収入証明ってそもそも何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

収入証明は何のために求められるのか

何らかの必要性に迫られて早急に多額の現金が手元に必要になったとき、カードローンは非常に頼れる存在です。一般的にローンといえば、自動車やマイホームといった非常に光学の買い物をする場合に金融機関等からお金を借りる際の契約である、といったイメージを持たれている方も多いかもしれません。カードローンとは、そうした高額の買い物よりももう少しだけ我々の生活に身近な、たとえば50万円、あるいは100万円などの単位で借入を申し込むことが可能なシステムです。

カードローンは、銀行をはじめとした金融機関のほか、消費者金融でも多く取り扱われています。最近では、電車の中などで広告を見かける機会も多くなりました。また、街中に設置された無人契約機を見たことのある方も多くいらっしゃるのではないかと思います。
インターネットが普及するにつれ、ネットでの契約申し込みを受け付けるカードローンが増えたことで、非常に気軽に申し込み可能なイメージのあるカードローンですが、やはり金融機関等と、申し込み者との間で交わされる、現金の貸し借りの契約となりますので、借入申し込みを行った方に対して、金融機関等は厳しい審査を行います。
この審査に必要な書類はいくつかありますが、その中のひとつが、「収入証」です。

金融機関等から現金の借入を行った後は、当然ながら、その後に借入を行った金額と、それに加えて金利手数料等を返済してゆく必要があります。そのため、銀行などの金融機関や消費者金融といった、いわゆる「貸す側」としては、返済能力のない方からの借入申し込みを受け付けた結果、貸した分の金額が返ってこなくなる、といったリスクは避けたいものです。
そのため、借入申し込みを行った方の年収などをあらかじめ「収入証」により確認し、借入を許可できるかどうか、問題なく返済できる金額はどこまでか、を厳しく審査する必要があるのです。

もちろん、こうした審査には、収入証明のほか、本人確認書類などの様々な書類や、勤務先情報、家族構成といった情報も提出する必要がありますが、今回は特に収入証明に焦点を当ててご説明いたしましょう。
 

どのようなものが「収入証明」に当たるのか?

収入証と言われても、具体的にどのような書類が収入証明に相当するのでしょうか。最近では、パートやアルバイトの方であっても申し込み可能なカードローンも増えてきました。会社にお勤めの方なども含めた、一般的に給与所得者と呼ばれるそうした方の収入証明とは、例えば以下のような書類が挙げられます。

・源泉徴収票、給与明細書
こちらの書類は勤務先に頼んで準備してもらうことが可能な書類です。給与証明書であれば最新一ヶ月分のものを用意するなど、最新の情報が記載されたものを準備するよう注意しましょう。

・所得証明書
お住まいの市区町村の役所か、あるいは税務署に申請することで入手することが可能です。

・税額決定通知書
お住まいの市区町村や、都道府県に支払う税金の通知書も収入を証明する書類となりえます。こちらは勤務先か、あるいはお住まいの市区町村の役所に申請して入手しましょう。

一般に給与所得を得ている方とは異なり、個人事業主の方がカードローンの申し込みを行う場合は、上に挙げたような書類ではなく、確定申告書や納税証明書が、申し込みを行った方の収入証となります。
気をつけたいのが、多くのカードローンはその資金使途に「事業性資金は除く」という注意点を設けていることです。そのため、個人事業主の方の場合、たとえ借入を行った現金の資金使途が事業性資金ではなくとも、それを証明するのが困難であるため、そもそも申し込み可能なカードローンの間口が一般の方と比較して狭い傾向にあります。しかしながら、個人事業主の方向けのカードローン商品を展開している金融機関等も存在しますので、申し込み時の条件をよく調べておくと良いでしょう。
 

カードローンの申し込みに「収入証明」は絶対必要?

ところで、カードローンの申し込み時に収入証が求められるということは、現在無職の方や、主婦の方など、一般的に収入を得ていない方には、カードローンの申し込みを行うことができないのでしょうか。
実は、カードローン等を含む現金の貸し借りに関しては、細かい決まり事が法律で定められています。なかでも平成22年に施行された「貸金業法」に記載されている「総量規制」では、個人が借入を申し込むことが可能な金額は、年収の3分の1までと定められています。

しかしながら、この「総量規制」は、消費者金融や信販会社等にのみ適用されるものであり、銀行系のカードローンはこの規制の対象外となっているのです。
そのため、一部の銀行系カードローンは、原則的には収入証明を提出せずとも現金の借入申し込みが可能となっています。もし、現在収入証を手に入れることが困難である、あるいは収入証明を手に入れる手間をかけている時間のない方などは、こうした銀行系カードローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、もちろん借入を行った分の金額は、毎月の返済日までに金利を含めてこつこつと返済してゆく必要があります。インターネット等を利用して気軽にカードローンの申し込みが可能な時代ではありますが、その前に一度立ち止まり、借入申し込みを考えている金額が、本当に自分には返済可能かどうか、必ず綿密な返済計画を立て、よく検討するようにしましょう。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

SMBCモビット
SMBCモビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る