年収を超える借金があってもカードローンを借りられる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「総量規制」と年収の関係

2006年に改正が行われた「貸金業法」において、「総量規制」という決まりが施行されるようになりました。
施行は段階的に行われ、2010年には完全施行となりましたが、この「総量規制」がどのような内容であるかというと、簡潔に言えば「個人が借入可能な金額は、年収の三分の一以下である」となります。
つまり、総量規制の完全施行後は、年収の三分の一以上の借入を行うことが不可能となっているのです。

総量規制が施行された背景にはもちろん相応の理由がありますが、その最たるものは「返済不可能な額の借入を安易に行わせない」という部分にあるでしょう。
それまで、消費者金融等に多額の借入を申し込んだはいいものの、返済が滞り、自己破産などに追い込まれる方が非常に多いのが現実でした。
しかしながら、総量規制の施行によって、無理のない範囲での金額までしか借入が行えないようになったのです。

しかしながら、この総量規制が適応されるのは、消費者金融や信販会社などの、いわゆる貸金業者のみとなっており、銀行からの借入を行う場合には、総量規制の範囲を超えた借入を行うことが可能となっています。
つまり、年収の三分の一以上の借入を行うことは、現在もなお可能ということになります。

さて、年収の三分の一以上どころか、年収を超えた額の借入を行っている場合でも、早急に現金を用意する必要性のある場面が発生するかもしれません。
そんな時、新しく別の金融機関でカードローンの申し込みを行うことはできるのでしょうか?

それを可能とする方法をご紹介いたします。
 

総量規制対象外の「おまとめローン」

おまとめローン」、いわゆる「借り換え」と呼ばれるローンが存在するのをご存知でしょうか。
これは、特に複数の金融機関から借入を行っている方に向けて提案される商品のため、借入上限額が非常に高く設定されています。

また、「おまとめローン」は、たとえ銀行系カードローンでなくとも、上述した総量規制の対象外となっているため、現在年収を超えた借入を行っている方にとっては、「おまとめローン」への借り換えを行い、毎月の返済日や返済金額の一本化を行ったのちに、さらに「おまとめローン」で借入可能な上限額まで、新たに借入を申し込むことが可能となっています。

例えば、東京スター銀行のおまとめローンの場合、借入限度額は1000万円、オリックスVIPローンカード(おまとめローンとして使用可)の場合、借入限度額は800万円と、おまとめローンの中でも高額な設定となっています。
こうしたおまとめローンの申し込みの際に必要な書類は、通常のカードローンとほぼ変わりません。

本人確認書類や、収入証明などが手元に準備できていれば、インターネットからでも申し込み可能となっており、手軽に利用できるのも魅力のひとつであると考えられます。
 

その他、総量規制の対象外となるローンについて

さて、現在年収を超える借入を行っている方の中には、複数の銀行系カードローンを利用した結果、借入金額が増えてしまった方以外にも、例えば住宅ローンの支払い中の方などがいらっしゃるでしょう。

また、不動産などを担保にして、多額の借入を行っている方もいらっしゃるかもしれません。
ここで挙げた二つのケースは、いずれも総量規制の対象外となっているため、たとえ年収を超えた額の借入であっても、新たに消費者金融や信販会社などで、総量規制の範囲内の金額で、カードローンの契約申し込みを行うことが可能です。

もちろん、銀行系のカードローンであれば、総量規制の範囲を超えたカードローンの契約を行うこともできます。
 

新しくカードローンを申し込む場合、まず自身の債務状況を整理しよう

さて、おまとめローンも、通常のカードローンも、申し込みの際には必ず「審査」が行われます。
そのため、書類不備などで審査に落ちることのないよう、申し込み時にはしっかりとした書類の準備が必要となります。

しかしながら、既に契約している借入先への返済が滞っている場合などは、新しくおまとめローンなどを契約しようとしても、申込者の返済能力に問題あり、として、審査に落ちてしまう場合があります。


そのような事態を防ぐためにも、新しい借入先を検討する前に、まず自身の債務状況を今一度確認し、もしも返済が滞っている場合には、まずはその借入先へ速やかな返済を行うことが大切です。
また、借入を急ぐ利用者の心につけこんで、審査不要などの甘い言葉で誘惑を行う貸金業者と遭遇することもあるかしれません。

しかしながら、そうした「あまりにも条件の良すぎる」貸金業者は、高い確率で、違法な金利の設定や、しつこい取り立てを繰り返す「ヤミ金」であると見て間違いないでしょう。

一度「ヤミ金」から借入を行ってしまうと、いつまでも借入金額を完済させてもらえないどころか、家族や周囲の人間にまで嫌がらせが及ぶ事態になってしまいます。
「ヤミ金」の利用だけは絶対に避け、ゆとりのある心で信頼のできる借入先を探しましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

SMBCモビット
SMBCモビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る