで、年会費は無料です。
全国のATMやキャッシュディスペンサーから利用できるなど、汎用性の高さがポイントです。
 
融資金額は30万円~300万円、金利は6.0%~18.0%、遅延損害金は18.0%です。
金利は融資金額によって上下します(融資額が多い方が金利が低くなります)。
 

シンキ オーナーズセレクトカード

シンキのビジネスローンです。
ビジネスローンではありますが、プライベートにも使える便利なカードローンです。
入会金・年会費ともに不要なのでとりあえず持っているだけでも便利なカードローンといえます。
申し込み対象は個人事業主、および法人経営者です。
 
融資金額は最大で300万円。
金利は13.0%~18.0%となっています。遅延損害金は20.0%となっています。
 

ORIX CLUB CARD

オリックスクレジット株式会社ビジネスローンです。経営者はもとより、個人事業主の幅広いニーズにも対応してくれる便利なビジネスローンです。
オリックスクレジット株式会社が経営しているという安心感と、最短60分で審査回答が受けられるというスピーディーな審査が魅力です。
運転資金やつなぎ資金などにも便利で、全国のATM・キャッシュディスペンサーから利用することが可能です。
 
融資金額は最大で500万円。金利は6.0%~18.0%となっています。遅延損害金は19.9%です。
 

ジェイ・エフ・シー株式会社 ビジネスローン

ジェイ・エフ・シー株式会社のビジネスローンです。
他のビジネスローンとの一番の違いは企業や創業、開業資金が借りられることです。

そのため、融資金額は他のビジネスローンと比べると非常に高く設定されています。
もちろん、他のビジネスローンと同じように運転資金や設備資金、借り換え資金として使うことも可能です。
 
融資金額は300万円~5億円。
ただし、5億円以上も相談可能です。
金利は年15.0%以内、遅延損害金は年20.0%以内となっています。
 

ミタカ 商業手形割引

三鷹産業の商業手形割引です。
商業手形割引とは、金融機関が企業の持ち込んだ手形を買い取ることにより行う融資です。
手形の支払期日に決済をすることにより、金融機関は融資を回収します。

多少特殊な形態ではありますが、意味するところは通常の融資と変わりありません。
現実の出金を先に延ばす手段として使う企業も多いです。
 
ミタカの商業手形割引は調査手数料・保証料・取立料すべて無料。
最短で10分というスピーディーな審査も特徴です。
 
融資金額は10万円~5000万円。
金利は8.76%~18.0%となっています。
遅延損害金は20.0%となっています。
 

東京スター銀行 売掛債権担保ローン

東京スター銀行のビジネスローンです。
売掛債権とはサービスや品物を販売したときに受け取れるはずのお金を受け取る権利のことです。

たとえば、先に商品を納品し、あとから代金が振り込まれる場合には売掛債権が発生します。
売掛債権は将来お金を受け取れる権利ですが、ビジネスでは往々にしてこの権利を今すぐお金に変えたいという場面が訪れます。

そんな時に便利なのがこの売掛債権担保ローンです。
 
東京スター銀行の売掛債権担保ローンは売掛債権を担保に融資を受けます。
小口の売掛金もまとめて評価してもらえるのがポイントです。

また、売掛先に許可を取らなくていいというのもメリットといえます。
 
融資金額は1000万円以上2億円以内、金利は東京スター銀行所定の金利となっています。
遅延損害金は14.0%以下となっています。

 

ビジネスローンの金利比較

さて、ここまでいろいろなビジネスローンの概要を紹介してきました。各金融機関の金利をわかりやすく図にしてみましょう。

 
サービス概要 融資金額 金利 遅延損害金
出光クレジット 事業者向け不動産担保ローン 100万円~5000万円 3.0%~9.8% 14.6%
ビジネクスト カードローン 50万円~1000万円 8.0%~15.0%(利用限度額100万円以上)、13.0%~18.0%(利用限度額100万円未満) 20.0%
オリコ事業者ローン CREST for Biz 30万円~300万円 6.0%~18.0% 18.0%
 
シンキ オーナーズセレクトカード 最大300万円 13.0%~18.0% 20.0%
ORIX CLUB CARD 最大500万円 6.0%~18.0% 遅延損害金は19.9%
ジェイ・エフ・シー株式会社 ビジネスローン 300万円~5億円。5億円以上も相談可) 年15.0%以内 年20.0%以内
ミタカ 商業手形割引 10万円~5000万円 8.76%~18.0% 20.0%
東京スター銀行 売掛債権担保ローン 1000万円以上2億円以内 東京スター銀行所定の金利 14.0%以下

 
この表からわかることをいくつか書き出してみましょう。
 
 

担保があると金利が下がる!

票の一番上にある出光クレジット 事業者向け不動産担保ローンは他のローンと比べるとかなり金利が低くなっています。
金利が低いのは担保があるためです。

東京スター銀行 売掛債権担保ローンの金利は明らかにされていませんが、遅延損害金が他の金融機関より低いことを考えるとこちらも低金利といって差し支えないでしょう。
 
多額の融資を受けると、金利が1%上がるだけで総支払額が何十万も上がります。
金利は低いに越したことはありません。
担保として提供できる土地や建物がある場合は積極的に活用しましょう。
 
 

少額の借り入れでは金利が上がる!

小口の借り入れは金融機関にとって大した利益にならないため金利が高くなる傾向があります。
もちろんだからといって必要もないのに多額の融資を受けようとすることには何の意味もありません。
必要に応じて必要なだけの融資を受けるようにしましょう。
 
 

遅延損害金は高い!

当たり前の話ですが、遅延損害金の金利は貸出金利よりも高いです。
債務の不履行は信用情報にも大きな影響を与えることになるので返済は滞りなく行いましょう。
そもそも返済できない借金はしないことも大切です。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る