おまとめローンと債務整理ってどっちが得なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまとめローンと債務整理

複数の借入先でローンの利用をしている方の中には、金融機関によって毎月異なる返済日や返済額に振り回され、金銭的のみならず心理的にも大きな負担を感じていらっしゃる方がいるかもしれません。

場合によっては、既にひと月の返済額が月収を超えてしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような苦しい状況を脱するためには、大きく分けて二つの方法が挙げられます。

ひとつは、いわゆる「おまとめローン」と呼ばれる、ローンの借り換えを利用し、毎月の返済日を一本化し、なおかつひと月あたりの返済額を小さくしながら、返済を続けてゆく方法。
そしてもうひとつは、任意整理や自己破産などの方法を含めた「債務整理」を行う方法です。

それでは、それぞれの方法の具体的な内容や、メリット・デメリットについて、ご説明いたしましょう。
 

おまとめローンがおすすめの方

おまとめローン」とは、現在返済を続けている複数のローンを一本化する方法です。

具体的には、「おまとめローン」というローン商品を提供している金融機関あるいは貸金業者に、現在の借入先への返済を肩代わりしてもらい、一括で返済してもらうかわりに、新しく「おまとめローン」の返済を開始する、という段取りとなります。

おまとめローンのメリットは、毎月、金融機関や貸金業者ごとにバラバラだった返済日や返済額が一本化され、返済日がひと月あたり一度にまとまるということです。
また、その商品特性から、おまとめローンは、通常のローン商品よりも金利が低く設定されていることが多く、複数の借入先へ返済を続けてゆくよりも、結果的に返済額を小さくできることがあります。

しかしながら、おまとめローンにはデメリットも存在します。
それは、これまで返済を続けていた複数の借入先への返済が「完済」となり、新たにおまとめローンを利用することによって、「返済額が確定」してしまうため、万が一、これまで返済を続けてきた複数の借入先に対し、過払い金が発生していた場合でも、おまとめローン利用後には、その過払い金を請求することができなくなってしまうという点です。

日々の返済に追われる中では、過払い金のことを気にする時間がなかなかとれないかもしれません。
しかしながら、場合によっては過払い金の請求を行うことで、それなりの金額が手元に戻ってくることもあります。
おまとめローンを利用しよう、と考えた場合には、まず、今まで利用してきた借入先に対し、過払い金が発生していないかどうか、チェックを行うのが賢い使い方であるといえます。

おまとめローンの利用をおすすめしたいのは、現在も安定した収入があり、これからもコツコツと返済を続けてゆくことに対しストレスを感じない方でしょう。
おまとめローンを利用することにより、毎月の返済額は一見すると減ったように感じるのですが、これまで借入を行ってきた総額が変化するわけではありません。

また、新たに別のローンの申込を行うことも可能であるため、気が緩むと、おまとめローン利用前よりも借入額が増えていた……ということにもなりかねません。

現在の収入から、毎月の返済額を差し引いても、なお生活するだけの余裕が残る方には、ぜひおまとめローンによる返済の一本化をおすすめいたします。
 

債務整理がおすすめの方

債務整理とは、一般的に「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の四つを指します。
この中でも、「自己破産」という言葉には聞き覚えのある方もいらっしゃるかもしれませんし、すこしギョッとする響きに思える方も少なくはないでしょう。

おまとめローンの利用より、債務整理をおすすめしたいのは、現在の収入が不安定な方、あるいは、現在収入があるけれども、おまとめローンを利用してもなお毎月の返済額が大きな負担となるほど、借入総額が膨らんでしまっている方でしょう。

おまとめローンが、返済の一括化をするかわりに、借入総額が変化しないシステムであるのに対し、債務整理とは、内容にもよりますが、基本的には「借入総額を減らす、あるいは全額免除とする」方法です。

これは一見すると非常に魅力的な提案のように思えますが、一方で当然デメリットも持ち合わせており、それは「信用情報に傷がつく」ということです。
具体的にどのような事態が発生するのかといえば、「債務整理後、最低でも五年は新規の借入を行うことができない」ことになります。

債務整理とは、弁護士あるいは裁判所を通じて、これまで借入を行ってきた総額を減らす、あるいは全額返済を免除とする方法です。
つまり、ローンの利用者にとっては大きく負担が減る方法ですが、一方で、融資を行った金融機関や貸金業者側にとっては、「返済されるべき融資額が返済されず、損をした」という見解となってしまうのです。
そうなると、一度債務整理を行った方に対し、もう一度融資を行うのは、「また債務整理でお金が返ってこないかもしれない」リスクが非常に高いと判断するのもやむをえないことかと思います。

とはいえ、現在の収入ではどうしても返済を続けてゆくのが難しい、と感じていらっしゃる方は、そのストレスが大きくならないうちに、弁護士などに相談し、債務整理について検討してみるのも良いでしょう。

?新規の借入が行えなくなるというデメリットはありますが、返済を続けられず、新しい借入先を作り、また新たな返済日が発生する……といった悪循環から抜け出すためには、最も適切な方法であると考えます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る