カードローン審査で落ちない為の3か条

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

審査とは何のためにあるのか

カードローンを申し込む方の多くは、早急に手元に現金が必要という方かと思います。
また、カードローンは一般的に資金使途が自由で、極度額の範囲内で比較的高い金額を借入し長期的に返済していく商品ですので、まとまった資金の借入を繰り返し利用したいという方も少なくないでしょう。

もちろん、金融業者からお金を借りるのですから、審査を受け、それに通る必要があります。
必ず行われる審査ですが、どのような項目を審査し何のために行われているのでしょうか。

金融業者が審査で確認するポイントは、貸出したお金をあなたが返済条件通りに返済できるのかという返済能力、その一点です。

返済能力の有無を判断するために、勤務先や年収、居住形態や家族構成など、詳しく申込者の実態を把握しようとするのです。
そして、申告したことに偽りがないか、信用情報機関に照会し裏をとります。
では、この審査に落ちないためにどのようなことに注意すれば良いのかを説明していきましょう。
 

審査で落ちないための前提として

審査落ちしないための注意点の前に、基本的な知識をおさらいしておきましょう。
審査される項目は、前述したとおり、「返済能力」です。ですので、職業は大きく影響してきます。
借入の返済には安定した収入が必要になりますから、当然のことですね。

公務員や大手企業社員は安定収入が見込めますから返済能力が高いと見なされ、審査にも通りやすいでしょう。
一方学生や主婦などは、返済源の確保が難しいと見なされ審査に通りにくくなってしまいます。

では、学生や主婦はカードローンを利用できないのでしょうか?

そうではありません。
ここでお伝えしたいのは、「自分の希望・属性に合ったカードローン商品を選別しよう」ということです。
自分の必要な金額以上の借入を申し込み、審査に通らないのでは意味がないですよね。
必要最小限の額を申し込めば、返済能力が低くても返済できると判断されるかもしれません。

このように自分から審査落ちのリスクを高めてしまうような行いは避けましょう。
自分に最適な商品を選別したうえで、注意点を守ればより審査に通りやすい状況が作れるのです。
 

審査で落ちないための3か条

1)記入ミス・記入漏れを無くす

申し込み方法はさまざまですが、申込書に記入する場合でも、ネットなどで打ち込む場合でも「記入ミス・記入漏れ」は厳禁です。

些細なことと捉えがちですが、審査する上で、本人確認や勤務実態の把握は最重要項目です。
そこで生年月日を間違えるなど、本人確認書類に記載されている事項と一致しなかったり、勤務先の電話番号がわからなかったから書かなかったなどの漏れがあり、勤務先への連絡が取れず勤務の実態が把握できなければ、審査自体が進まなくなってしまうのです。
このようなもったいない間違いは絶対にしてはいけません。

2)複数の金融業者への同時申し込みは避ける

審査への不安から、一社ではなく、似たようなカードローンを取り扱っている複数の金融業者へ同時に申し込みをされる方がいます。
しかし、それはかえって審査を通りにくくしてしまうのです。

各金融業者は、必ず信用情報機関へ照会し、申込者の信用情報を取得しますから、複数の申し込みをしていることが把握されると、借入金も多く返済金もかさむため、返済能力が低くなると判断されかねません。
お金が必要という焦りや審査への不安もあるかとは思いますが、一社ずつの申し込みをお勧めします。

3)自身の信用情報を汚さない
 
2)で審査の際には信用情報機関に照会し、信用情報を取得すると述べましたが、信用情報とは何でしょう。

信用情報とは、過去のあなたの借入の返済状況や現在の借入額などの中で、延滞の経験があったり、返済できずに自己破産に陥ったり、法的整理をとったりというような事故の履歴が情報として記録されているものです。
ですので、申込時点で伝えていなくても、金融業者は調べれば過去のあなたの借入返済履歴が解ってしまいます。

一度契約違反をしている方にお金を貸したいとは誰も思いませんよね。
また同じことを繰り返すのではと返済能力を疑ってしまうので、審査に通る可能性も低くなってしまいます。
ですから、目先の資金繰りも大切でしょうが、将来何があるかわかりませんから、いざという時のためにも、返済条件はきちんと守り、信用情報を汚さないことが重要なのです。
 

カードローンを利用するにあたって

カードローンは資金使途が自由であり、極度額の範囲内で繰り返し借入できるという利点があります。

銀行系のカードローンなど長期的な返済を前提に、比較的低い金利設定となってはいますが、返しては借りてを繰り返し続けていくと金利負担はかさんでいきますので、注意して利用しましょう。
上記ポイントに注意すれば、便利なカードローンを上手に利用し、資金繰りに余裕が生まれ快適な生活が送れることでしょう。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る