カードローン(銀行系カードローン)の在籍確認まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在籍確認は「審査」のひとつ

カードローンを利用するときには、審査のために、様々な書類提出の準備をする必要があります。
本人確認書類、収入証家族構成や勤務先の情報など、その書類に記載が必要な情報は多岐にわたります。

こうした情報を、金融機関はどのように「審査」して、申込を行った方の借入可否を決めるのでしょうか。

金融機関によって、審査の内容は様々であり、またそうした審査基準が外部に漏れることはありません。
ですから、ここでご説明することは、あくまでも一般的に行われているであろう審査の内容となります。

そもそも「審査」とは何のために行われるのでしょう? 答えは簡単で、借入申込を行った方の、返済能力について審査しているのです。

申込者の年収で、借入金額を毎月きちんと返済してゆく能力はあるか、過去に別の借入先で返済を遅らせたことがないか、万が一返済が途絶えた場合、確実に連絡のつく方法はあるか……
そうした部分を、金融機関はそれぞれ独自のシステムで審査してゆきます。

そしてその審査のひとつとして、書面で提出した勤務先に間違いなく在籍しているか、という「在籍確認」が行われるのです。
 

在籍確認のメインは電話

実は、金融機関が行う審査にとって、申込者の勤務先や職種というのもまたひとつの重要な情報なのです。

例えば、安定して経営の続いている大企業に勤めているのであれば、給与支払いも問題なく行われているでしょうし、そうなるとカードローンを利用した場合にも滞りのない返済を続けてくれることが期待できますし、金融機関側にとってそれはとても安心できる材料です。

逆に、月の収入が不安定な職種や、近頃経営が傾いている勤務先の場合、カードローン申込時に立てた返済計画が、そのまま何年も維持できるとは限らないというリスクが考えられます。

金融機関側にとって最もダメージが大きいのは、貸したお金が返ってこないということです。

そのため、金融機関は申込者に対して「審査」を行い、問題なく返済可能であると審査できた方からのみ借入申込を受け付けているのです。
しかしながら、カードローンを利用したいと考えている人は誰でも、審査に落ちたくありません。急いで現金を用意する必要性に迫られている場合は特に、時間のかかる審査できちんと結果を残したいと考えてしまうでしょう。

そんな中で、少なからず存在するのが、「虚偽の勤務先を申告する」方です。
上で述べたように、経営が安定している大企業に勤めている、ということは、それだけで審査を通過しやすいステータスとなりえますから、虚偽の勤務先を申告すれば、スピーディかつ確実に審査を通過できる、と考える方がいらっしゃるようなのです。

そして、そんな方の虚偽の申告を見抜くために、「在籍確認」が行われます。
これはほとんどの銀行系カードローンで行われており、在籍確認のない銀行系カードローンはない、と言っても過言ではないでしょう。

さて、それではどのようにして「在籍確認」が行われるのでしょうか。

最も使われているのは、勤務先への電話確認です。

申込者の勤務先へ、金融機関から電話がかかり、実際に勤務していることを確認できれば、それで「電話確認による在籍確認終了」となります。

勤務先に電話連絡が来てしまうと、カードローンの申込を行ったことが周囲にばれてしまうのでは? と気にされる方もいらっしゃるでしょう。

しかしながら、金融機関側は、「カードローンの申込確認である」という、申込者個人の情報を勤務先に漏らすような形では電話をかけてきません。

ただ単純に、「○○様はいらっしゃいますか?」など、申込者個人の名前を挙げて電話をかけてくることがほとんどです。

また、当人が離席している場合でも、「○○は離席しております」「○○は現在外出中です」など、受電した方の対応から、申込者が間違いなく勤務先に在籍していることが確認できた場合には、そこで在籍確認が終了します。

さらに、銀行系カードローンの場合、万が一申込先から「△△銀行です」と名前を名乗られても、それですぐに「ああ、○○さんはカードローンの申込をしたのだな」と思われる可能性は非常に低いと考えられます。

というのも、銀行とは個人のお金に関する様々な取引を受け付けている場所であり、身近なものではクレジットカードを作成する際にも、勤務先への在籍確認電話が同じようにかかってくる場合があるのです。

勤務先の人に、カードローンの申込という、プライバシーにかかわる問題が知られてしまうのはどうしても避けたい、という方もいらっしゃると思います。

しかしながら、上述したように、銀行系カードローンに申込を行えば、勤務先に在籍確認の電話がかかってきた場合にも、他の消費者金融や信販会社からかかってくる場合とは異なり、すぐには「カードローンを利用している」と思われる可能性は少ないのではないでしょうか。融通のきく会社であれば、あらかじめこちらから「クレジットカードの申込をしたので、確認の電話がかかってくるかもしれません」と周囲に伝えておくのもひとつの手段でしょう。

カードローンを利用することは決して悪いことではありませんが、あまり人に知られたくない……と考える人が多いのも事実です。
近頃は審査スピードの速い銀行系カードローンも増えています。

金利や返済方法などをよく調べ、借入目的に応じたカードローンを借りましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る