収入証明不要のカードローンで注意することは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも、なぜ収入証明が必要なの?

カードローンによるキャッシングを利用する動機は、人によって様々かと思います。例えば、金額の大きな買い物をしたい、あるいはちょっと贅沢な旅行がしたいなど、利用する人の数だけ動機があるといっても過言ではないでしょう。
しかしながら、カードローンとは、金融機関や消費者金融との契約によって成り立っているシステムです。そのため、いくらかの契約書類が必要となる場合がほとんどです。なかでもほとんどの場合に求められるのが、「本人確認書類」と「収入証」でしょう。
特に、収入証明とは、「カードローンを利用して借りた金額を、きちんと返済する能力があるか」を、金融機関や消費者金融側が見極めるための、いわば重要な審査書類になります。返済能力のない人にお金を貸して、万が一返ってこなかった場合のリスクは、金融機関や消費者金融にとっては非常に大きなものになります。そのため、「キャッシングを行う人物が信用に足るかどうか」を見極めることが非常に大切になってくるのです。

また、平成22年に施行された法律である「貸金業法」において、個人が借入申し込み可能な金額は、申込者の年収の3分の1までと定められました。この決まりを特に「総量規制」と呼びますが、「貸す側」と「借りる側」がお互いにこの総量規制を守るためにも、収入証の提出が求められるのです。
 

収入証明不要のカードローンって?

先に述べた「総量規制」ですが、一部例外が存在します。実は、この総量規制が適用されるのは消費者金融や信販会社の取り扱うカードローンであり、銀行などの金融機関が取り扱うカードローンは総量規制の対象外となるのです。
収入証とは、具体的には源泉徴収票や所得証明書などのことを指しますが、銀行系のカードローンに申し込む際には、こうした手間のかかる書類を準備する必要がなくなります。
以下にいくつか、カードローンの申し込み時に収入証明不要としているカードローンをご紹介いたします。

・三井住友銀行カードローン
http://www.smbc.co.jp/kojin/loan/cardloan/
300万円までの申し込みであれば、収入証明原則不要

・楽天銀行スーパーローン
http://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/
300万円までの申し込みであれば、収入証明原則不要

ここに挙げた例のように、収入証明不要で借入を行うことが可能な金額には、銀行によってそれぞれ制限がありますが、無人のローン契約機のほか、インターネットからの申し込みも可能となっているため、特に急いで現金を用意する必要がある方にとっては非常に有用性の高い商品ではないでしょうか。
また、銀行によっては、新規に申し込みを行った方などを対象に、金利を半額にするなどのキャンペーンを行っている場合があります。少しでも時間に余裕があるならば、様々な銀行系カードローンを比較検討し、自分に最も適した、そして最もお得なカードローンを探してみるのも良いでしょう。
 

収入証明不要のカードローンを利用する際に注意したいこと

このように、非常に手軽に借入を申し込むことが可能な収入証不要のカードローンですが、もちろん借入を行った分の金額はいずれは返済しなければなりません。
借入を申し込む銀行等に、自らの収入を申告しないということは、借入申し込みを行った分の金額を返済する能力が自分にあるかどうかを、自ら判断しなければならないということです。
基本的に、借入を行った金額の返済は、毎月定められた返済日に、決められた返済金額を納めることで進んでゆきます。
手軽に借入申し込みを行うことが可能な、収入証明不要のカードローンですが、借入申し込みを行う前に今一度立ち止まり、「本当に返済可能な金額か?」「今ここで借りなければならないお金だろうか?」ということを、しっかり考えることが大切です。
近頃は、インターネットを用いた簡単な返済シミュレーションを行うことが可能なカードローン商品も増えてきました。カードローンは、借りる金額や、借りる先によって、金利や返済日などが異なりますから、まずはそうしたシミュレーションを行うことで、自分に合った商品を見つけるのも良いかもしれません。

また、そもそも借入を行う際に収入証明の提出を義務づける「総量規制」は、借入申し込みを行う個人が、返済に苦しむことのないよう定められた決まりです。
上に挙げた銀行系カードローンも、収入証は「原則不要」とされておりますが、審査の結果によっては収入証明の提出を求められる場合もありますので、もし、給与明細書や源泉徴収票、あるいは個人事業者の方の場合ならば、納税証明書などに代表される「収入証明」がすぐ手元に用意できるのであれば、消費者金融系のカードローン等も視野に入れながら、金利、返済期日、限度額などさまざまな観点から借入申し込みを行う業者を決めてはいかがでしょうか。
カードローンを賢く利用することで、人生の新たな転機やチャンスを上手く掴み取れると良いですね。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る