収入証明不要カードローンのメリット、デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜカードローンの申し込みに収入証明が必要なのか

現在では、銀行などの金融機関や、消費者金融等の様々な企業が、カードローン商品を取り扱っています。このようなカードローンの申し込みは、インターネットや無人契約機を通じて簡単に行うことができますが、その際に必ず、申込者について「審査」が行われます。
この審査の際に必要な書類のひとつが、「収入証」なのです。

それでは、カードローン審査とは何のために行われるものなのでしょう。
簡単に言えば、借入申し込み者の返済能力を、金融機関や消費者金融などの「貸す側」が見極めるために必要とされています。
借入申し込みを行われた金額をそのまま貸してしまって、後から申し込み者に返済能力がないと判明したとき、大きなダメージを負うのは、「貸す側」です。そうしたリスクを避けるためにも、各種金融機関、あるいは消費者金融は、それぞれ独自の審査システムを持ち、借入申し込み者の返済能力について審査を行うのです。

とはいえ、審査の際に必要とされる書類は、ある程度共通しており、例えば「本人確認書類」がそのひとつとして挙げられます。また、家族構成、勤務形態、職業などの細かな情報も、審査の際に必要となります。そして返済能力を見極めるために最も重要といっても過言ではないのが、借入申し込みの際に申し込み者の申告した年収が本当に正しいものかどうかを判断するための「収入証」なのです。
 

「総量規制」とカードローン

上で述べたように、収入証明とは、申し込み者の年収を確認し、借入申し込みを行った金額に対して本当に返済能力があるかどうかを見極めるための重要な書類です。しかしながら、一部の銀行系カードローンには、申し込み時に収入証を「原則不要」としているものがあります。なぜでしょう?
実は、借入申し込み者の年収確認には、返済能力見極め以外に、もうひとつ重要な役割があります。その要となるのが、平成22年に施行された「貸金業法」という法律において定め羅られた、「個人が借り入れ申し込みを行う場合、借入可能な金額は年収の3分の1以内まで」という、いわゆる「総量規制」という決まりです。借入申し込み金額の年収の3分の1以上を貸すことは、この法律に違反することとなりますし、また一般的に年収の3分の1以上の借入を行った場合、返済が非常に困難になることが知られています。

このため、消費者金融や信販会社などの企業は、カードローン申し込み時の提出書類として収入証を求める必要があるのですが、実は、銀行にはこの「総量規制」が適用されません。
そのため、銀行系カードローンであれば、収入証明を提出する必要なく、借入申し込みを行うことが可能なのです。ただしほとんどの場合、「原則不要」という条件であり、申し込み金額や、申し込み者の職業や家族構成など、年収以外の情報により、「返済能力を確認するためには収入証明も確認する必要がある」と判断された場合には、収入証を求められる場合がありますので、利用する場合にはよく注意するようにしましょう。
 

メリットとデメリットをよく見極めて

収入証不要のカードローンは、一見、面倒な書類を用意する手間が省けて、申し込みが簡単であるというイメージがあるかもしれません。特に主婦の方など、給与所得を得ていない方が申し込むには非常に適したカードローンであるといえるでしょう。
しかしながら、収入証明不要のカードローンの多くは、借入限度額が、通常のカードローンより低く設定されていることが多いため、必要とする金額によっては、収入証明が必要なカードローンへの方が適しているかもしれません。

また、一般的に、銀行系カードローンは、消費者金融系のカードローンと比較して、審査にかかる時間が長く、また審査内容も厳しい傾向にあります。収入証とは、具体的に、給与明細書や納税証明書などのことを指しますが、もしも早急に現金を必要としており、また収入証明の入手が容易な場合は、審査時間の短い消費者金融系のカードローンへの申し込みを検討する価値もあると考えられます。

また何よりも、収入証明を提出せずに借入申し込みを行うということは、借入の契約が無事に結ばれ、現金の借入を行った後、毎月の返済期日に、金利手数料を含めた金額をきちんと返済し続けてゆく返済能力が自分にあるかどうかを、自ら見極めることが必要になるということに他なりません。

提出書類が少なくて済む収入証明不要のカードローンですが、申し込みの前に、自らの返済能力や、借入金額の返済計画について、今一度確認し、よく考えてから申し込みを行うと良いでしょう。最近では、インターネットによる返済シミュレーションを行うことが可能なカードローンも増えていますので、それを利用するのも良いかもしれません。

それでも不安を感じる場合には、収入証を提出した上で、返済能力について審査が行われる、通常のカードローンに申し込むことも視野に入れることも考えてみてはいかがでしょう。

収入証不要のカードローン、そのメリットとデメリットをよく見極めて、賢く利用していきたいものですね。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る