おまとめローンと借り換えって何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代ではだれでも気軽にキャッシングが受けられてとても便利ですよね。
予想外の出費があったときなどには多くの人が重宝しています。借金は怖いものという漠然としたイメージがありますが、うまく付き合っていくことができれば大変便利なものであることは疑いがありません。

しかし、いったん膨らんでしまった借金を返すのは簡単なことではありません。中には借金を返す気があるけれど、毎月の金利負担が高くてなかなか元金が減らないことに対して焦りを感じている方もいるかもしれません。払っても払ってもなかなか減らない元本を見ていると、うんざりしてしまいますよね。そんな方におすすめなのが借り換え、おまとめローンです。
 

おまとめローンとは

借り換え、おまとめローンとは、複数社からの借金を一本化することにより、毎月の負担を減らす金融商品です。

たとえば、今A社、B,社、C社の3社から借金をしているとしましょう。

この場合、まずはおまとめローンを利用する金融機関を決めます。最近は銀行だけでなく消費者金融もおまとめローン商品を積極的に売りに出しているので、最も自分にとって有利だと思える商品を選びましょう。ここでは仮にD社を選んだとして話を進めます。

金融機関が決まったら融資を受けて、そのお金でA社、B社、C社の借金を返します。そして最後にD社の借金を毎月少しずつ返済していきます。これが借り換え、おまとめローンの仕組みです。

ここまで読んで勘のいい方は「別に借り入れ先を変えたって借金が減るわけじゃないし、何の意味があるの?」と思われたかもしれません。しかし、借り換え、おまとめローンにはちょっと考えただけでは気が付きづらいメリットがいくつもあるのです。

一番のメリットは借金を一本化することによって、金利が安くなる可能性があること。複数の金融機関からの借金でがんじがらめになっている人の多くは、借りやすくて金利が高い消費者金融からの借り入れを行っています。これを金利の低い銀行系のローンなどに変えることによって、金利支払い額を減らすのです。

実際にシミュレーションを行っていましょう。今仮に消費者金融A社、B社、C社の3社から合計で300万円の融資を受けているとします。金利はどこの一律15%とします。この借金を5年・元利均等で返す場合、毎月の支払額は7万1369円、支払総額は428万2167円となります。実に120万円も金利を支払わされるわけですね。

一方、銀行系の金利5%のおまとめローンが利用できた場合、毎月の返済額は5万6613円となり、総返済額も339万6793円にまで減ります。おまとめローンを利用することにより、約90万円も金利を減らすことが出来ました。この金利差がおまとめローンの一番のメリットです。

その他にも金融機関を1社に絞ることで毎回支払う手数料が減る、返済計画が立てやすくなるなどのメリットがあります。
 

銀行系と消費者金融系の違い

おまとめローンは大きく分けて銀行系の商品と消費者金融系の商品に分類することが出来ます。このうち、よりお勧め度が高いのは銀行系の商品です。

銀行系の商品は、審査はやや厳しいですが、その代わり金利が安いです。おまとめローンの最大のメリットは金利差によって毎月の支払額が少なくなることなのですから、金利が安いところを選ぶに越したことはありません。

一方、消費者金融系は、審査は比較的緩い代わりに金利は高めです。どうしても困ったとき以外には利用すべきではありません。

銀行系は審査が厳しいといっても、何も年収1000万円が求められるとかいったことはありません。条件は銀行ごとに異なりますが、たいていのところは年収が200万円あって職業が正社員か公務員ならば申し込みが可能です。

家が持家だったり共働きだったりすればさらに審査には受かりやすくなりますが、このあたりはケースバイケースなので何とも言えません。なんにせよできるものならば少しでも金利が安いところから借りるようにしたいものです。「審査が甘い」と自ら謳っているような金融機関は金利が高かったり、取り立てが厳しかったりすることが多いので、なるべく避けたほうがいいでしょう。
 

気になる「金利」はどのように決まるか

なお、同じ金融機関で借りたからと言って、すべての人が同じ金利で借りることになるわけではありません。おまとめローンの貸付条件決定には他社借入件数が強く影響します。

もちろん、他社借入件数は少なければ少ないほど有利になります。5社以上から借り入れがあると、審査には受からなくなる可能性が高いです。その場合は小口の借金だけをまとめるなどして、借入件数を減らすことが必要になってきます。借入総額は減らさなくても構いません。他社借入件数が3社程度になれば、審査に受かる可能性もずっと高くなります。
 

最後に

審査に受かった後は毎月きちんと借金を返済していきましょう。ここで返済が滞ると後々の与信に響くことになります。地道に返していけばきっと残高はゼロになります。あきらめずに返済していくことが何より大切です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人におすすめの3社

カテゴリ一覧

<PR>

モビット
モビット
10秒で簡易審査結果表示が可能。融資までの迅速さが魅力!

人気のお役立ち情報

もっと見る

人気のお役立ち情報カテゴリ

よく見られている金融用語説明

もっと見る

<PR>

アコム
アコム
最短1時間で融資可能!初めてでも安心の最大手キャッシング!
ページ上部へ戻る