カードローンの借り換え先で気をつけるポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は借金を一本化して毎月の返済額を減らす借り換えローン、おまとめローンを利用する人が増えてきています。
うまく利用すれば非常に便利なこの制度ですが、使い方を間違えるとかえって損をすることもあります。

では、借り換え先を選ぶときにはどのようなことに気を付ければいいのでしょうか。
 

おまとめローン・借り換えとは?

そもそもおまとめローン・借り換えとは何なのでしょうか。

これらの制度は簡単に言えば、複数のところから借りているローンを金利の安い業者で一本化して、借金の負担を少なくする制度のことです。

たとえば、あなたは今A社、B社、C社からそれぞれ50万円ずつ借りているとします。
金利はどの業者も18%とします。50万円ずつ3社から借りているので、借金の総額は150万円です。

金利18%の支払いというのは結構大変です。
そこであなたは別のおまとめローンを実施しているD社(金利12%)から150万円の融資を受けることにしました。
そしてその150万円でA社、B社、C社の借金を返済します。

残ったのはD社からの借金150万円のみとなりました。
借金の総額は変わっていませんが、金利が18%から12%になったので毎月の返済額が少なくなり、以前より楽に借金を返せるようになりました。

これがおまとめローンの基本的な仕組みです。
 

おまとめローン・借り換えのメリット

おまとめローンの一番のメリットは前述の通り金利が安くなることです。

消費者金融系などの金利が高い金融機関から借金をしていると、利息分の支払いが結構大変です。
これをたとえば金利が低い銀行系のカードローンに切り替えることができれば金利が低くなり、毎月の支払いもぐんと楽になります。

また、おまとめローンには返済日を一つにする効果もあります。
複数の金融機関社から借金をしていると月に何回も返済日が来るのでお金の管理が結構面倒です。

おまとめローンを利用すれば借入先が一つだけになるので管理が楽になります。
 

おまとめローン・借り換えのデメリット

一番のデメリットは借金の支払いが免除されるわけではないことです。

全額借金が帳消しになる自己破産や、債務が圧縮される任意整理・個人再生と違い、借金の額は下がりません。
あくまでも金利が安くなったことによって月々の返済が楽になるだけです。

二番目のデメリットは必ずしも支払額が減るわけではないということ。借り換え先選びを間違ってしまうと金利が思ったほど下がらなかったり、返済期間が延びたりするなどして、最終的な支払額がおまとめ前よりも帰って膨らんでしまうことがあります。
そうならないように、おまとめローンを利用する前には借り換え先をよく検討する必要がります。

三番目のデメリットは審査が厳しいこと。
おまとめローンは複数の金融機関からの借金を一つからまとめるものであるため、どうしても借入総額が高くなります。
その分審査は厳しく、フリーターや主婦などでは受かりづらいです。
 

借り換え先の選び方

おまとめローンは金利が高い金融機関の借金を返して、金利の低い金融機関から新しく借金をする仕組みです。
なので、金利は必ずチェックする必要があります。
もちろん金利は低いに越したことはありません。

とはいえ、すべての金融機関の金利をチェックするのは大変でしょう。
そこで今回は各金融機関の金利の一般的な傾向を解説していきたいと思います。

まず、おまとめローンには大きく分けて消費者金融系(モビットアコムプロミスなど)と、銀行系(楽天銀行スーパーローン)などがあります。
このうち金利が低いのは銀行系のローンです。
たとえば、楽天銀行スーパーローンの金利は1.9%~14.5%となっています。

一方、アコムの借り換え専用ローンは7.7%~18.0%となっています。
もちろんこれは一例ですが、消費者金融系か銀行系か選べる立場になったら銀行系を選んだ方がいいでしょう。
ただし銀行系審査も相応に厳しく、それなりの年収が求められます。

また、あまりにも金利が低い場合は悪徳業者である疑いがあります。
「金利2%!」といった常識外れの低金利を提示する金融機関は利用しないほうが無難です。

次に返済方法について。返済方法には元利均等返済、元利定額返済、残高スライドリボルビング返済などがあります。
この中で最も避けるべきは残高スライドリボルビング返済です。
残高リボルビング返済とは毎月の返済額が一定であるリボ払いに、借金残高に応じて返済額が変わる仕組みをプラスしたものです。

残高スライドリボルビング返済は毎月の返済額が少なくなり、負担なく返済することができるためついつい使ってしまいがちですが、毎月の支払額が少ない分元金がなかなか減っていかないというデメリットがあります。

最終的な支払額が他の返済方法と比べて高くなりがちなので、よほどの理由がない限りは避けたほうがいいでしょう。

どうしても残高スライドリボルビング返済を利用したい場合は、まとまったお金が入ったら繰り上げ返済を行うなど、元金を早期に減らすための努力をした方がいいでしょう。

続いて金融機関の信頼性について。
知名度が高い会社が必ずしもいい会社とは限りませんが、一度も名前を聞いたことがない金融機関は悪徳業者である可能性があるので避けたほうが無難です。

ただ、最近は悪徳業者も悪知恵を付けてきており、あの手この手で消費者をだまそうとしてきています。
有名な企業に似た名前(例:イオン・クレジット・プランナー、オリックスフィナンシャルグループ、株式会社三菱ファイナンスなど)を名乗って商売をしているケースも多々ありますので、騙されないようにしましょう。

なお、金融庁はウェブサイト上で違法な貸金業者の情報を公開しています。
怪しい業者についてはこのサイトで検索してみるといいでしょう。

また、貸金業登録番号についてもチェックしましょう。貸金業登録番号は国や都道府県の許可を受けた証で、たとえば「関東財務局長(11)第00615号」のように表記されます。()内の数字は事業年数の長さに比例します。
()内の数字が1の事業者は事業年数が短いので、避けたほうがいいでしょう。

もちろんこの貸金業登録番号を持っていない業者は違法業者であり、論外です。
ただし、最近は貸金業登録番号を持っていないにもかかわらず、廃業した業者の貸金業登録番号を無断で使用しているケースもあります。
怪しいと思った場合はやはり金融庁のホームページで確認しておきましょう。

勧誘方法についてもチェックしましょう。
違法な金融業者の多くはチラシやダイレクトメールといった形で勧誘してきます。

また、「他店で断られてきた人OK」「審査激甘」「無職OK」といったうたい文句を使う業者は違法である可能性が高いので、近づかないほうが無難です。

ホームページも忘れずにチェックしておきましょう。
このご時世にホームページがない業者は論外ですが、ホームページがあったからといって必ずしも信頼できるわけではありません。

貸金業登録番号や金利、称号や氏名などを漏らさずにチェックしましょう。
また、電話は固定電話もしくはフリーダイヤルでなければいけないという決まりがあります。

携帯番号(090、080、070で始まる)が書いてある業者は避けましょう。

万が一このような違法な金融業者からお金を借りてしまった場合は、一刻も早く弁護士などの法律の専門家に相談するか、警察に被害届を出すかしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る